米新規失業保険申請件数、119万件に減少-パンデミック以降で最少

統計数値を見て、色々再考。

引き続き米国の新規失業保険申請数が悪い数値で出てくるだろうという風に読んでいたのだが、結果は118万件で、さらに季節調整なしだと98.4万件台ということで、いよいよ週600ドルも上乗せでもらえていた失業給付が切れるということもあり、本当に職場に戻ったということになると思う。

金曜日発表された雇用統計も市場予想よりもよく、ぼちぼちの数値であった。

<参考ニュース>
July U.S. employment growth slows sharply

そうなるといくつか相場の取り組みについて考え直さなければいけないことがある。
以前にブログで米国景気V字回復シナリオは崩れたとかなり悲観的な文章を書いたが、V字回復とはいかないがそこそこの回復が見られるという考え方の軌道修正は必要だろう。

まずこの雇用回復ペースであれば、金融緩和でさらに追加するものはほとんどないだろう。
当面は金融政策は現状維持が続くだろう。
社債ETFの買い入れ規模拡大なんてまず必要ない。
あと雇用が戻るなら現在議論されている失業給付の上乗せが思ったよりしょぼくなる可能性も否定できないし、財政支出のやり方は少なくともコロナ直後よりは絞られるだろう。
無差別に続いたドル安も状況の変化によってその速度が緩んだり、ドル高に転じたりというのも考えておきたい。

新規失業保険申請数が発表されたあと一瞬米債超長期金利が上に跳ねてやばいと思ったが、なぜかその後逆噴射して一旦デイローになったことから、ここはもう一ヵ月も短期かつリスクヘッジのつもりで取り組んでいたTMFを一旦利益確定しどころだろうと思い、ここまで5回にわたってエントリーを繰り返したものを半分減らすことにした。
そして雇用統計を見ても、追加金融緩和シナリオがなくなりつつあることを感じて、結局残り半分も売却。
もしかするともう過剰な失業給付金が必要なくなるので、将来的な米債増発規模が減少する可能性があるという話から金利が下がる可能性はまだあるかもしれない。
ただ、ここまで自分は新規失業保険申請数から米国経済の回復が怪しいと見ていたことからひたすら米債超長期の買いを連打していたのだが、その前提ストーリーの雲行きが怪しくなったことから、次に米債が動いたときに自分に判断することができる自信がなくなったことから、ここは欲張らず利益が出るうちに撤収しておこうと思い、実行した。

株はかなり難しい。
6日の反応を見る限り、まあそもそも既にコロナ暴落前の水準レベルにまで回復したS&P500などを見ると、過剰なV字回復と金融緩和・財政支出拡大を織り込んでいる状態に見える。
なので金融緩和期待・財政支出期待がしぼむといよいよ調整みたいなストーリーもありえるだろう。
中途半端な失業状態が続くことが一番株にとってはリスクになる。

一番この雇用統計の動きからストーリーが変わる可能性があるのは貴金属だと思っている。
貴金属類はひたすら金融緩和と財政支出の拡大によるドル安というのをエンジンにして動いてきた。
しかし、新規失業保険申請数の減少を見るとコロナ直後のような過激なものが再度米国政府が行うかというと、少し疑問を持つ必要性があるだろう。
ちなみにここまで何回か参戦して脱出したシルバーについては完全に短期的に買われすぎである。

<シルバー価格のチャート>
タイトルなし


1年移動平均線から50%も上で、一目均衡表の基準線からも20%以上も離れている時点で、短期的には常軌を逸した価格になっている。
無茶ポジションはあまり持ちたくないなと個人的には思う。

ちなみに米国経済統計ってどこをどう見ればええねんという方は下記を参考にしてもらいたい。

<過去参考記事>
投資の役に立つ統計から米国経済の状況を読み解く方法

<キャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント