FRB、たばこ大手やバークシャー子会社の社債を購入

以前にFRBは独自に設定したブロードマーケットインデックスに沿って社債の購入を決めていくと記事にしたが、そのブロードマーケットインデックスについても下記のように開示がされていた。

<参考リンク先>
Most Recently Published Broad Market Index

単純な銘柄数で800銘柄近くにおよぶインデックスになっており、銀行以外の銘柄で残存年数が5ねんいないぐらいのもので満遍なく構成されていると思われる。
銘柄の中にはフォードとかアパッチみたいなもう完全にジャンクに沈んじゃっているじゃないかという銘柄も一部いれられているが、あくまでインデックスなので実際に買うのかどうかはこの段階では不明であった。

そしてこの度FRBがセカンダリー市場での社債買い入れプログラム(SMCCF)の途中報告が出てきたので、どういった銘柄を買っているのか見ていきたい。

<社債買い入れリスト一覧>
SMCCF Transaction-specific Disclosures (XLSX) 

タイトルなし


ポジション内容を見てみると結構満遍なく買っており、まあ借り換えさえできるなら普通大丈夫ですよねっていうAT&T・コカコーラ・ペプシコとかから、それジャンク片足突っ込んでるんですけど的なフォード、お前正気かよ的なマリオットやハイヤット社債まで買ったりといった感じだ。
見た感じやべー銘柄だなって思えるのはボーイング・フォード・ハネウェル・マリオット・ハイアットぐらいかなという印象だ。
買い入れは一日あたり200本前後ぐらい16・17日と行っている形跡があり、一銘柄あたり2-7本の範囲でばらばらっと買っているようだ。
17日には16日に購入しなかった新規ネームを購入し始めており、トヨタなども買い入れに入っている。

<17日に買い入れている銘柄>
タイトルなし


ETFのポジションは下記のとおりである。

タイトルなし

ざっと6/16時点ですでに68億ドルもの社債ETFを保有しており、そのうちLQDだけで25%、VCIT・VCSHとそれぞれ20%前後ぐらいを占めておりこの3銘柄だけで半分以上を占めている状態になっている。
なお、ハイイールド社債ETFもANGL・HYG・HYLB・SHYG・SJNK・USHY・JNKと購入しているがJNKとHYGが買い入れ内容のほとんどで残りはまあおまけみたいな買い方である。
JNKとHYGで合わせて6.5億ドルということもあり、ハイイールド社債ETFの購入量は社債ETF購入量全体の10%ちょっとぐらいというイメージ感になりそうだ。
社債ETFもトレードの日付・量・単価・合計購入金額が開示されているので、ちょっとこれは一度データをまとめてみて該当ETFの出来高と比較してみると面白いデータが作成できるかもしれないので、後日行ってみようと思う。
なお一日の買い入れ金額量は市場の状況によって1-3億ドルの範囲で推移しているが、こちらも値動きと買い入れ量の変動について少し計算してみようと思う。

こうした背景からFRBによる社債買い入れで足元3-5億ドルぐらい1日あたり神の手が社債市場に入っていることが観察される。
相場が崩れる時はこれ以上の売りがどんとぶつかってくる時だろうが、それがいつなのかどういうプレーヤーが売りそうなのかはじっくり考えておきたいと思う。

またクレジット関連から相場が崩れるなら買い入れ対象のLQDやHYGでなく、BKLNからではないかと予想している。 
 
最大50,000Tポイントが貰える 第2回SBI証券のポイント投資ご紹介キャンペーン