村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

投資雑感

独自ブルベア指数作成と配信のお知らせ

休日の戯れですが。

ここ1-2年程度本格的になにかひとつでもプログラミングコード使えるようにしておいて、データ分析的なものを作れなければなと思い、色々試行錯誤していた。
特に投資関連データを非常に集めやすいということと、コードの書き方の容易さを考慮してPythonの勉強を本格的にやって、Progateで勉強を始めて、外国人がPythonコードの解説行っているYoutube動画を見ながら自分でお試し的に色々投資関連Pythonコードを作ってきて、まあずぶの素人と比べれば色々出来ますよねぐらいのレベルにまですることはできた。

そこで一つCNNのFear&Greedインデックスのようなブルベア指数を独自に作成できないものかと思いつき、少しデータを作ってみることにした。
今のところ考慮している要素は以下の通りだ。
VIX指数が最近役に立たないので、VIX指数自体を要素に入れるのは今回除外した。

・VIX先物建玉増減
・VIXコール出来高
・CBOEスキュー指数
・ナスダック100株価の1年移動平均線との乖離率
・投資適格債とハイイールド債のスプレッド差
・投資適格債のスプレッド(追記)
・短期社債ー長期社債スプレッド(追記)
・FRB公表ポリティカルアンサーテイン指数(追記)
・中国本土株信用買い残高増減(追記)

これらを要素に入れてデータ収集して、統計的処理を加えてかつウェイト付けをしてこねこね処理して作ったブルベア指数が以下の通りである。
(なおどういう処理したかは企業秘密)

<独自ブルベア指数の推移>
タイトルなし

VIXコールオプションの出来高データが2019年10月までのヒストリカルデータしかないためそれ以前の検証ができないのだが、まあまあそれっぽいデータが作れたように思える。
見方としては50が中立で、70以上は非常にブル、30以下はベアという見方でいいと思う。
ただし相場が好調な時は基本的には50以上で推移し、不調時は50以下でしか推移しない傾向にあるため相場が好調な時と不調な時が見方えお変える必要性がある。
指数値が70以上であれば基本的にはポジションの利益確定・中長期ロングではなく短期ロングでいかにぶん回すかというのを意識すべきステージになると思う。
指数が50付近の時は相場が好調な時は押し目で、一方で不調時は戻り売りタイミングとなる。
一方で30以下になれば中長期ポジションロング・短期でのショートのぶん回しなどの目安になるかなと思う。

この独自ブルベア指数は当面はツイッターで毎営業日(米国休日除く)つぶやく予定ですので、もしご興味ある方はツイッターフォローよろしくお願いいたします。

<ツイッターアカウント>
https://twitter.com/Makoto_Mura

まだ相場のブルベアを計算する上で全ての要素を考慮しているかどうかと言われると微妙なので、引き続き加えるべき要素があったりなどしたらブルベア指数計算時のロジックに随時変更を入れていく予定です。
ロジックの変更などがありましたら随時ツイッターでロジックの変更のお知らせと計算定義の直しについてはこの記事上で行わせていただきます。
 
なお、上記ブルベア指数を作成する上では全て無料で公開されているデータを使用して作成しているのでぶっちゃけ言えば誰でも作ろうと思えば作れるものである。
こういったデータを作る上で作成してきたPythonコード一覧を色々記事にしておりますので、興味ある方はそちらもごらんください。

<参考記事>
https://note.com/makotomuragoe

特に活用したコードは下記一覧になる。

【コピペでOK】CBOEサイトからVIX先物のデータをPythonでスクレイピングする方法

【コピペでOK】Pythonコードで色々な銘柄の1年移動平均線に対する株価の統計的なばらつきをグラフ化する方法

【コピペでOK】CBOEサイトからオプション出来高情報をPythonでスクレイピングする方法


最大50,000Tポイントが貰える 第2回SBI証券のポイント投資ご紹介キャンペーン

ロビンフッターは暴落して以降どういう投資態度を取ったのか

Full Robintrack Database

押し目買い投資家が減少して、投機的投資家しかいないように感じるが・・・

以前にロビンフットの口座保有者の投資動向について見れるサイト、ロビントラックについてブログで紹介した。

<過去参考記事>

ロビンフッド口座保有者の動向から見える投資センチメント


今回はこのロビントラックのデータを何か活かせないかと思いあれこれ考えてPythonコードを作成。
休日中に作成したロビントラックからダウンロードしたエクセルデータを処理できるPythonコードを作成して、ロビンフッターのS&P500構成銘柄の保有総数の推移を計算してみた。

なお、今回使ったコードについてはクソ簡単なコードになるので、無料公開させていただいています。

<参考記事>
ロビントラックが集計しているロビンフッター株式保有数をPythonで複数銘柄集計する方法
 
<ロビンフッターのS&P500構成銘柄保有口数の推移>
タイトルなし


上記データは2019年12月から6月12日までのデータになる。
このデータを見ているとロビンフッターの動向は5ステージぐらいに分けられそうだなとパっと見て感じた。

<ステージ分け>
タイトルなし

上記だとちょっと読み取りづらいので、保有口数の前営業日増減数でデータを作成しなおした結果が下記になる。

<ロビンフッターのS&P500構成銘柄保有口数の前営業日増減口数の推移>
タイトルなし


1、黒枠の範囲
3月2日以前のデータになるが、この時点ではロビンフッターの食指はほとんど動かなった。
つまり2月28日までの第一波暴落はロビンフッターはほとんどスルーしていたということになる。
そういった意味では2月21日-28日というのは機関投資家が売り玉ぶん投げる中、誰もキャッチする人がいない、まさに流動性喪失相場であったと思われる。

2、青枠の範囲
3月2日から3月11日の範囲になる。
ここら辺からロビンフッターは動意づき始めた。
これは暴落の第一波が一旦小休止するのが見えてきたところから打診買いし始める人が出始めてきたことを意味する。
3月5日から暴落の第二波が始まったが、ほとんどロビンフッターは怖気づいておらず買いを連打している。

3、緑枠の範囲
3月11日から3月25日の範囲になる。
ここからロビンフッターの怒涛の買いが始まる。
毎営業日買って買って買いまくる連打押しである。
3月24日まで暴落は続いたが、お構いなしでガンガン買い増し量を増加させている。

4、オレンジ枠の範囲
3月25日から4月13日までの範囲になる。
相場的にはここがボトムになった位置になる。
相場が急反発していき、緑枠で買い増ししていた人達のほとんどが報われるレベルにまでS&P500の指数値は回復。
ロビンフッターも徐々に買い意欲が薄れていったところになる。

5、赤枠の範囲
4月13日から6月3日までになる。
オレンジの枠で一旦売り越しになって反発相場も終わりかと思いきや、ここでロビンフッターが買い意欲を回復させてきた。
明らかに「乗り遅れたけど、ここから乗ればまだワンチャンある」ということで最初の方は買い増しを改めて増やしていた。
ようは初押しは買いであるというスタンスだ。
そういった意味では緑枠・オレンジ枠で買い増ししていたロビンフッターとは別の性格の人間ではないかと思われる。
しかし相場が上がるにつれ、このワンチャンに乗れた人は徐々に買い意欲を減少させていったように思える。

6、赤枠以降の範囲
6月3日以降はここまでのロビンフッターとはさらに別の性格のプレイヤーが登場しているように思われる。
ここから少しロビンフッターも動きが怪しげになってくる。
6月8日に再び強烈な買いが湧いたが、ここは押し目ではなく、逆に相場が強烈に上昇した日である。
つまり今まで下がったら買っていたというところから、上がったら買うという投機的な性格に変わっているのだ。
相場が壮大に崩れた6月11日は売り越しに転じている。
これもロビンフッターの中身が変わっていることを意味していそうだ。
相場が下がったら怖気づく投機的プレーヤーしか残っていないということである。

以上の枠をS&P500に反映させると下記のような感じになる。

<S&P500のチャート>
タイトルなし

こう見ると、一応はS&P500で見れば青枠のお手付き押し目買いロビンフッターまで救出できるレベルまで相場は戻ったが、黒枠の部分では誰も買い増ししなかったことを考えるとやはりこれより上は押し目買いロビンフッターはついてこないというのがやはり想像しやすい。
一方で赤枠の一番下の部分は初押し買いロビンフッターが大量に湧いたことを考えれば、S&P500指数が2700台にまで下がれば押し目買いが可能なのではないかと感じる。
少なくとも赤枠よりも下の範囲まで下がったらもう目を瞑って押し目買いすれば多分どうとでもなるんじゃないかなという気がする。

大手100ショップと提携!日々のお買物でプチ稼ぎ《ハピタス》

ハーツは新株発行で本当にデフォルトから脱却できるのか

破綻のハーツが新株発行 個人の投機マネーで株高

今ニュースで話題になっているチャプター11申請したのに株価が爆上がりで株式新規発行するとかいう前代未聞な状態になっているハーツについて、ここはきちんと一次情報を見て自分なりの結論を導きだしておこうと思い、ハーツの10-Kを見てみた。

<損益計算書>
タイトルなし

すでにコロナ前時点で赤字ぶっこいている上におそらく費用の大半が自動車絡み費用(減価償却・メンテ費など)で占められていて、コスト削減余地が非常にない。
昔からあるオールドエコノミー業種で、固定費重い業態なのに、売上増えても全然利益増加していないのを見ると、元々がクソ株の類に分類される企業であったことはなんとなく想像がつく。
ちなみに利払いが年間8億ドルぐらいあるので、これが払えなくなると即詰みである。

 <顧客属性>
タイトルなし

いきなり需要の60%がレジャー向けというハードパンチである。
これを見ればハーツのレンタカービジネス自体がホテルの宿泊とかとも関連性が高く、このコロナ不況では致命的にダメージを負っていることは確かだろう。
ビジネス向けも自宅勤務が激増し、顧客との対面打ち合わせができないことを考えれば売上がボロボロなのは容易に想像がつく。

タイトルなし

需要の6-7割がエアポート送迎絡みであることがうかがえる。
この時点で航空株がやばいっていうならそもそもハーツもやばいだろという関係性が見えるので、航空株に逆行してハーツ株が上昇するという考え方自体が不思議でならない。
これが1年間ですぐ戻ると思うのなら、まだ航空株買った方がリスクリターンがよいのではないだろうか?

<負債と純資産>
タイトルなし


最大の問題はこの会社はABS(アセットバック証券)に頼りすぎなところである。
おそらく、会社の拡大を優先させたのか、そもそも元々自転車操業的な運営だったのかというところはちゃんと見ないとわからないが、異様にアセットバック負債が多い。
特に純粋な有利子負債が減少してアセットバック負債が激増しているのは、借り入れコストが相当高くなってしまいもはや担保付の借り入れしかできなくなったのではないかと考えられる。
ちなみに自己資本比率は12月末時点で7%とくらいと非常に薄いので、残念ながら収益の安定性が高いから債務超過で許される米国企業のカテゴリーに入れることは難しい。

<資産>
タイトルなし

ちなみに資産の部を見るとABS負債分と資産部分の自動車資産簿価が同じぐらいあるので、ほぼ全て担保に取られるといって間違いないだろう。
多分現時点で売却して現金化できる資産がないので、有利子負債の返済目処が立たないし、下手するとABS負債や有利子負債の利息ももう払えないレベルに陥っているので、チャプター11申請となったのだと思う。
もしABS規模が少なくて、保有自動車が売却できる状態だったらまだこの企業は耐えられたように思える。

<キャッシュフロー表>
タイトルなし

タイトルなし

個人的によくわからなかったのがこのキャッシュフロー表の投資CFと財務CFである。
営業CFは大体普通は25-29億ドルぐらい稼げるというのはわかるのだが、投資CFと財務CFで1年間で財務にある自動車資産が一回転するレベルで自動車取得→ABS発行して売却→アセットバック→返済というのを行っている。
これが本当なら短期間でひーひー言いながらABSぶん回して営業してたということが言え、元々会社組織自体ぎりぎりだったということになるが、そこは詳しく調べていないのでわからない。
ただここまで調べて意味不明なCFがあると個人的には絶対に触りたくない代物であることは確かだ。

<結論>
ハーツが生き残るには最低どれぐらい金をかき集めてこなければいけないか?
現在のABS負債は資産にのっかっている自動車で一応賄えていると仮置きすると、37億ドルの有利子負債の存在と当面払える利払い(年間8億ドル)が賄えれるレベルの現金があれば確実だろう。
そう考えると45億ドルぐらい現金をかき集める必要性がある。
上記を考察すると、どう考えても10億ドルの株式発行では足りないように思える。
(20億ドルぐらいかき集められればもしかするとワンチャンあるかもしれないが)
そもそも時価総額4億ドルでそこから10憶ドルの株式発行をするというのもかなり難しいように思える。
社債の方はどうやら全然パーに辿り着いていないようで、それを考えると債券投資家の方は仮に10億ドルかき集められても全然足りないということに確信を持っているだろう。
チャプター11申請したものの株で資金調達してコロナ後まで粘って、場合によってはチャプター11撤回みたいなストーリーを描くにはどうしても現金化できる資産が少なすぎると個人的には感じる。
10憶ドル程度では利払いと営業費用と役員報酬に全てすぐに消えるのではないだろうかと思う。

スキマ時間で楽しくポイントGET|マクロミル

長期投資が難しくないと断言するのは間違い


EZafCsEUwAAiXVR

個人的に長期投資を難しくないとか言い張る人は嫌い。

長期投資において一部で難しくないとか言い張る人が出始めているが、まさに後付け説教でなんとでも言える話だと思っている。
一口に長期投資といっても考えるべきことは下記のように多様である。

・株・債券・REIT・コモディティ・為替・その他デリバで分散させる・集中させる
・国別で分散させる・集中させる
・セクターで分散させる・集中させる
・インデックス投資を入れる・入れない
・銘柄で分散させる・集中させる(極限的に集中させると即死するけど)
・心中してもいいと思える銘柄をアホールドする・しない
・投資時間軸の違う投資戦略を立てる・立てない
・レバレッジをかける・かけない
・買うタイミングを分散させる・させない
・売るタイミングを分散させる・させない
・一発で買う量・売る量をどの程度にするのか
・最終的に手元にどれだけ余剰資金を残すか
・損切するレベルを各ポジションどうしておくか
 
長期でもこれだけ考慮すべき項目があり、その中で自分に合ったスタイルを身に着けていくしかない。
投資でこれでいつでも絶対に儲かるという手法は基本的に存在しない。
結果的にマイクロソフト株に全ベットしてしかも下から上まできちんと取れたという人もそれはそれでいるだろうが、それをもってして長期投資は難しくないと今時点で説教するのはナンセンスだと思う。
(だったらお前が今すぐ5年で4倍になる銘柄紹介しろや、難しくないんやろという話で)
エクソンモービル・ボーイング・GE握って大損ぶっこいた人もいれば、大してあがらない銘柄つかんでしまった人だって大勢いることを忘れてはいけない。
もちろん一発目でこういう当たり銘柄を偶然引いて楽勝というパターンもあるだろうが、大抵の投資は山あり谷ありで、しかも真剣に調べたりとかしても必ず思う通りに行かないこともしばしば。

もちろん長期投資の場合は統計的にプラスサムゲームだから短期よりも安定して勝てる確率が高いというのは確かだが、それをもってして難しくないというのは暴論だと思われる。
だから個人的にはどのような投資においても簡単とか難しいとかそういうのはなく、すべからく難しいのと、どれだけその投資に確信度があっても運が一定程度付きまとうという考えを持っている。
だから上がった後に後付けで長期投資は難しくないと言うのは、まさに言うは易し行うは難しの典型例である。
なお、はなっから詐欺の投資類に引っ掛かることは全く別物であるのであしからず。

株をはじめるなら、DMM.com証券

ロビンフッド口座保有者の動向から見える投資センチメント

検索結果

ウェブの結果(サイトリンク付き)

米国居住の個人投資家に手数料無料ということで口座数を伸ばしているロビンフッドだが、そのロビンフッドが提供しているAPIを利用して個別株・ETFでロビンフッドに口座を持つ投資家がどの株に資金をつっこんでいるのか見れるサイトができている。
RobinhoodAPIを使って集計しているようで、自分でも作れるかと思ったがロビンフッドのID持っていないとデータ収集できないということもあり断念。

これまではまだロビンフッドの顧客基盤が薄いということもありビッグデータとしてはノイズにすぎないレベルになってきたが、だいぶ顧客基盤の拡大が進んできたということもあり徐々に個人投資家の動向を観察できるレベルで投資口が動くようになってきたので、活用できる余地があるんではないか的な話がちらほら出ている。
いくつかデータを見ているとなるほどいろんな解釈ができそうだなと色々アイデアが湧いてくる。
今回はいくつか銘柄をみた中で感じたことをつらつらと書いてみようと思う。

米国の代表的ETFであるSPYはコロナ前暴落の時点でつられて買っている個人もいたが、暴落してからはめげずにバンバン買い増しして足元はCTAと同時に買いのけん引役になっている模様。

<SPY(安定した買いが入っている)>
タイトルなし


ただし、一方で3倍レバレッジ系ETFを見るとさすがにここから買うのは危険と思っている人が多いのかおよび腰になっているなというのを感じる。
3倍ETFはそこそこド天井から死ぬほど下がったダメージが癒えていないという人が多いのかボラティリティ上昇にはまだ警戒感が残っているということだろう。

<SPXL(さすがに5月頭から新規買いはおよび腰)>
タイトルなし


EMBやIEMGなど新興国系ETFを見るとからっきし腰の入った買いが入っておらず、新興国投資というのは機関投資家頼みということがうかがえる。
機関投資家が新興国に対して興奮しなければ新興国投資の出番はやはり当面ないように思える。

<EMB(右軸見ればわかるが発射台が低すぎる)>
タイトルなし

<IEMG(全然買いに腰が入ってない)>
タイトルなし


ちなみに個人が大挙して突撃したからといって必ずしもそれが株価の爆騰につながるかと言えば、それはケースバイケースだ。
デルタ航空とかの航空株に個人がすごく突撃しているが 株価は下がってはいないものの底這いが継続しており、個人の買いが全部機関投資家の売りに吸収されていることを意味している。

<デルタ航空(個人買いは強烈に入ってはいるものの・・)>
タイトルなし

こういった意味で個人投資家の投資意欲をはかるには有用ツールなように見え、機関投資家の動きも考えながらデータを見ると面白いかもしれない。

自分で考え、英語を発するスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信