村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

コモディティ

過剰流動性の減退で厳しい値動きの仮想通貨と老人会の集まりみたいなビットコイン値動き

<LINKコインの価格チャート>
タイトルなし


今後の仮想通貨の値動きはLINKコインを見れば非常に厳しい値動きになりそうだ。

ここもと以前にシルバー投資の際に注目していたLINKコインを中心に新コンセプト仮想通貨の値動きが非常に厳しい。
特に上記のLINKコインチャートを見ると、ほぼ2018年頭のビットコインバブル崩壊と同じような動き方をしており、1年移動平均線に対して300%上という値段をかちこんだあとに暴落という全く歴史から何も学んでいない値動きとなっている。

<2018年ビットコインバブル崩壊時のチャート>
タイトルなし


なぜこのような値動きになっているかというと、ナスダックと同じ要因だがDefiコインを中心に過剰流動性に流されて思いっきり変なバブり方をしたLINKコインを中心にいくつか発生した。
しかし、その過剰流動性についてこのブログでは何回も言及している通りおかわりは当面ないことが市場で認識され始めている。

<過去参考記事>

今回FOMCでも「ショウミーマネー」は出てこず


そのことをナスダックより明らかに敏感に感じ取っているのは仮想通貨と貴金属市場であろう。
一方でナスダック銘柄は利益成長というバリュエーションを下支えしてくれるドライバーがある一方で、仮想通貨にはそういったアンカーが基本的にはない。
ゴールドのような歴史的な積み重ねや実物需要、世界各国の中銀の外貨準備需要などがないということもあり、やはり基本的には投機熱が全ての市場であり、ドルの流動性の増減が全てといって過言ではない。

ところがビットコインの反応は明らかにこうした最先端流行通貨と比べると遅れている。
そういった意味ではビットコインはそういった最新ニュースをきちんと織り込まない仮想通貨になってしまっている。
言ってみればまるで老人会みたいな集まりのようなという表現が正しいだろう。
これだけDefiコイン中心に価格高騰したのに、これっぽっち程度しか総じてみると動かなかったビットコインを見ると、2万ドルアゲインという考えは基本的には兵どもの夢のあとという表現しか浮かばない。
(イケハヤのポジションは基本助からない見込み)
というよりも基本的には新コンセプト以外の仮想通貨は中国投機熱が入りにくいということもあり、どうしても新コンセプトがウケて上昇しているコインと比べると動きは見劣りすることになるだろう。

そういった意味では今後も過剰流動性の最後の行き場程度の位置づけであり、過剰流動性相場以外は基本的には新コンセプト仮想通貨以外は「死んでる」値動きにすぎない投機商品という位置づけが確立したものと思われる。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

シルバーは20ドル割れを狙ってショート継続

Silver Price Forecast – Silver Get Hammered Due to Dollar Strength

そんなにシルバーって持っていたいものなんでしたっけと自問自答。

昨日らへんから貴金属類がひどい値動きをしていて、特にシルバーの下げ方はかなりきつい。
まあ普通に考えるとゴールドみたいな各国中銀の外貨準備高に入る需要があるゴールドはともかく、ゴールドと比べて単価安くてかさばるシルバーってそんなにお前ほしいのって言われるとうーんとなるわけで、単なる貴金属が一年間で70%も上昇することの方が不合理だったと言えよう。
そこにFRBのQEおかわりなし観測があれば、ぱつぱつに上昇したシルバーが下落することはまあいつかはそうなりますよねという話である。
それと欧米の銀行がなんかマネロンで刺されそうになっていて、一般的に貴金属類はマネロンの温床になりやすいということも今回の下げの一因にもなっていると思う。
個人的にはシルバーショートETFであるZSLを持っているのでこの動きは大歓迎である。

問題はどこまで値下がりを狙えるかである。
最近は自分は投資においては何かしらの根拠を持って目標株価を見定めるのが好きだ。
上げ局面では未来は無限なのでこのやり方はあまりうまくいかないが、下げ局面の時は誰がどれだけ投げるのかを考えるのと等しいので有効性が高いように思う。

今回貴金属類は主に欧米投資家のETF買い一本足打法で上がってきたように思う。
そうなるとETFのポジションがどこまで整理されるのかが値下がり目処のポイントになるだろう。
特にここ数週間気になっていたのが、シルバーETFが米国株価を代表する指数に連動する巨大ETFであるQQQと出来高でタメはれるレベルでコールオプションが買われていることである。

タイトルなし


そこでCBOEからオプション取引データを取得してPythonコードでデータを整形してみたところ、露骨にコールオプション買いがやらかした後が出来高と価格チャートのマッチングによって判明した。

<参考記事>
【コピペでOK】CBOEサイトから個別銘柄のオプション日次出来高情報をPythonで可視化する方法

<CBOE集計のSLV(シルバーETF)のオプション出来高>
タイトルなし

<シルバーの価格チャート>
タイトルなし


上記オプション出来高と価格チャートを合わせて見ると、7/20以降の上昇はほぼ全てコールオプション買いが引き起こした現象だとわかる。
価格でいうと20ドル以上は全部やらかしである。
今回は過剰流動性に調子乗ってコールオプション買いまくって皆やらかしているわけなので、この人達がペインの最先端にいることはほぼ間違いない。
そこにFRBのおかわりなし宣言である。
そう考えればシルバーが20ドル割れを瞬間風速で見れる可能性がワンチャンありそうだ。
ということでワンチャン20ドル割れまで引っ張ってみようと思う。
少なくとも25ドル近辺なんていうのは私をショートしてってアピールしているようにしか見えない値段位置であると個人的には思っている。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

ロシアがこっそり原油を実質増産し始めているのかもしれない


あー、これ織り込んでいるのかも。

原油価格がユーロドル口先介入以降リバウンドらしいリバウンドもなくだらだらと下落しているのが気がかりであった。
以前のブログで自分が把握している材料はどれもこれも既知のものばかりで、新規性がないにもかかわらず他のコモディティに劣後した動きをしているのは何か自分の知らないものを織り込みに行っているのではないかというのは過去に記事にしていた。
その答えの一つが上記ツイート内容かもしれないと見ていて思った。
(love_investmentさんいつも情報提供ありがとうございます。)

上記ツイート内容が意味することは、OPECプラスは各国できる範囲でぬけがけ増産をしかけているのかもしれないということだ。

まずこのコンデンセートってなんなんだという話である。
コンデンセートとは天然ガスの掘削・生産において地下では気体として貯蔵されるが、地上では液体となって生産され、原油の代替物ともなるものである。
実は米国シェールガス勢もシェールガスだけでは十分な採算が取れず、このコンデンセートを販売することによって採算を成り立たせたりしている。
(今はどちらも採算があまり成り立っていないが)

そしてこのコンデンセートの生産については協調減産合意の枠外なのである。
なので、減産で枠を決められている国にとってコンデンセートをこっそり増産して外貨を獲得するインセンティブというのは非常に高い
過去にも2018年6月の日経新聞の報道でOPECプラスが協調減産する中でみんながこっそりコンデンセートを増産していたという話が報じられている。

<参考ニュース>
原油協調減産の裏で急増する天然ガス副産物

ちなみにこの報道後に原油がどのような動きをしたかというと、この付近を高値にして3ヵ月程度ちゃぶついた後に中国の国営大手シノペックの子会社であるユニペックが高値で大量に仕込んでしまった買い玉をぶん投げせざるを得なくなり、高値から余裕の4割安をやらかしている。

<2018年末あたりのWTI原油価格のチャート>
タイトルなし


コンデンセート自体はあくまで天然ガス生産における副産物というのもあり、増産できる幅というのは限度がある。
しかし現在のように需要面が2018年の下げ仮定の時より厳しい状況にある中、少しでもすけべ増産しようという動きはやはり2018年末の時のような動きを再現してしまうのではないかと懸念してしまう。
ロシアがこれをいの一番にやらかしているのかもしれないが、おそらく全員同じことを考えているので表立って批判できないような気がする。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

原油価格の不可解な下げは何を織り込んでいるのか

NY商品、原油が大幅反落 ドル高で割安感薄れる 金は反落

なぜこのタイミングなのかがはかりきれていない。

ユーロドルの口先介入をきっかけに貴金属・仮想通貨はドルの流動性懸念と高値で仕込んだ人達の諦め売りが出始めて大きく揺らいでいる。
それに合わせて原油もコモディティの一つということで連れ安になっているが、下げ方は気づけば貴金属類よりこじれた下げ方を見せている。

<WTI原油価格のチャート>
タイトルなし



色々ニュースを見ると、いくつか報道は出ているがユーロドルの動き以外では材料が判然としない。

・米国ドライブシーズンが終わって需給がゆるみそう
毎年恒例の話でなにをいまさら感しかない。

・米国の石油精製所の定期メンテナンスで需要減退観測
これも毎年恒例で、いやいや原油触るようなプレーヤーは全員知っている話だろと。

・OPECプラスでの減産緩和観測
これももう6月時点ですでにOPECプラス側で決定されている話である。

・欧州でのコロナウイルス第二波観測

ただこのニュース自体は先々週あたりに出ていた話で、どうも原油価格の下落タイミングとは随分時差があるように感じる。

・米国クッシング在庫の予想外の増加
これは確かに一因はありそうだ。
ただ実際はこれが発表される前に下がり、これが発表されてからさらに追加で下がったということで初動から大分時差があったなという感想。
また、クッシングじゃない方の在庫はまだ減少傾向で進んでいるというのも考慮すると、そこまで反応する内容かとも少し疑いたくなる。

ということで知っている話が半分以上ということで、原油はゴールド・シルバーと違い、実需割合が大きいことを考えると単純なドル高っていうだけでここまで激しい初動が出てくるのはここまで派手な初動下げが出てくるには違和感がある。
なんとなくだが、別の何かを織り込んでいるようにも思えて、インサイダー情報を手に入れるのが早い人達からの第一陣売りが出ているのではないかと思える。

原油の大きな特徴としては、価格がダイレクトに実経済に影響が出ることである。
例えばゴールドやシルバーは現在では価格が急騰しようが暴落しようが困る人というのは少数しかいない。
一方で原油価格が暴落すると困る人というのは大量発生する。
原油に収入を依存している国、石油関連企業というのは世界中にあって、原油産油国・米国原油企業のクレジットに多大な影響をおよぼす。
ここが崩れると、新興国全体や米国ハイイールド社債などが急速に不穏な空気につつまれて、他の資産までもを巻き込んだ下げに発展する危険性もはらんでいる。

しかし、これが決定打だみたいなものがない中で下げているということもあり、比較的今回の下げはここで止まる可能性は低いのではないかとなんとなく思っている。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

ユーロの口先介入でドルの流動性に完全依存している資産群がメタメタ

ユーロ反落、ECBレーン理事のユーロ高けん制や域内ウイルス感染件数増加

口先介入なので一体どれだけ効くのかは正直わからない。

昨日欧州時間はじまったあたりから何も材料ないままユーロドルが急速に下落し始めてなにごとかと思ったら口先介入が飛んできたらしい。


ユーロドルの対ドル水準自体は決してすごく高い位置にいるわけではないものの、ドル安速度があまりにも早すぎることから、ECB高官からこれをけん制する形の発言が出てきた。

米ドルvs円ぐらいなら米ドルの影響度の方が圧倒的に大きいので円側で対応できることはかなり限られるが、米ドルvsユーロと覇権通貨同士のバトルになるので正直何が起こるかわからないと考える投資家は増えるだろう。
ここまではとにかく米ドルをいかに素早く売るって流れだったのが、その売るスピードについては口先介入が効いている間は遅くならざるを得ないだろう。

ただ一つ言えることはドルの流動性速度拡大が相対的に減少することを意味する。
これに真っ先に反応したのがドルの過剰流動性オンリーでしか上昇できない資産群である。
具体的には貴金属と仮想通貨である。
ナスダックの爆騰している銘柄については過剰流動性だけでなく、売上高上昇による投資家の成長期待という将来のキャッシュフロー期待があるのでこちらは過剰流動性が減少してもバブル継続はありうるものの、貴金属と仮想通貨は一切キャッシュフローを生まない資産なので100%ドルの過剰流動性に依存している。
これがユーロドルの動きに伴って激しく反応した。

少なくともプラチナはここまで10年以上いいところがなくて、今回の過剰流動性相場の中でも取り残されていた貴金属だったが、結局取り残されたまま再び永い眠りにつきそうな感じだ。
少なくとももう数年以上はゴールド・シルバーに追いつく可能性はないだろう。
ビットコインも仮想通貨市場の中ではもう成熟しきってしまい、新規性もないということでLINKコインなどのDefiコインがバブルの中でプラチナと同様に比較的取り残された群の中に入るだろう。
こちらも一部では2万ドルを夢見ている人がいるが、これだけDefiコインがバブってこれしか動かないなら、もはやビットコインは投資市場の中では一周した資産ということになるだろう。

ただあくまで牽制する形だけの口先介入にどれだけ効果があるのか疑問だという話も当然の疑問であり、相場は場合によっては本当に実力行使に出るのかどうか試すような動きもしばしばあるので、ユーロドルの動きは当面注目度が高い状態が続くし、他の資産価格への波及度合いも観察しておく必要性があるだろう。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信