サウジが追加の自主減産表明、日量100万バレル

やっぱりビンサルマン氏は馬鹿なんではなかろうか。

ご存じの通り3月の暴落のうちの一つの要因としてOPECの減産交渉決裂が要因になっていた。

<過去参考記事>

サウジアラビアの原油増産の選択肢は相場にとって最悪の行為


サウジアラビアは条件反射みたいにじゃあ増産してやるとかいうわけのわからないムーヴをした挙句、OPEC自体の信頼性を低下させる大きな事件となった。
しかしその後結局4月に入ってから各プレイヤー耐えられなくなったことから、米国・ロシア・サウジア間で何かしらの交渉が行われ、ここから態度が翻る形となった。
噂ではロシアは米国が邪魔していたノルドストリーム2の許可を得たというのがまことしやかに噂されている。
一方でサウジアラビアは何を得たのだろうか?
おそらく何も得ていない上に、米国のサウジに対する信頼感も低下しているように思われる。
そして何もリターンを得られなかった挙句、なんとか財政を少しでも維持させるためにVATを5%から15%に増加させるという暴挙にも出た。

<参考ニュース>
サウジアラビア、歳出を大幅削減 原油安、付加価値税を増税

これと併せてさらなる日量100万バレルの減産にも言及している。
これを考えると、状態としてはOPEC決裂前にサウジに期待されていた減産幅を履行したことと同じ状態になっている。

結局総括すればサウジアラビアは短絡的な思考でいたずらに無為な時間を過ごし、世界各地の備蓄タンクを満杯にして原油価格の下げ足を速めた挙句、何もリターンを得られなく自分へのダメージを深刻化させただけであった。

このような失策が続くと下手するとビンサルマン氏の地位も場合によっては危うくなるのではないだろうか?
もちろんその間に対立派を逮捕・資産没収・拷問・処刑にかけて潰すというやり方を行い粛正するだろう。
そういったニュースが出始めてサウジアラビアという国の体制自体が揺らいだ時、本当の原油高という現象が生じるかもしれないと、近い未来ではないものの可能性だけは頭に入れておこうと思う次第だ。

なお足元の原油価格については少なくとも世界各国の備蓄タンクの備蓄量が減少し始めるというところが見れないとOPEC交渉決裂前価格に戻ることはないだろうと推察している。
なぜなら上記で書いている通り、サウジアラビアが二度と取り戻すことのできない貴重な減産交渉時間を無駄に費やしてしまったからだ。
その咎はしっかり受けてもらおうじゃないかというのがマーケットの総意のように見える。


サウジアラビアを知るための63章