上記はコロナウイルスに関連したプレスカンファレンス・ブリーフィングでテーマとして取り上げられているものの割合を可視化したデータのようである。
このデータを見た時非常に興味深いデータで、色々な考察が可能だと感じたし、今後の相場を考える上でも重要なヒントになると思った。
個人的な推察を書く前にブログ読者の方々も少し考えてから、私の推察を見てほしい。


考えていただけたであろうか?
では個人的な推察を書いていこうと思う。

<人工呼吸器(Respirator)に関して>
4月いっぱいまでは欧米での死者数爆増に伴って人工呼吸器の確保が最重要課題になっていた。
しかしその確保が大半終わったこともあり、足元では議論すべき項目ではなくなってきている。

<.Deathに関して>
人工呼吸器確保にも関連しているが、コロナウイルス騒動が発生して約5か月近く経つ中で医療機関もこの病気に対する対応策がかなり整ってきたことから明らかにほぼ全世界で致死率が下がってきたことから、Deathの話題はここ2週間ぐらいで急減。

<経済活動再開(Reopen)に関して>
ツイート主は経済再開の話題が減少しているとしかつぶやいていないが、これは個人的にはもうこれ以上の経済再開で議題として挙げるべき項目がないということを意味していると思われる。
経済活動再開はほぼできる国やできることの大半は既にやっているか議論済みで、逆にこれ以上の経済活動の再開は本格的にコロナウイルス感染者数の減少がないと難しい。
つまり現在の部分的経済再開以上のものはすぐには望めないということであり、それに合わせて銘柄選びもやはり意識せざるをえないと思う。

<隔離(Quarantine)について>
様々な対策で致死率は下がったものの、感染している人は確かにいて、感染者をどういう風に適切に隔離して拡大を防ぐのかという議論は未だ続いている。

<Vaccine(ワクチン)について>
ワクチンは候補みたいなのが出るとわっと話題になるけど、その後やっぱり効果がないとかそういうので話題は尻すぼみ。
これを見る限りめぼしいワクチン候補というのは未だ実質見つかっていないということを意味しているものと思われる。

<Maskについて>
経済再開に伴って外を移動するときは必ずマスクをするという衛生観念的なものは外出が増加すると同時に大幅増加している。
これはReopenにも関連していることだろうが、これを見てももうReopenはできる範囲は出尽くしていることを意味しているように思える。

<Hospitalについて>
少なくとも米国・南米以外は入院患者は各国対応できるレベルになっていることから、こうしたHospitalの話題についてもかつてよりは問題として認識されなくなってきた。

<Infection(感染)について>
ぶっちゃけこれは残りの話題を全部から引いた分というだけなので、これはあまり何かを示唆していると考えてもしょうがないと思う。
 
以上を踏まえて経済や相場で考えられるヒントを考えてみよう。

・コロナウイルス自体はバタバタ人が死ぬ未知なる病気ではなくなってきているので、3月暴落のような何もかもが暴落するようなことはなさそうだ。
・経済再活動ネタはもう残っていない。
・現状政策実行者が発表している以上の経済活動抑制緩和はすぐには期待できないので、未だ回復が見えない銘柄はやはり避けた方がいい。
・隔離についての議論が一向に減らないことを考えると、国際便での航空往来が本格的にすぐ再開する目処は立っていない。
・ワクチンはまだ期待できないのでワクチン報道での相場上昇は売りタイミング

ざっとこんなところであろうか。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】