前回チキった自分をぶん殴りたい。

5月に一回銀投資に参戦し、ブログ記事にしていたが、今回再参戦することにした。
<参考記事>

【追記あり】金の代わりに銀投資に少しだけ参戦




前回はエントリータイミングが若干クソだったことと、その後の米債金利上昇懸念で早売りをかましてしまったが、今回はぼちぼちのタイミングと米債金利上昇懸念がないこともあり、かなりエントリーしやすかった。
なぜ再参戦に至ったかをあらためて振り返り用に書いておこうと思う。

<銀価格チャート>
タイトルなし


まずこの取り組みの大前提として債券投資家の動きが非常に重要であった。
ここにきて債券投資プレイヤーは完全に「景気V字回復なんてないだろ」というスタンスに切り替わってきているというのは以前のブログ記事にも書いたかと思う。

<過去参考記事>

強烈な違和感を感じた米国雇用統計


なおこの時にはTLTの米債超長期ETFにも参戦している。
そのことにゴールド投資家も賛同し始めたのか、ここ数日で一気にレンジをブレイクしにきた。
残念ながら自分は1650ドルの押し目を待っていたが、これは届かずに上に持っていかれたということである。
(大反省)

しかしここで前回貴金属相場が押したところから大きく環境変化した点というのは大きい。
前回押した時は景気V字回復期待とともに金利が低すぎる・米債イールドカーブがスティープ化するという懸念が大きかった。
これが当時は自分がゴールド価格が1650まで押す可能性があるという根拠になっていた。
しかし、今回はそれがない。
つまりゴールドについては高すぎるという懸念はあるものの、下がるとしても大したレベルにはならないという自信度が前回より高いことを意味する。
そうであるならば前回および腰で完全に早漏売りした銀について、ゴールド価格の堅調さに合わせた金銀レシオ低下恩恵があるのではないかと睨んだ。
昨日の昼時点でこれには気づいて、前回の時とは違いまだレンジブレイク初動であったことから、ポジション構築するならここしかないと思い、突発参戦という形になった。

なお、この検討段階で貴金属でいうとプラチナも投資検討候補になっていたがここではプラチナはパスすることにした。
理由としてはプラチナは投資需要比率が低すぎることにある。
本来はちゃんとした機関が調査した元ソースを見に行くべきだろうが、時間がなかったということもあり今回はこちらの記事を拝借させてもらった。

<参考サイト>
「銀価格」を世界の需要と供給、特に工業用需要から考える!

金は宝飾品需要53%、工業用品10%、投資用30%、中銀外貨準備7%の構成だ。
銀は宝飾品需要20%、工業用品55%、投資用20%、銀器5%の構成。
プラチナは宝飾品28%、工業用65%(特に自動車向け中心)、投資用7%の構成だ。
ここで注目すべきなのは投資需要である。
足下で実需なんてのはブランド品売れてないし、工業稼働率がめためたなのを考えれば投資需要一本で価格をカチ上げているということ以外はほぼ考慮する必要性がない。
プラチナは投資需要が全体の7%しかないということを考えれば金・銀に出遅れるのはしかるべき理由が存在するということになると思われる。
だからプラチナって金とほぼ性質似てるやろと思っても、この投資需要構成が足をひっぱって価格上昇という点では金銀に出遅れている。

以上から金投資に出遅れたことから、銀投資に再参戦することになった。
とりあえず初動は上手く取れたので、ここから値動きを見ながらどう利益確定するかは考えていきたいと思う。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!