村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

日本経済

コングロマリットディスカウント解消を狙ったバフェット氏の商社株買い

バフェット氏の商社投資、日本のバリュー株に世界の注目集める可能性

いつもの通りブルームバーグラジオをアレクサで聴いてるとここ数日はバフェット氏の日本の5大商社株買いというのがニュースとしてかなり頻繁に報じられるのを聞いた。

基本的にはコングロマリットディスカウントの解消による現在の市場評価とバフェット陣営が計算してこれだと思っている実態評価のさや抜きがメインだろうと思っている。
商社株価のコングロマリットディスカウントというのは市場では非常に有名な話である。
普通の個人投資家がパッと見てもあまりにも事業が多岐に渡るため、非常に調べにくい。
そして調べても事業投資みたいな案件が非常に多いので、それぞれの評価とかキャッシュフローとか調べていると労力ばかりがかかって、その間に今の相場でいうともっと単純でわかりやすいグロース株がバンバン上がるということもあり、骨折り損になる可能性が非常に高い。
減損が出るときも予期せぬ減損が出たりしてかなり企業分析の難易度の高い分類である。

だからこそバフェット陣営については、おそらくだがじっくりと調べてこのコングロマリットのディスカウント解消は可能ではないかと踏んだのだと思う。
ただ5つ全部に資金を突っ込んでいるところを見ると、どれか一社というよりは5社ぶん投げた中でどこか一社でもこのコングロマリットディスカウントが解消されれば利益が出るといった期待の仕方をしているようにも見える。
また、当の本人達が提灯を掲げることによって殿様イナゴとなって投資家をさそって、積極的にコングロマリットディスカウントを解消させようというのも意識しているだろう。
そういった意味ではバフェット氏の師匠のベンジャミングレアム氏の考えに近い市場評価と実体評価のずれを狙った昔ながらのバフェット氏の投資手法回帰みたいな感触がした。

ちなみにベンジャミングレアム氏の投資手法について知りたい方は下記を読んでほしい。
<参考図書>

証券分析

もちろん長引きそうなドル安を背景にコモディティ関連ポジションを取りたいという考えや、エネルギー価格が低めで推移しているところに中長期投資でそういったところにポジションを張りたいと考えている節もあってそういうのも考えられているだろう。

ちなみになんで自国米国や海外の商社みたいな会社に投資しなかったのかというと、日本以外の商社の信用力というのは基本的に低い。
日本企業の場合は存続性・連続性というのが重視されるということに加えて過去にでかい損失をみんなやらかしているということもあり、5大商社は基本的にはかなり固い財務運営を行っている。
一方で米国中心にそうなのだが、海外商社はついついド派手な投資をしたり、一攫千金でわけわからない商品トレードをしていきなり大損ぶっこいて爆死するみたいなまるで梁山泊みたいなところばっかりで実は日本の商社イメージとは裏腹にばくち打ち・ならず者・いきなりデフォルトみたいな事例が後をたたない。
そういうことも含めてコングロマリットディスカウント解消を狙った投資として日本の商社というのはまあ確かにそういう戦略もあるよなという話である。
またエネルギー株でいうと米国エネルギー株は全員シェールガス投資の泥沼にはまっており、未だ全部の減損を出し切れていないということもあり、避けるかロングポジションをカバーするために売るべきセクターとなってしまっている。

残念ながら個人的には商社に対してあまり知見がないことや、じゃあこのディスカウント解消戦略ってほんとにワークするんかいな、ドル安っていつまで続くんかいなというところはかなり難しいところであり、ここではその是非については評価はできないと思っている。
またこの投資手法自体はいわゆる長い資金で常識の範囲内のリターンを安定的に得ていく投資手法ということもあるので、今すぐ金持ちになりたい、手元資金は少ないけど億り人にすぐなりたいと思う人には全く向いていない戦略なのであしからずである。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約3,000円もらえるお得なキャンペーン

安倍政権終焉に伴う日本株市場についての私見

安倍首相が辞意表明、持病悪化で国政への支障考慮-最長政権に幕

安倍さんお疲れさまでした。

安倍首相が体調を理由に辞任意向を固めたという報道で日経平均は大きく動く展開となった。
元々の持病がやはり昨今のコロナウイルスでの休暇なしの大忙し対応で悪化したということもあり、顔色がすぐれなかったのを見ても限界が近いことはかなりの人が感じ始めていた。
2012年からこれだけ長い間安定した政権基盤を築いて投資家の信頼を獲得してきたということもあり、投資家としては非常にありがたい政権だったということと、トランプ大統領爆誕みたいなイベントもあったということもあり、ここまで山あり谷ありということでお疲れさまでしたという感謝の念しかない。

さて、話を投資に戻そうと思う。
アベノミクスの生命線はいわゆる株価にあったっといっても過言ではなく、自民党の支持率というのも基本的には株価寄与度が大きい。
もちろんコロナウイルスワクチンの先渡し契約も済んだということもあるのだろうが、政権としてはこの位置まで株価が戻れば少しがたついたとしても多少は問題ないという考えも透けて見えるだろう。
外国人投資家にとって投資対象国の政治的安定性というのは非常に重要視される。
この辺は世界の歴史を読めばなんとなく理解できるだろう。

<参考図書>
https://amzn.to/2Qz7tXI
(世界の歴史(中公文庫)一覧)

そのため、基本的にはまず次の首相が誰になるのかということ、それと次の首相の基盤の安定度がどうなのか、すぐにまた首相が変わるリスクはあるのかというのを見極めないことには積極的な買いはいれづらいだろう。
足が短い資金はともかく、年金のような足の長い資金ほど政治的安定性については重要度を高めに見ていることもあるので、これが当面上値を重たくさせる要因となる。
しかも外国相場はこのブログでは繰り返し言及しているが米債超長期金利上昇のクラウディングアウトやCTA売りが目の前に見えてきていることもあり、相場としては徐々に下がりやすい地合いが醸成されてきている。
以上を考えると日経ダブルインバースを追加してさらにロングポジションのカバー量を増やすということは理にかなっていると考えている。
特にマザーズ銘柄は流動性干上がりによる思いもよらぬレベルの下げが生じる可能性がより高くなっているので、実力がなくてきとーに上がってきてしまった銘柄についてはどういう対応するのか真剣に考えてほしいと思う。

<広告キャンペーン>
最大10,000円分相当のポイントプレゼント【JAカード】

日経ダブルインバースに参戦

いよいよ単純株指数ショート参戦。

ここまで極力株ショートではなく米債ロングや貴金属ロングなどでリスクオフヘッジを行ってきた。
理由としては下記過去記事のように相場が鉄火場になると、もう下落しそうなニュースフローはいくらでも出ているのに金融緩和・財政刺激策などのニュースフローでかき消されて思わぬ上昇が生じるからである。
実際に映画マネーショートなどを見てもわかると思うが、経済崩壊に賭けた投資家達も実際に利益が実現するまではじりじりと焼かれて損失を拡大させて、顧客から突き上げを食らうなどじれったい状態が続くというのが歴史の常だからだ。

<過去参考記事>

単純な株ショート以外の代替投資を検討中


しかしここもとの相場の雰囲気を見て日をまたいで日経ダブルインバースに参戦を始めた。



ひとつは現在の相場が以前のブログ記事にした通り、ドル安に全面的に依存しているということにある。

<過去参考記事>

足元の重要ポイントはドル安


ドル安円安であればまだましな動きである。
しかしドル独歩安に変化してきて、ドル安局面では円高になりがちになってきていることから、リスクオンが起こっても日経平均は上がりづらい構造に変化しつつあるのではないかと考えている。
特に米債金利が戻らないままのドル高というのは総じて投資家の資金回収の動きを示す傾向が強い。
また、リスクオフになってドル高になると勘違いした投資家が日本株を買い上げてくるが、実際はその後の欧州時間以降でリスクオフに傾くはずなので絶好のショートエントリー機会になると考えた。

ただ気を付けたいのは相場が大きく下がったところでエントリーしないようにしたいというところだ。
日銀買いやリスクオフドル高で一時的に日経平均を持ち上げられると想定外のダメージを負う可能性もあるので、少なくとも一目均衡表30分足ぐらいで基準線や転換線より大きく下にいるような位置のところで新規ショートを作るのは避けたいと思う。
基本スタンスは戻り売りを試していくという形でダブルインバースの積み上げを試みたいと思う。
これを心がけていけば初回ダブルインバース参入のタイミングがミスだったとしても傷が浅いうちに撤退することが可能だと思う。

一方で米株指数ショートはまだVIXコールが動意づいていないし、まだドル高が甘い水準でしか動いていないということもあり、引き続きショートするとすればS&P500ではなく、エネルギー株というのを念頭に置きながら戦略を組み立てたいと思う。

お小遣いを稼ぐ手段がいっぱい!【ECナビ】
 

マザーズ指数に構成銘柄保有の大株主売り懸念が台頭し始める

VCの株売りが飛んでくるならさらに上を買う価値なんてさほどなさそうだが。

ここまでコロナでさすがにそこ上がるかみたいな株まで上昇していて、そのうちの一つがマザーズの強烈なリバである。
ただ、それも大型株が値を保つ中で逆行安と急に不穏な雰囲気が漂い始めてきた。

<東証マザーズ指数のチャート>
タイトルなし


やはり原因はこれではないかと思われる。

<参考ニュース>

ユナイテッドメルカリ株を一部売却 売却益53億円を計上へ



<メルカリのチャート>
タイトルなし


マザーズはいわゆる小型中の小型株銘柄で占められており、上場したてで赤字だったり業態がクソだったりお前どう考えてもスケールしないだろそれみたいな銘柄が大半のまさに魔の巣窟みたいな市場である。
そのため、大株主欄を見ると創業者保有比率やVC保有比率が非常に大きい。
上場してから大株主やVCが売りに出せるまでのロック期間中に死ぬほどさがる銘柄もあったりして、なかなか一筋縄にはいかない市場である。
コロナウイルス不況で実体が弱含む中で予期せぬマザーズ銘柄の株価上昇なわけで、ここで資金回収しておかないと当面イグジットできないと株売却を考える人が増加しても不思議ではない地合いだろう。
そこにメルカリ株を保有するユナイテッドが株売却というニュースである。

VC的な人が株を売るパターンは、そのVC自体が資金繰りに窮しているわけでなければそもそもその企業について熟知している人が本来の企業価値バリュエーションより高いと思って株を売っているわけだから、普通に見れば「馬鹿が訳もわからず買い上がっているうちに資金回収のために売りぶつけたろ」と考えるのが自然だろう。
それにメルカリはマザーズ指数の8%近くを占めるマザーズ指数の中では超大型銘柄である。
そのような大型銘柄に大株主売りが飛ぶなら、他の銘柄も同様に株が高いうちに馬鹿に売りつけておこうと考える人が続出する懸念が出てくるだろう。
これが大型株ならそもそも投資家が非常にばらけているのでそういうインパクトは無視できるレベルなのだが、小型株だと明らかにステイクホルダーからの天井シグナルとして機能してしまう。

そう考えるとマザーズ指数は上がったとしても、VCの換金売りを見せられてしまった今では今までみたいな急角度でさらに上をめざすというのは考えづらく、やはりとりあえず何でも上がるステージというのは一旦終了と考えるのがベターなのではないかなと思う。
まあ指数はともかくとして、個別でマザーズ指数構成銘柄を持っている場合も大口投資家が資金回収目的で株を売却していないかどうかは確認しておいた方が良いと思われる。

最大50,000Tポイントが貰える 第2回SBI証券のポイント投資ご紹介キャンペーン

不動産価格は15%下落をストレスシナリオとして良さそう

不動産の価格「下がる」9割 民間、投資家に調査

残念ながらJREITの利益確定を見過ごしてここはそこそこダメージを負ってしまった次第であった。

<東証REIT指数の推移>
タイトルなし


自分の考え方が間違っていたということもあり、色々新しい報道を見ながらシナリオを練っているところであるが、その考えをまとめておきたいと思う。

色々報道や機関予測などを見ていると、不動産価格については全体的に15%の下落を下限ぐらいに考えるのでいいように思える。
上記日経新聞リンク記事を一部抜粋したものが下記文章になる。

以下記事の一部を抜粋
2020年末にかけての不動産価格について、「5~15%下落」との回答は65.5%、「15%以上の下落」は23.8%だった。上昇を見込むのはわずか0.4%だった。

5-15%の下落というのはかなり多くのプレイヤーが予測している範囲のように思える。
これは日本ではないが、イギリス中央銀行が公開しているストレスシナリオでも不動産について15%の下落をストレスシナリオとして挙げている。
リーマンショックのような金融システムショックではBOEも35%の不動産価格下落をストレスシナリオに掲げていたが、それよりも浅くて済むという判断をしている。

<過去参考記事>

BOEが発刊した金融安定レポートから読み解く金融市場


この判断は今回は金融システムの崩壊から来る不況でないということと、経済崩壊を食い止めるために銀行に手厚い支援策を用意したり、政府が積極的に劣後ローンを差し出して銀行の不良債権増加を和らげようとしていることにより、不動産価格のファイヤーセールがリーマンショック時と比べれば規模感がずっと小さいということだと思う。


ということを考えていれば、不動産価格にとりあえず15%の下落というかけ目と銀行勢の利回り追求はいつか戻ってくるということを考慮しておけばJREITは最高値から15%下落の位置まで戻る可能性は相当程度高いと思われる。
もちろんJREITはもっと価格感応度の高いオフィス中心であることやホテルREITも入っているので当面はボラも出るし、どの段階でそこまで戻るかは今のところ判断がつかないが、とりあえず過去3年移動平均線より低い位置にいるならてきとーに積み立て買いすればなんとかなるんではないかと思っている。

ということで個人的には泣く泣くJREITナンピンを毎月積み立てる形の対応を取っていこうと思っている。
(結局お前ドナンピンじゃないかという批判は一切受け付けません!キリッ)

クラウドファンディング不動産投資「A funding」

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信