村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

個人的取引

ナスダックの追加と今考えている投資方針

相場の冷却期間をすぎて、色々どういう投資戦略を組むか考えているが、書き散らす形で今考えていることを整理しようと思う。

個人的に考えていた相場のどたばた期間がすぎて、強制売り玉が減少してきたことからだんだんと冷静さを取り戻してきた相場に対して

一つはやはりナスダックの買いだ。
今回の下落相場はITバブルがはじけたのではなく、コロナウイルスによって無理やり経済が止められたというイレギュラー現象であり、やはりIT・ヘルスケアが成長産業ということには依然として変化はないと考えている。
むしろ今回のコロナウイルスで最も駄目な産業としての烙印を押されたのはエネルギー・素材産業であり、足元でも一番値持ちがいいのはやはりIT銘柄である。
また、この急速な経済シュリンク状況においては、米ドルというゼロから信用創造できる米国というのはやはり他の先進国より強みがあることは間違いないだろう。
また、足元の玉動向は明らかに変化しており、今までは下げている時にどかどか強制売り玉が出て出来高が増加するという現象だったのが、金曜日は下げている割には出来高が少なく、明らかに売り圧力が減じているというのがうかがえる。
なお玉読みについては下記書籍を参考にしてもらいたい。


ミネルヴィニの成長株投資法 

ということで月曜日にナスダックを追加してみた次第だ。

<QQQ(ナスダックETF)のチャート>
タイトルなし


ただし、今はあくまでFRBの金融対応と米国政府の財政による下支え効果によるリバウンド相場ということもあり、本質的にはまだ上昇トレンドに完全に回帰しているとは思っていない。
そういうこともあり、ここより上は一旦追うのはやめ、どこかで利益確定して再度二番底を狙う計画を立てている。

もう一つはJREITだ。
JREITは不動産投資信託ということもあり、基本的には安値ナンピンをしていけば少なくとも大損するという可能性が低い金融商品だと認識している。
残念ながら個人的にはそこそこ高い値段で過去JREITを保有してしまったことから、今回のJREIT投資はナンピンということになってしまうが、基本的にREIT関連は配当金を合わせていけばそのうち損益元通りになりますよねという若干不本意な形の追加になる。
こちらは毎月積み立てる形での追加投資になるだろう。

なお、新興国については残念ながら当面出番がない。
新興国は米ドルを手に入れなければ成長することができないが、米国が輸入を拡大し、先進各国マネーが新興国への投資を再開しない限りにおいては日の目を見るのは大分先になるだろう。
なお、新興国への投資において重要な概念は下記過去記事を参考にしてもらいたい。

<過去参考記事>
 新興国経済を見る上で重要な「国際収支の天井」という概念

仮にどうしても新興国ポジションを取りたいというのであれば、やはり一番耐久力のある中国に投資するのが一番無難ではなかろうか?
少なくとも南米・アフリカは医療体制・経済構造を考えるととても投資に回せる雰囲気ではなくなってしまっている。

足元のナスダックの高騰を見てさらに利益確定

ちょっと足元やりすぎ感が出ているような気が。

いくつかナスダックの構成銘柄高い銘柄とナスダックETF自体に変調の兆しが出始めている。
ひとつはマイクロソフトの株価だ。

<マイクロソフトの株価チャート>
タイトルなし

ここもと好決算を理由に急速に株価を上げてきたマイクロソフトだが、ここ最近の株価の動きは非常に不穏だ。
株価190ドルを境に株価が上昇すると出来高が増加すると同時に陰線が生じて株価が下がるという現象が生じている。
出来高と株価の動きから推察されるのは大口保有者が利益確定でポジションを削りに行っている可能性が高いということだ。
先導株が下落する時というのはろくでもないことが起きる前兆ということは下記書籍を読んでいただければわかると思う。


ミネルヴィニの成長株投資法

また値動きに対する感応度が高く、普通のインデクサーより真剣に相場を見ている人が多いレバレッジ系ETFにおいてもTQQQでかなり同様なでかめの売りが出ている。

<TQQQのチャート>
タイトルなし


通常インデックスの動きは過去との比較感が重要だと思っている。
個別銘柄であると大きく状況が変わることによって過去の値動きとはまったく違う値動きをして爆発的に株価が上昇するということが度々見られる。
例えば直近のAMDの動きはまさにそれで、足元でAMDが開発したCPUが微細化でインテルに先行している上に、そのパフォーマンスも上回っている。
これを背景にインテルのCPUの独占が崩れてAMDのシェアが大きく跳ね上がると期待した動きが株価を大きく押し上げた。

一方でインデックスというのは言ってみれば経済全体の動きを示すものである。
世界経済全体が短期間で景気悪化してインデックスが半値になるということはありうるが、逆に短期間で猛烈に景気が上昇してインデックスが倍になるというのは普通はありえない。
なったとしても2015年の中国株バブルの崩壊のように金融引き締めによりその過熱感が逆に大きな売りを呼ぶ羽目になる。

ではその過熱感はどうはかるのか?
自分は1年移動平均線・3年移動平均線との乖離率、年間ボラティリティと上昇率から判断している。
特に個人的に気にしているのは年間ボラティリティと上昇率である。
例えばナスダックでいうと年間ボラティリティは平常時はおおよそ15-17%ぐらいの範囲に留まる。
これはEPSもPERも変動しない場合年間で15%上昇する確率がおおよそ1σ、15.7%となる。
ただ実際はEPSの上昇やPERの割安度というのもあるので、通常時は1年間で15%上昇する確率はもっと高い。
しかし2019年以降EPSは上昇していないし、PERも過去最高の割高度になっている。
そして足元ナスダックの年間上昇は現在38%になっており、2.5σつまり1%程度の確率でしか発生しない事象になってしまっている。

こうしたことを背景に一部ポジションを売るのをさらに進めることにした。

<足元のポートフォリオ>
タイトルなし

 

堅調なメキシコペソ、ぐだぐだなブラジルレアル

<メキシコ円のチャート>
タイトルなし


同じ南米通貨なのにどこで差がついたのか説明していきたい。

足元で新興国通貨パフォーマンスにおいて同じ南米通貨なのにメキシコペソとブラジルレアルですごい差が付き始めている。
足元でもメキシコペソは堅調な動きをしているが、一方でブラジルレアルは以前に記事に書いた通り滑落していっている。
これは現在のメキシコとブラジルの外貨調達状況に大きな差が生まれていることが原因である。

ブラジルについては以前にまとめた記事をぜひとも見ていただきたい。
<過去参考記事>

ブラジルレアルの下落は非常に当たり前な動き


一方でメキシコのファンダメンタルズを見ていこう。
足元でメキシコの対外収支は改善が進んでいる。
理由の一つとしてはトランプ大統領がずっと喧嘩をしかけていたNAFTAについてUSMCAの締結以降はその対立状況について新規ニュースフローが急速に減少している。
一方で未だメキシコへの直接投資は回復していないことから、メキシコ中銀はなるべく証券投資のマネーアウトフローが起きないように金利をまだ高めに維持している。
そのせいもあり、メキシコの輸入は国内のぐだぐだ景気を背景に未だ増加の兆しを見せていない状況にある。
そのような中で米国の輸入状況について回復が見え始めてきており、メキシコから米国への輸出が回復し始めている状況が見え始めた。
これはメキシコが米国製造サプライチェーンの一環にいることで受けられる恩恵でこの部分が資源を輸出するしか能がないブラジルとの大きな違いだ。
これによりメキシコの対外収支環境は急速に改善しており、メキシコ内での外貨バランスが良い按配になっている。
インフレ率は若干上昇の気配が見えているものの、3.2%とこれも政策金利7%を考えれば非常に安定した水準と言えるだろう。

こうしたことを背景にメキシコは一定程度利下げして対外収支バランスが崩れるまでは高金利・安定した通貨益を享受できる流れであることからここにきて新興国通貨の中で人気が出始めているということだろう。
こうした外貨繰りが安定したメキシコと利下げやりすぎてもう対外収支バランスがぶっ壊れ始めているブラジルでは通貨パフォーマンスは大きく異なってくるだろうということだ理解できると思う。
日本でメキシコ債券に投資しようと思ったら今のところ一番コストが安い方法はネット証券で生のメキシコ国債を触るか、投資信託でメキシコ債券ファンドに触るかのどちらかであろう。
個人的には少し試しにポジションを持ってもいいかなと思い、ちょっと買ってみたりしている。
 

再度ナスダックを若干利益確定

コロナウィルスが原因というよりPERがやっぱり高すぎるというところ。

ナスダックにエントリーしてからおおよそ20%上昇してきたが、もう少し利益確定したいということで、追加でナスダックを売っていくことにした。

<NDXのチャート>
タイトルなし


買いの場合は大抵これっていう理由があるのだが、やはり難しいのは売りの方で、毎回のことだが相場が熱狂的になっていく中ではっきりこれっていう理由がないままなんとなく売るというやり方をするしかなく、これが生真面目な人には難しいといつも感じる。
(自分もその一人だが)

まあ理由をしいてあげるなら、PERが気づいたら2018年のどピークを越えてきていて、ここからの上昇にはEPSの上昇が必要という認識を強く持っている。
これは短期的要因だがFRBによる疑似的QEも加わって金融相場的動向をしているのでEPSが上がらない中でPERの上昇だけで相場が成り立ってしまっている。
それにFRBの疑似的QEも4月-6月に終了することも見込まれる。
つまり、そろそろ高バリュエーションを正当化するにはEPSの上昇が見えてこないといけない時期にさしかかっているように思える。
いわゆる金融相場から業績相場への移行だ。
この移行時期においてはどれぐらいの値幅が出るかはわからないが、金融相場で買っていた人達の利益確定売りがそこそこ出ると考えている。
そこに今回のコロナウィルス騒動が加わり、まあ無理してポジション維持するような相場でもないでしょうという常識的な判断をすることにした。
ただ、もちろん全部一気に売るというわけではなく、あくまで一部売りであり、現金比率は平常時の50%をキープさせ続けるつもりだ。
また一旦はこれ以上の利益確定はよっぽどナスダックが急角度上昇しない限りはやる必要性もないだろうと考えている。

ちなみに今年のNDXのパフォーマンスについては10-20%程度の上昇ぐらいを見込んでおり、相場としては非常に高いパフォーマンスをたたき出した2014年の翌年である2014年に似た動きをするのではないかと考えている。
なので押してくれば再び追加エントリー玉を投入することは当たり前であり、強気で相場に挑んでいきたいというのはあまり変化はない。
ちなみに押したタイミングというのは個人的には大体この辺を見ているというのも書いておこうと思う。

・VIX20以上
・TQQQやSPLXなどのレバレッジ系ETFの出来高の急増
・CLO価格やHYGなどの高利回り債券系資産の対ベース金利スプレッドの拡大
・中国のNCD利回りの拡大
・マネーマーケット各種プレッシャー動向 

<足元のポートフォリオ>
タイトルなし


サイバーセキュリティETFを購入してみました。

報告忘れていたので、いまさらながら。

以前にナスダックについては一部売りを行っていたが、その後について売って得られた資金の一部を使いサイバーセキュリティETFを購入した。


元々投資テーマの一つとして考えていたのだが、2019年後半はナスダック指数ばかり見ていたということもあり、ずっと見送っていたが相場自体が徐々に煮詰まってきていて次の投資テーマを考えなきゃいけないなあと思ったところで、そういえば考えていたなということで改めて再検討し、今回決めた次第だ。

元々投資テーマとして考えていた理由としてはクラウドビジネスが伸長していく中で、よりITセキュリティーの重要性は高まるだろうという至極単純な思考をしている。
中国のIT成長による脅威増加も理由の一つに加えてもいいかもしれない。
ただし、IT大手自体(マイクロソフトやグーグル)が一部はセキュリティを提供するということもあり、だったらマイクロソフトやグーグル買えばええやんという流れだったが、すでにこれら銘柄が相当程度高くなってきてそろそろ違う銘柄にも資金が配分されていくのではないかというすけべ的観点を持っている。

ただ正直にいうと個別銘柄での良し悪しは正直そこまで知見があるわけでもなく、しかもこういったサブスク系銘柄はPERでも割安割高を見分けることが不可能であるため、もうここはバクっとETFでポジションを作ってしまおうという方向で決めた。
この考え方については以前記事で書いた通りである。

特に個人的な買いの決め手となったのは12月終り頃から断続的に大きい買いが入ってきており、ようやくポジションを真剣に構築し始めてくる人が出始めたなと感じ、ここで試し買いをしてみようと思った。
まだ買われ始めてから日が浅く、上昇幅もまだナスダックに出遅れているということもとりあえず打診買いしてみようと思った理由の一つだ。
なお、サイバーセキュリティETFにはHACK USとCIBR USと二つETFがあるが、CIBRの方はシスコシステムが6%も入っており、銘柄分散が足りないと判断しHACK USの方を購入することにした。
銘柄保有状況については各ETFの運用報告書などを見れば開示があり、分散度合いがわかるのでそちらで確認してほしい。

<HACK US(サイバーセキュリティETF)のチャート>
タイトルなし


<足元のポートフォリオ>
タイトルなし

 
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信