村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

エバーグランデ(恒大集団)ニュースは中国政府が報道規制できないレベルになっている

中国政府が報道規制できないレベルで影響範囲はでかいということか。

今回のエバーグランデ(恒大集団)の件では日本のメディアの報道はやけに活発である。

エバーグランデの各オフィスで揉め捲っている現況を随時報道することができているし、現地インタビュー報道もよく目にする。



少し所要で実家に寄っていたのだが、ほとんど経済ニュースに興味のない親がエバーグランデのニュースを知っていたりとその報道ぶりは既に多くの人が知るところになっている。

これについてこれまで長い間中国を観察している人ほど違和感があると思う。
一般的に中国は政府側にとって都合の悪いことは情報を隠蔽してくる。
報道をしようとすれば捕まるし、報道したらその後捕まることなんて常識である。
しかし今回のエバーグランデの件はほぼ報道が野放しになっている。

これはいくつか中国政府の意図があると思う。

1、影響が広範囲で報道を抑制した場合に国民の不満が大爆発する可能性がある
今回エバーグランデの理財商品は万人単位で被害者が生じている。
そのため、仮に報道規制を敷いた場合には投資者にとっては政府は金融詐欺の片棒を担いでいて共同富裕なんてのは口だけで弱者を無視するんだと反発が生じるため、政府としても一触即発なこの状態に対して手を出しづらくなっている。
中国政府が一番怖いのは国民が団結しての抗議集会である。(決して最も恐ろしい脅威は外国ではない)

2、理財商品は元本保証ではないことを広く知らしめる
エバーグランデは民営会社だし、元々財務が悪いことが有名で、外部格付け会社からの格付けでも一度もジャンククラスから脱却することはなかった。
そういった意味で今度こそ理財商品は元本保証ではないということを周知しなければいつまでたっても国民はリスクを取ってもいざとなれば政府が全部尻ぬぐいしてくれるという間違った投資リテラシーを基に投資を継続してしまう危険性がある。
それに今回は理財商品の中では最も影響の大きい会社が潰れることによって影響が出るということで、モラルハザードを考えれば政府は救済できないことを知らしめるしかないと考えている。

そして金融機関ではエバーグランデ向けエクスポージャーを持っているのか持っていないのかを開示する中国の金融機関が出始めている。

特に保有金額が比較的大きい銀行として民生銀行や浙商銀行が名前が挙げられており、それぞれ関連保有債権は100億元持っているとか言っているようだ。

<参考ニュース>
Evergrande's Biggest Lender Says Default Will Not Have 'Significant Impact' on Bank

ちなみにこうした発表をしているのは一般的にかなり疑惑を持たれている会社で、だからこそ株価を見れば既にコロナ底値を割っているというひどい状態になっている。

<民生銀行の株価チャート>
タイトルなし

発表しなくても平気な大手銀も社債などの信用力に影響出るレベルにはなっていないものの、株価はコロナ底を割りかけており、株価だけ見るとノックアウト寸前である。

<ICBCの株価チャート>
タイトルなし

これらが意味することは、中国政府が救済に乗り出す気配はまだないということと、報道規制できないレベルで影響を受ける人数が多すぎるということである。
中国政府が金という実弾を投入して解決しようと思えば迅速な解決が望めてかつ市場がそれを催促する形になっている。

なお、以前に紹介した中国通の加藤氏のインタビュー動画の中で説明されているが、エバーグランデが住宅不動産政策を管轄している省庁ではなく、金融当局から呼び出されていることからことの重大さは一介の普通の企業が潰れることとは一線を画していることは確実だろう。

 
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で3株分の購入代金がもらえるお得なキャンペーン

ゴールドは価格上昇材料が手元にはない状況

Gold price is in 'no man's land' after $40 drop as outlook on U.S. economy shifts

しかし、一方でゴールドの動きはずっと冴えない状態が続いている。
まあゴールドだけじゃなくシルバーもプラチナも冴えない状況が続いていて、貴金属系は状況が壊滅的となっている。

リベ大とかの信者はゴールドガチホ信者が多いように思えるが、現状のゴールド含めた貴金属投資環境はあまり良くない。
ゴールドは株のようにEPS成長で価値が上昇するわけではないのでゴールドが上昇するには個人的には以下の条件のうちいずれかをクリアしていないといけないと考えている。

1、米国が金融緩和を強化する流れ
2、インフレ率上昇幅の拡大
3、米国の大量の経常赤字垂れ流しによる新興国の経常黒字化

1については既に米国が年内テーパリングを考えているということもあり、これは残念ながら既に終わったテーマになっている。
しかもこの前の小売が良かったり、雇用をリアルタイムで把握できる新規失業保険申請件数とかも引き続き改善傾向を示しているわけで、FRBが再度金融緩和に傾いてくれる気配は全くないということで諦め売りみたいなものが大量に出てしまったことも印象が悪い。

そうなると2か3に賭ける必要性がある。
2については前回のインフレ率がようやく事前予想内に’おさまる範囲になってきたということで、投資家の認識はインフレ上昇幅拡大よりも落ち着く方向に賭け始めているように見える。
確かに原油価格はまだ上昇していてインフレ圧力が高いように見えるものの、その他コモディティは以外と弱いものが多くなりつつあり、どうなんですかねという感じがしている。

3については米国は財政支出バンバン出してかなり吹かしたものの、新興国全部が経常黒字になるようなレベルにはならなかった。
リーマンショック前の好景気の時には1も2も該当しなかったにもかかわらずゴールドが上昇したのは、米国がすさまじい量の経常赤字を出す中でほとんどの新興国が経常黒字によって大量に外貨を余らしていたため、これら新興国が外貨準備高のバランスを取るためにゴールドを買っていたからである。

こうしたことを考えると去年の8月時点でゴールドの買い材料は完全に出尽くしてしまっており、どうやらこのままだと次の金融緩和サイクルが来るまでは鳴かず飛ばずといった形になりそうな感触がしている。
特に今は欧米のETFに流入するマネーの一本足打法でここもと元気がさっぱりない。
ようは2013年~2019年の間のように米国が金融引き締めから金融緩和に転じるまでは鳴かず飛ばずで株価に置いて行かれるような展開になるように思える。
ゴールドは確かに無価値にはならないものの、利回りがあるものや価値の自律的な成長がないのでおいていかれるリスクというのを実ははらんでいるのである。

 はじめての仮想通貨投資なら コインチェック

中国PBOCが異例の5営業日連続リバースレポ資金供給

中国人民銀、短期資金の供給を2兆円に拡大-恒大で市場動揺後

点滴だけでどこまでごまかせるか。

中国の中央銀行であるPBOCは金・土・水・木・金(今週月・火は祝日)と毎営業日連続でリバースレポで資金供給を行った。 
こんなに連続して資金供給するのは久方ぶりで、しかも前の連続リバースレポは春節前の資金需要の高さを補うものであったため、現在明らかに中国の短期金融市場にはエバーグランデはじめ多くの民営不動産デベロッパーの資金繰りが苦しくなっていて圧力がかかっているということがわかると思う。

<PBOCリバースレポ資金供給の状況>
タイトルなし

このリバースレポを入れている効果もあり、市場に資金が入ることで相場はまだ完全には崩れておらず中国株はなんとかぎりぎり体裁を保っている。
(上海総合指数だと国営が多いのでCSI300よりややチャートはまし)

<CSI300のチャート>
タイトルなし


ただ、このリバースレポでの資金供給は例えれば入院患者に対して点滴を打っている行為と同じである。
入院患者が回復方向に向かっていたり、そもそも病状が軽いものであれば点滴でも十分回復するだろう。
しかし、現在中国景気は習近平の共同富裕政策の下ひたすら民営企業が痛めつけられている。
そこに中国景気の要である不動産に対しての規制圧力で広範な民営デベロッパーの業況悪化は止まっていない。
短期で資金供給を行っても社会融資総量の残高の伸びは最新で前年比10.3%と伸びの低下が止まらない状態になっている。
日に日に資金繰りが苦しいデベロッパーの名前が増えて行っているのも承知の通りだと思う。


病状が悪化している入院患者に対して点滴だけ打ったところで最初は回復期待がでるが、実際は回復しない。
つまりPBOCがリバースレポでの資金供給は短期的に市場のカンフル剤になるものの、根本的なマクロ環境の悪化に対しての治療にはなっておらず、資金供給行った日こそテンションが高くなるもののこの資金供給に効果がないことや市場に飽きられた場合には効果がなくなる。

実際に米国でもリーマンショックの時はFRBがリバースレポ資金供給を随時行ったものの、マクロ経済環境悪化の大波にはそれでは対処できなかったことはポールソン回顧録を読めばすぐにわかる。

<参考書籍>

ポールソン回顧録

なので、一時的にハイレバレッジでショートふるようなイカれたプレイヤーのポジションはこのリバースレポ効果で切れるものの、中長期でリスク資産にベットするようなプレイヤーの買いを誘うことは難しいように思う。
個人的には引き続き腰を据えて押し目を待つ形を取っている。
 
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で3株分の購入代金がもらえるお得なキャンペーン

FOMCミーティングで金融正常化が進展し始める

米長期債利回り急上昇、FOMC後に市場の利上げ時期予想前倒し

休日挟んでいたので、今さらですが。

22日にFOMCミーティングが行われ、ここでパウエル議長はテーパリングは今の経済進捗状況であれば11月開始になるだろうと発言し、概ね市場が事前に織り込んでいたものとなった。
テーパリングは来年半ばには完了予定ぐらいだというのもほぼ市場のコンセンサス通りだったと思われる。
そしてドットプロットでは2022年中に利上げが開始されるのが18人中9名と増加し、市場の予想では2022年末には1回利上げするのではないかというところまで織り込みが早まった。
パウエル議長自体はテーパリングは利上げが早まることを示唆するものではないと発言しているものの、そんなわけあるかというのが普通の投資家の反応だろう。

ただミーティングの中でも何回も強調している通り、経済に変調が予兆されれば方向性はいつでも転換させる姿勢を見せており、そういった意味ではパウエルプットが株価の下支え要因になっていることは確かだろう。 
ただ、変調といってもエバーグランデの問題ごときでは方向性を転換することはありえないと前回ブログ記事では記載しており、軽々しくすぐにFRBが再度おかわりをくれると考えるのは間違っていると思う。

米国債金利は短いところから上昇する形で反応しており、債券市場では明らかに将来の利上げ機運が動き始めている。

<米国5年債利回り>
タイトルなし


まあこうなるとリスク資産はやはりなんでもかんでも上がるというステージではなく、相当程度真剣に吟味をして選ぶ必要性があるように思える。

米債イールドカーブはベアフラットの形で反応しており、ここからイールドカーブが潰れていくという典型的な金融引き締めサイクルに向かう様相となっている。
一般的には本格的な景況感のダウンサイクルはイールドカーブが潰れ切ったところから起こると言われており、今の超長期金利の位置だと単純に利上げを7-8回するとその領域に到達する。
長いところはもっと反応しても良いように思えるが、欧州・日本の投資家は当面利上げなんてなくてとにかく金利がある資産を買いに行く方向性にある上に、現状ヘッジして十分な利ザヤが取れるということもあり長いところは水準的には低いままの状態になっている。
単純に利上げをしていっても2-2.5%の間が限界じゃないのかねという見方をしているとも捉えることができると思う。
 
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で3株分の購入代金がもらえるお得なキャンペーン

米国の住宅市場は堅調さを取り戻し、テーパリング延期は見込めない

米住宅着工、8月は3.9%増と予想上回る 一戸建ては低調

米国住宅市場はバブル一直線。

火曜日に米国では新規住宅着工と建設許可件数が発表された。
前月までの指標内容は住宅価格の上昇・資材の高騰や確保難・建設労働者の確保難・ペントアップデマンドの消失で軟調な状態が続いていた。
しかし、火曜日に発表されたものはどちらも市場予想を上回るものとなり、低下から増加に転じてきた。

上記ニュース記事では未だに資材確保や労働力確保難で戸建ては低調さが続いていると記載があるが、件数事態が増加に転じたことは段々影響は軽くなりつつあるものと思われる。
これによって今の住宅価格の上昇だけでは米国住宅の需要の高さは留まることがないということがわかった。
資材も木材中心に大分落ち着いてきたことに加えて、中国が不動産の総量規制で自爆する中でコモディティの多くが下落に転じてきたことも後押し材料だ。
労働力確保もこれまでネックだと言われていたが、失業保険の上乗せが切れたということもあり、この雰囲気は徐々に労働者確保が進み始めているように思える。
ペントアップデマンドは消失したものの、その影響も一巡しサイクルとしては正常化したことを意味する。
米国経済にとって最も重要性の高い住宅市場環境は金利が低い中で作れば作るだけ売れるという状態が続いており、足下中国ネタで相場が揺れる中で特段米国経済は揺れ動いていないということがわかると思う。

なので、これを見て米国経済が失速していると考えるのは難しいと思われる。
それと同時にテーパリングの実施開始が来年にずれ込むという可能性はこれでほとんどなくなったと思われる。
中国のエバーグランデの問題は今のレベルだと中国国内の問題の範囲からまだはみ出ておらず、国外の材料・しかも自爆ネタで金融引き締めを遅らせるような理由はFRBには一つもない。
中国経済は悪化する一方で、米国経済は堅調さが続くという形でダイバージしていっているのは雰囲気として2015年の夏に雰囲気は似ているなあと思っている。

つまり米国経済自体は堅調なものの外部要因で株価が揺らされるという話である。
さらに言えば、もしHYGやLQDなどのクレジットに波及まですれば2015年にもあった通り、本当に金融引き締めが後ろ倒しになるだろう。
逆に言えばそこまでせっぱつまらないとテーパリングスケジュールがずれることはまずない。
 
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で3株分の購入代金がもらえるお得なキャンペーン

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信