村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

個人的取引

こりずに銀投資に再参戦

前回チキった自分をぶん殴りたい。

5月に一回銀投資に参戦し、ブログ記事にしていたが、今回再参戦することにした。
<参考記事>

【追記あり】金の代わりに銀投資に少しだけ参戦




前回はエントリータイミングが若干クソだったことと、その後の米債金利上昇懸念で早売りをかましてしまったが、今回はぼちぼちのタイミングと米債金利上昇懸念がないこともあり、かなりエントリーしやすかった。
なぜ再参戦に至ったかをあらためて振り返り用に書いておこうと思う。

<銀価格チャート>
タイトルなし


まずこの取り組みの大前提として債券投資家の動きが非常に重要であった。
ここにきて債券投資プレイヤーは完全に「景気V字回復なんてないだろ」というスタンスに切り替わってきているというのは以前のブログ記事にも書いたかと思う。

<過去参考記事>

強烈な違和感を感じた米国雇用統計


なおこの時にはTLTの米債超長期ETFにも参戦している。
そのことにゴールド投資家も賛同し始めたのか、ここ数日で一気にレンジをブレイクしにきた。
残念ながら自分は1650ドルの押し目を待っていたが、これは届かずに上に持っていかれたということである。
(大反省)

しかしここで前回貴金属相場が押したところから大きく環境変化した点というのは大きい。
前回押した時は景気V字回復期待とともに金利が低すぎる・米債イールドカーブがスティープ化するという懸念が大きかった。
これが当時は自分がゴールド価格が1650まで押す可能性があるという根拠になっていた。
しかし、今回はそれがない。
つまりゴールドについては高すぎるという懸念はあるものの、下がるとしても大したレベルにはならないという自信度が前回より高いことを意味する。
そうであるならば前回および腰で完全に早漏売りした銀について、ゴールド価格の堅調さに合わせた金銀レシオ低下恩恵があるのではないかと睨んだ。
昨日の昼時点でこれには気づいて、前回の時とは違いまだレンジブレイク初動であったことから、ポジション構築するならここしかないと思い、突発参戦という形になった。

なお、この検討段階で貴金属でいうとプラチナも投資検討候補になっていたがここではプラチナはパスすることにした。
理由としてはプラチナは投資需要比率が低すぎることにある。
本来はちゃんとした機関が調査した元ソースを見に行くべきだろうが、時間がなかったということもあり今回はこちらの記事を拝借させてもらった。

<参考サイト>
「銀価格」を世界の需要と供給、特に工業用需要から考える!

金は宝飾品需要53%、工業用品10%、投資用30%、中銀外貨準備7%の構成だ。
銀は宝飾品需要20%、工業用品55%、投資用20%、銀器5%の構成。
プラチナは宝飾品28%、工業用65%(特に自動車向け中心)、投資用7%の構成だ。
ここで注目すべきなのは投資需要である。
足下で実需なんてのはブランド品売れてないし、工業稼働率がめためたなのを考えれば投資需要一本で価格をカチ上げているということ以外はほぼ考慮する必要性がない。
プラチナは投資需要が全体の7%しかないということを考えれば金・銀に出遅れるのはしかるべき理由が存在するということになると思われる。
だからプラチナって金とほぼ性質似てるやろと思っても、この投資需要構成が足をひっぱって価格上昇という点では金銀に出遅れている。

以上から金投資に出遅れたことから、銀投資に再参戦することになった。
とりあえず初動は上手く取れたので、ここから値動きを見ながらどう利益確定するかは考えていきたいと思う。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

余剰資金を一部TLT(米債超長期ETF)に振り向け

株ポジション増やすわけにもいかないので。

個人的には米ドルの余剰資金があるので少し何かチャレンジしてみたいと思い、しばらくどうしようか考えていた。
ただ、リスクオフに賭けてベアファンドにベットするのはここまでの株のぐちゃぐちゃな動きを見ると、少し躊躇するし、本当に短期間で抜きにいかなければいけなく、なんか無駄な時間を使う割には安心感もないやる気の出ない投資だなと思い却下した。

<過去参考記事>

ダブルインバース型ETFで下げ相場を捉えて勝つのは結構難しい

そうなると取れそうなポジションは ゴールドか米債の2択かなあと考える。
LQDは足元でリスクオフが起きるとどうしても企業の資金繰り懸念というのが生じて社債スプレッドが拡大しがちということもあり、そこは無駄なリスクは追加では取らないでおこうと思った。
で悩んだが、ゴールドはいまいち自信が持てない。
理由として2003-2011年のゴールドの上値追いというのは基本的に新興国が外貨準備のためにゴールドを買っているというのが大きな材料となっていた。
しかし足元は新興国は逆にドルを手に入れるために外貨準備に含まれるゴールドを売ろうとする動きさえ見せており、上値の重たさがすごくきになっている。

あとは米国の経済指標でも重要性の高い不動産関連指標が出てきたところも個人的に注目した。

<参考ニュース>

米5月住宅着工件数・建設許可件数、回復も予想下回る、ドル軟調



個人的には建設許可件数が2017年のレベルにまでなんとか戻しているので、米国景気はまあ底割れはないんじゃないですかというところだが、市場反応は予想下回るということで若干のリスクオフの動きになっている。
1兆ドルインフラ支出と話題になった割にはリスク資産価格の動きもなんとなく不穏感がある。

<米債30年金利のチャート>
タイトルなし


10年とかだと利回り0.75%とかしかなくてコスト倒れしそうということもあり、ここは米債ETFで一番長い年限を取れるTLTで行ってみようと思い、TLTにエントリーしてみた。
米債なので、最悪予想外の金利上昇が起きて一定程度損失被ったとしても基本的には金利上昇時のどこかのタイミングでナンピンすれば助かる代物でもあるし、中銀出動もサポート要因になるので、損しちゃいけない銀行勘定ならともかく、個人がポートに組む分には思いっきりド超長期デュレーションリスク取ったっていいだろ的ノリである。
それに30年債付近と言えども、どうせ少なくとも2年は米国はゼロ金利政策であるならば、為替ヘッジかけて利回りを取りたい投資家にとって超長期金利が上昇してイールドカーブがスティープ化するなら喜んでポジションを取りにいくわけだから、やはりいざとなればナンピンすればどうとでもなるポジションだと思える。
TLTベースで3-4%ぐらい利益取れればそれで十分ぐらいの認識でいる。

スキマ時間でちょっとリッチに。|マクロミル

【追記あり】金の代わりに銀投資に少しだけ参戦


個人的には銀投資をするのは初めての経験である。

貴金属系は2018年までは米国の利上げという逆風を受けながら価格が下落していたが、2018年後半からは景気鈍化による利下げというターンになり、そして2020年になったらコロナウイルス不況による国債乱発期待から現金価値毀損という発想から上昇に転じる形になった。

<ゴールドのチャート>
タイトルなし



<過去参考記事>

価格上昇が続いた「金」先物価格が史上初の1グラム6000円を突破


そういう理屈でここまで金が買われていた。
残念ながらこの期間は資金をナスダックに張っていたということもあり、こちらのポジションを取ることはしていなかった。
しかし株バリュエーションが以前に記載した記事の通りかなり限界が来ている中で、国債増発による一定程度の現金価値の毀損というのが現物資産にポジティブに効きそうだなと感じた。

しかしゴールドはいくらなんでも短期間に上がりすぎていて、ここから買い上がって一体いくらアップサイド取れるのかというとあまり自信がない。
過去のゴールドバブルの時は米国が大量の経常赤字を垂れ流し、これを新興国は外貨準備高として蓄えながらゴールド買いをすることにより成し遂げてきたバブルである。
今回はこれは残念ながら今のところは期待できない。
そう考えれば1・3年移動平均線から1σも上に離れたところで投資することはリスクリターンのバランスの観点からあまり報われなさそうに思う。

そこで何か代わりになるものがないかと色々見ていく中で浮上したのが銀である。
銀はやっと1・3年移動平均線を超えたというレベルでチャート的にはまだ決して割高とはいえない水準にある。

<シルバーのチャート>
タイトルなし


また歴史的に30-80の幅で推移している金銀レシオが100オーバーと今まで見たことのないような数値で、これの是正というのもゴールドのアップサイドが読みづらい中で比較的銀のアップサイドポテンシャルがありそうだと思った次第である。

<金銀レシオの推移>
ratio
 
金が買えないから銀でという二番手狙い戦略で本来は少しスジ悪い投資であるが一回だけ試してみる価値はありそうだと思った。
少なくとも国債増発乱発観測が続く間は下がったとしても3年移動平均をクソのように下回るまでにはいかないんじゃないかとも思っている。
なお、今回銀のエクスポージャーを取るにあたっては流動性の観点から米国ETFのSLVにてポジションを取った。
日本でも1542などのETFでも取れるので、そこらへんは銀ポジション取ろうと思っている人はお好みでいいだろう。

ただし、今回の投資は株投資のような長い目線での買いではなく、まさに火事場泥棒的にかっさらってしまおうという戦略であり、そんなに長く持つつもりはないということは言及しておきたい。

【追記】
ゴールドがド天井つけて下がり始めたので下記ツイート通り微益撤退となりました。

アンケートモニター募集中!新規登録しよう - NTTコム リサーチ

ダブルインバース型ETFで下げ相場を捉えて勝つのは結構難しい

先物で売りができる人は普通にそちらを使うべきだろう。 

相場が下がる時というのは、一般的には個別銘柄空売り、先物売り、インバースETF買いの3択が選択しとしてあがる。
その中で個別銘柄空売りと先物売りは信用取引口座の解説が必要になるため、玄人以外は意外とハードルが高い上に、資金管理ができない人は最終的にはレバかけすぎて破産一直線になるという面でも非常に怖い。
(だからツイッターの株破産芸人は大抵先物で死んでいる)

なので大多数の個人投資家にとってとっつきやすいのはインバースETF買いであり、これであれば少なくとも総資産マイナスの破産になるということはない。
中でもダブルインバース型を触るというのが今では一般的である。
しかし、ダブルインバースETFは先物売りと比べると非常にコストが高くつくものである。
それはなぜだろうか?

インバースETFというのは基本的には内部は先物売りで構成されている。
1357の日経平均ダブルインバースも単に日経平均を総資産の2倍売っているというものに過ぎないのは開示資料を見ていただければわかる。

<開示資料>
日経平均ダブルインバースETFの開示資料

しかし、コストが高くつきやすいのは日々のポジション管理にある。
下がる時というのは一般的にはボラティリティが上昇するときである。
だから下がる中でも、急騰する場面も多々見られる。
しかし、このボラティリティが上昇して急騰する場面がみられるというのはダブルインバースETFにとっては非常に都合が悪い。
なぜならダブルインバースETFは日々の変動率に対して連動するように調整するために、日々ポジションを売り増ししたり買い戻したりといった操作を行う。
なので急騰する場面で無駄にポジション解消が内部で発生するために余計なコストが発生する。
まだボラティリティが高いときほどダブルインバースETF価格自体が構造的に原資産に対して劣後することも過去記事で言及した。

<過去参考記事>

レバレッジ型ETFは飛び降り・思い切りが肝心


そのため、瞬間風速的に買ったインバースETFを売り抜けないと、まだ相場全然戻っていないはずなのに気づいたらあれだけヤキモキしながらポジションを持っていたはずなのに、わずかな利益しか手元に残らないケースというのが多々発生する。

<1357日経平均ダブルインバースETFのチャート>
タイトルなし


なので基本的に売りで参戦したいのであれば、先物売りでエントリーすべきであり、インバース型ETFは手軽にポジションが組めるとはいえ、下げ相場を本当にドンピシャで捉えないと勝つことが難しい。
個人的にも少しインバース型ETFを利用したショートしてみるのも面白そうだと思ったのだが、こうしたコスト面に加えて自分がフォローしている観測範囲であまりにもショートしている人が多すぎるし、特に深いショート狙っている人ほど焼かれているはずなのになぜか自信満々なので、これは当初想定していたよりも下がらないのではないかという判断をしつつある。
なので個人的には自信満々に皆がショートだというこの局面はショートはせず、余力を残しながらひたすら押し目を待つ姿勢で臨もうと思う。

なぜあの時ゴールドのポジションを取るのをやめたのか


この時点で自分は何をためらったのか書こうと思う。

ナスダックの追加ポジションは売却したということもあり、手元には相当程度キャッシュが余っており、この相場でもなにか投資できるものはないかと検討している中でゴールドのポジションを取るという選択肢がこの時点で浮かんだ。
金に投資する場合には個人的には基本的にGLDのETFを使用している。
この時買ってみようかと思った背景としてはGLDの出来高が増加すると同時に陽線のパターンが多く、買い気強いなあという単純な動機である。
ただ、この時点で悩んだのはすんなり上抜けするかどうかということにある。

革命的なことが起こって状況が全く変化した個別銘柄ならともかく、普通の大きな資産カテゴリ枠というのは常に過去との比較が重要だと思っている。
そこで自分がいつも見ているのは250日移動平均線と750日移動平均線だ。
なぜこの2つを使っているかというと、単純に過去1年と過去3年の平均と比べて今の相場がどの位置にいるのかというのを把握できるからだ。
1年は365日だが、営業日だけ抜き出すと250日程度になるため、この数値をベースに使用している。
移動平均線を見ることにおいても、てきとーな数値打ち込んでいじるのではなく、なるべく意味を持たせながら見ることを意識したいと思っている。
なので気になって移動平均線からの乖離率もその時ガチャガチャ計算していた。
この時1年移動平均線との乖離率は16%、3年移動平均線からは28%という数値になった。
これは金価格の年間ボラティリティ相当に値する。

<金価格(ドル建て)のチャート>
タイトルなし


株価指標などで色々計算してみたが、米国株も1年・3年移動平均線からこれだけ上側に乖離すると短期的にも相場は天井を打ちやすくなるように感じている。
なのでここまで考えて、一旦はゴールド買いはいつになるかはわからないが、もう少し下がるまで・あるいは横ばいが続き移動平均線との乖離率が減少してから投資しようと思った次第だ。

ファンダメンタルズ的には買い材料は整っているように見えるものの、今回はリーマン前の資源ならなんでも上昇していた時とは違い、新興国の中央銀行の金買い・中国やインドの金需要の実需と投資両面の増加がない、ドルはまだ滞留してしまっており喉から手が出るほど現金が欲しい企業がまだまだいることを考慮すると、指数関数的に上昇する可能性はそこまで高くないと判断し、その状態ではこの1σ乖離率の壁を超えるのは難しいと考え、最終的にゴールド投資は一旦保留という結論とした。
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信