村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

おすすめ書籍感想文

「スッキリ中国論」の書評と中国株投資へのヒント


スッキリ中国論 スジの日本、量の中国

さて書こう書こうと思って長引いていた書評を書こうと思うが、全部書評を書いてもしょうがないので、相場に関係ありそうなところだけピックアップして論じようと思う。

この書籍では日本人と中国人の根本的な価値観の違いについてきちんと述べている。
一番重要なポイントは中国人は「量」で物事を常に考えるということにあるだろう。

日本人はいわゆる何事も「スジ」で考えるので、例えば金の使い方一つでもスジがあるなしで支出を決定する。
そういった意味では著者は日本は格差が見えにくいというのは至極真っ当な指摘だろう。
一方で中国は金の使い方一つでも「量」で考える。
金があればそれに見合った使い方をするし、金がなければそれに見合った使い方にまでレベルを落としてくる。
だから金があれば、今までバスや電車通勤だったのが、自家用車通勤だったりタクシー通勤になったりする。金持ちは金をばらまくことを社会から期待されているのである。
だから中国人の支出というのはすごく手元に今いくらあるのかに左右されがちになることが推測される。
そう推測すると2018年に急速に中国景気が悪化したこともうなずける。
デレバレッジを進めたことと米中通商問題が重なったことにより融資を受けられなくなったり、IPOできなくなったりした企業が続出したために、みんなそれに見合った支出にまで一気に絞りにいったのだ。
しかし、足元では逆に中国政府が財政支出拡大による景気刺激と金融緩和や銀行への窓口指導による融資の拡大を積極的に支援している。
つまり中国人の手元にお金がある状態に変化しつつある。
また、投資の仕方についても非常に量を気にする投資の仕方をするので、金があればそれをどう株価を上昇させるかを軸に投資を行うので、それが利益を度外視した巨額投資が行われる背景でもある。
そしてこの書評で論じていた中国人は「量」で物事を考えるというクセを考えれば、日本よりも断然財政支出や金融緩和効果が波及しやすい経済構造になっていることが想像できる。

二つ目にさきほどの「量」で考えるということが非常に競争的な社会構造を作っていることも把握しなければいけない。
物事の成否を「量」で考えるということはそこには勝ったか負けたかが最重要項目であり、さらにその勝ち負けを分けるのは「量」であるという社会通念が強い。
このことが中国社会の昨今の異様とも思える教育熱の根源にあるのだと思う。
量で勝っていくためにそこまでやらなきゃならんのかというぐらい子供にプレッシャーを与えて勉強をさせる。
最近ではあまりにも教育熱が高すぎるところもあるということで、学習塾に教育時間の制限を設けるといったことまで中国政府は行っている。
量の制限は中国政府がやらないと歯止めがきかなくなるのだ。
ただ、この量で攻めるというのも追いつき追い越せの経済では正義だが、本当に豊かになって新時代を切り開かなければいけなくなった時には通用しなくなるので、中国はそろそろ新しい価値観の打ち立てが必要になるのではないかと感じる。

最後に三つ目としてこの「量」の価値観というのは非常にスマホと相性がいいということもある。
中国人は組織への忠誠などというものはなく、個人がアグレッシブに生きていくという性格が強いので、スマホアプリでのスキマ産業がありえないほどのスピードで普及する。
それに中国人はスマホの登場で初めて政府が発する情報以外を生で触れる機会にようやく到達することができ、スマホは中国人にとってあらゆる生活の場面で必要な家電となった。

かなり書きたいことは多いが、細かいところまで書いていくときりがないので、一度読んでみた方が早いと思う。
少なくとも中国経済分析する人は中国と日本は地理的に近いが全く考え方が違い、経済刺激策や金融緩和の効き方も大きく変わると感じる必要があるだろう。
 

「常在戦場 金川千尋100の実践録」を読んで

シンプルな本だったけど考えさせられるところがあったので、メモ。

・経営の基本は精鋭少数
・交渉相手の提案は、持ち帰ったところで現場の交渉担当者以上の的確な判断を下すことは難しい
・設備の修繕費のコストカットは絶対にやらない。修繕費を削減して事故を起こしたら、取り返しのつかないことになる。
・問題の責任を部下におしつけると、かえって問題は悪化し、会社全体に不利益をおよぼす。部下が失敗を恐れてミスを隠ぺいするようになり、社内に隠ぺい体質がはびこる。
・顧客動向は重要。例えば、月初から毎日均等に出荷していた客が月末にまとめてと要望を出した場合、これは顧客が工場の稼働率が落ちていることを背景に、塩ビの引き取りを引き延ばしている。
逆に月初の出荷が増える場合は、需要が高まっている証拠。
・将来性のない事業でも、利益を稼いでいる間は存続させて、利益が出なくなったら切り捨てる。
・ブームに乗って過剰な設備投資をしたり、買収を繰り返す拡大路線は必ずしっぺ返しを食らう。
・社員のやる気を引き出すにはキーパーソンを正しく評価しなければいけない。
・能力のある人には仕事を倍与えて、成長を促す。



「メキシコ麻薬戦争 アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱」を読んで

メキシコに対して、あーこんな国に投資する意味あるんかなーと思わせる一冊であった。

・メキシコは麻薬の生産地かつ流通経由地として一大拠点となっている。
メキシコは世界最大消費国のアメリカに陸続きで隣接している。
もちろん麻薬もアメリカは世界最大消費国である。
そのため、メキシコは昔からマリファナを代表として、アメリカ向けの麻薬を生産し、国境を越えて密売を行っていた。
加えて、以前はコロンビアなどのもうすこし遠隔地からも海上を越えて密売が行われていたが、米国が海上警備を強化したことから、海上ルートが使いにくくなり、メキシコに販売を委託するようになっていった。
メキシコと米国は何千キロも国境を陸続きで接しており、山、砂漠、森、加えてトンネルなどなんでもありでいくらでも密売ルートを構築できることから、メキシコからの密売量を抑制することは全くできなかった。
加えて、NAFTAが発効されたことから、メキシコー米国間の貿易が増える中、検閲にも限界が生じ、ありとあらゆる方法で検閲をすり抜けている。

・なぜメキシコからの麻薬密売がなくならないのか
端的に儲かるからだ。
メキシコははっきりいって労働者の給料は非常に低く、下手すると最低限の生活さえできない。
しかも職も少なく、無職が非常に多い。
失うものがなにもない人が数多くいる限り、麻薬生産・流通をやめることはないだろう。

・なぜメキシコで暴力的な麻薬カルテル絡みの事件が起きるのか
基本構造は麻薬カルテル間の縄張り争いだが、そこにメキシコ政府・警察の腐敗構造および米国の超法規的措置も加わり、暴力の連鎖を生んでおり、非情に複雑な構図になっている。
メキシコでは麻薬生産・流通において複数の利益集団が生まれていった。
そしてそれら利益集団(カルテル)は他の派閥に打ち勝つために、徐々に武装することを是とし、麻薬で稼いだ金を武器購入に充てていった。
メキシコ国内は銃器の保有が合法かつ、隣国米国からいくらでも銃器を密輸できる状態だ。
自然と武装が過激化していき、重火器に加えて、ヘリさえ撃ち落とせる銃器を揃えるようになってきた。
これに対してメキシコ政府・米国政府も黙っておらず、軍・FBIなどを使ってカルテルへの襲撃・超法規的なカルテル集団の殺害・麻薬生産地への枯葉剤散布など法律を無視した対策を行ってきた。
しかし、カルテルはそれに対抗するために武器を使用し始めた。
しかもメキシコの地方警察はそれぞれのカルテル集団から賄賂をもらい、味方しているという状態だったりして、メキシコ政府でさえらちがあかない状態に陥っている。
場合によっては地方警察と軍が銃撃しあうなど信じられない事態が発生したりしている。
米国側では、少なくとも警官が違法な集団から賄賂をもらい味方するということはないため、カルテル集団による残虐な武力行為は行われていないが、国境をはさんだメキシコ側では政治家・警察がカルテルに賄賂をもらって取り込まれていることから、残虐行為を止めることができなくなっている。

・いくら潰しても新しいカルテルが登場する。
麻薬戦争はもぐら叩き状態になっている。
米国で麻薬の需要が存在する限り、いくらカルテルをつぶしても、メキシコでは新しいカルテルが次々と登場する。
読んでいくうちに、この暴力の連鎖の先に終結が見えるのかどうか、私にはわからない。

読んだ限り、少なくともメキシコに一般国民を食わせるだけの十分な職がないこと、政治家・警察が腐敗していてカルテル集団に取り込まれる例が後を絶たない事を考えればこの麻薬戦争が近いうちに終結するとは到底思えない。

メキシコへ投資をする前に、ぜひとも読んでもらいたい一冊だと思う。


 

「中国第二の大陸 アフリカ」を読んで



アフリカへの支援を拡大させている中国をよりよく知るために、実態を確認。

・一部中国人は中国の窮屈さよりアフリカの自由さを選んでいる
中国人も考え方は千差万別だ。
今の中国の窮屈さよりも、少なくとも中国より自由なアフリカを選んで好んで中国を脱出している人もいる。
しかも戻りたいとも思っていないという場合も。

・中国政府の政策で中国人はアフリカへ輸出されている。
この本では改めて噂されていることの裏付けが取られている。
中国人はビジネスで、現地人を使わず、大量にひきつれた中国人をビジネスに使っている。
これは現地になにも利益をもたらしていないも同然だ。

・アフリカ諸国は中国政府の気前の良い投資態度を歓迎
西欧諸国はアフリカ政府への投資についてあーだーこーだと条件をつける。
アフリカ諸国はそんな投資にうんざりする。
しかし中国はそんな条件は一切つけず投資してくれる。
だから腐敗した組織はそれを歓迎して投資を大量に受け付ける・・・

・中国はアフリカで取った仕事を現地人ではなく、中国人を大量にひきつれて行っている。
中国は余った人材をアフリカに輸出している。
アフリカとのコネクションも活用しながら、自国の余った人材も捌けて一石二鳥だ。
これは完全に国策である。

・中国のアフリカ開発支援は資源との物々交換のバーター
後々資源価格が高騰した場合は明らかに不利になる取引である。

・多くの中国人はアフリカ人を下に見ており、能力がないとみている
大半のアフリカ諸国の多くはまともにインフラプロジェクトが起こせる能力がない。
政府の上は、自分の私腹を肥やすことしか頭になく、売国奴的に中国にプロジェクトを売らせてしまう。
そして下は下で、政府に依存することしか頭になく、自分達で独立独歩するという考えがない。
アフリカが発展しないのはここに大きな理由が存在する。

・中国人には遵法意識がなく、木材ビジネスなどでは明らかにトラブルを起こしている。
モザンビークでは木材ビジネスで違法伐採を繰り返しており、軋轢を起こしている。
しかし政府が黙認しており、トラブルの火種は拡大しつつある。

・中国人さえこない国は基本的に儲からない

「中古マンションのかしこい買い方」メモ



完全に個人的なメモです。

・東京都区部は20年中古マンションと新築の価格差は0.8掛け
・水回りの位置は変更できない
・外壁コンクリートのひび割れ・基礎の鉄筋むき出し・天井のひび割れ・外壁タイルのひび割れ・手すりの根本のさびで建物の傷み具合がわかる
・耐震基準適合証明書・構造計算書の再検証を確認
・修繕履歴と修繕計画をチェック
・修繕積立金は1m2 200円前後

ちょっと中古不動産の購入の勉強中・・・
記事検索
Amazonギフト券6000円がもらえるFX口座キャンペーンやってます。 FX口座開設キャンペーンのお知らせ



アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信