自分なりの日経新聞の読み方。

ここ数年社会人に成りたてとか大学生などに日経新聞は読まずに意識高い系(笑)ネット記事しか読んでいないという人がちらほらいるらしい。
まあ社会人成り立てとか大学生ならまだ許せるけど、下手すると中年のくせにそんなやつもいたりとかするというのもツイッターではちらほら見かける。
今回は自分なりの日経新聞を読む意味について書いておきたいと思う。

日経新聞の読み方とは、ずばり答え合わせなのである。
日経新聞は日本語で総括的な経済ニュースが見れる中では少なくともどの媒体よりも一番真面目に報道をしている。
(というより他のレベル感がひどすぎる。スマニューとかニュースピックとか〇〇オンラインとかしか読んでない人はすべからく不合格)

常に自分がウォッチし、 予想したものがその後日経新聞に時差があって出てきた時は自分の物事の考え方・予想が正しいものだと認識することができる。
これにより、その前に仕込んだポジションや投資行動というのが正解であったことが確認ができる。

新聞報道記事出てからの実際の投資行動が役に立たないパターンはこれは新聞ビジネスの構造上しょうがないのである。
なぜなら社会的に影響力がいくらネットで弱まったとはいえそれなりにまだ力を持っている中で、事実を確認できないような記事を書くことは御法度中の御法度である。
しかし、実際の投資行動は状況があやふやな状況が最もベストタイミングであり、なので一般的には日経新聞に記事が載ったら相場は終わりと言われる所以である。

これは日経新聞だけでなく、FTでもウォールストリートジャーナルでも基本的には同じ読み方である。

この

「自分の頭で予想する→日経新聞・FTなどを読んで事実を確認する」

というプロセスが一番重要で、これを繰り返すことが相場大局観を養う上で重要だと思っている。

伝統的経済雑誌はもちろんひどい記事もあるが、少なくとも大半は多くの人間がきちんと取材して内容を確認して掲載されているものであり、こうした答え合わせを行うのには非常に重宝されてしかるべきものだと思っている。
一方でスマニュー・ニュースピック・〇〇オンラインなどは中身を内部者が誰も確認していないゴミ記事が9割9分で、事実だと当の本人が思って書いてあることさえ間違っていることが多々ある。
あくまでこうしたネット媒体のものはあくまで新しいネタやヒントを見つけるためにゴミの中から投資のネタの宝石を見つけるために時々ふらっと立ち寄るもので、これだけを真剣に読んで世の中の潮流を知るなんて考え方は非常にバカげていると個人的には思っている。

まあ一番大切なのは常に自分の頭で物事を予想しておき、常に答え合わせをしていくという行為であることは間違いない。

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!