米当局、J&Jワクチン接種中断を勧告 血栓の報告受け

開発済みワクチンの間で優劣が出始めた。

これまでコロナウィルスワクチンが複数開発されているが、ワクチン間で有用性や副作用状況について差が出てきているので、少しまとめてみようと思う。

現在最も重大な副作用が少ないのはファイザー・Biontech製のワクチンとなっている。
二回目打った時にやや倦怠感が出る例があるものの、重大な副作用は今のところ報告されていないようである。
モデルナ製は血栓報告はないものの、ファイザー・Biontech製より打った後の倦怠感などの副作用報告が多いようで、米国ではファイザー・Biontech製・モデルナ製の選択権がある中で、ファイザー・Biontech製を選ぶ人が多いようである。
ただモデルナ製は冷蔵庫程度の温度保管で問題ないものの、ファイザー・Biontech製は極低温保存でないといけなく、先進国では極低温保存設備は十分あるものの新興国ではそういった設備が十分になく、新興国ではファイザー・Biontech製のものが使用しづらい状況となっている。

問題はアストラゼネカとJ&J(ジョンソンアンドジョンソン)製のワクチンである。
アストラゼネカは既に欧州で血栓が生じる報告がでて、一時的に摂取を休止したあとに年齢で区分けしている状態である。
またJ&Jのワクチンについても米国で血栓の報告があったことから、こちらも一旦摂取が停止という状況になっている。

中国のシノファーマ製のワクチンについては、効果がやや薄いといわれており、他のワクチンとミックスして打つ必要性があると報じられている。
有効性が50-60%となっており、それってそのワクチンじゃ70%の集団免疫の閾値クリアできなくないですかという話もあるが、とりあえず人体実験的に打って回っているというところだ。

こうしたのを見ると、今後はファイザー・Biontechのワクチン需要が大きくなりそうだ。
ただ株価を見ると、ファイザーは元々の図体があまりにも大きいため、コロナウィルスワクチンではそこまで劇的に業績が上がるというわけでもないようで株価の動きとしては小幅変動にとどまっている。

<ファイザーの株価>

タイトルなし



一方でBiontechはこのコロナワクチンで一気に売り上げが立つことに加えて、副作用の少なさの優位性で需要が予想以上に高まるかもしれないという期待感から出来高を伴いながらの上昇をしている。

<BNTXの株価チャート>
タイトルなし


あとは今後コロナウィルスは何回か変異を繰り返していくものと思われるが、この開発済みワクチンが変異型に対しても有効性を維持できるかどうかが焦点になるステージになりつつある。