Turkish lira nears all-time low as foreign exchange reserves fall



これは終わったとしかいえない。

<トルコリラ円のチャート>
タイトルなし




色々チェックするものが多すぎてトルコのことなんて半分忘れていたのだが、ニュース報道がきなくさいものばかりだったので久しぶりにトルコの経済指標を確認した。
トルコの外貨準備高の推移を見ているが本当にこの国はやばいことが起きているとしか思えない。

<トルコの外貨準備高推移>
タイトルなし


上記外貨準備高は3月までの数値なので、より詳細な直近外貨準備高とか調べると500億ドルちょっとしか存在しないので上記より状況は加速度的に悪化している。
トルコは月次の輸入金額が概ね180-200億ドルする国なので、ひとつの閾値である輸入3か月分という安全ラインをがっつり割る状態になっている。
しかもソースによって外貨準備高はかなり異なる。
これはトルコ当局が銀行が保有する外貨を準備高に組み込めるようにスキームを画策したり、今まで公共工事をリース形式で外貨支払い繰り延べたりしているので、おそらく見た目よりずっと外貨準備繰りは苦しい。
このようにこの国が外貨準備高を減らしている原因は以下が複合的に組み合わさった結果である。

・少ない直接投資・多い証券投資でがっつり証券投資が抜かれている
・輸出するものが少なく、若年層が多くて常時経常収支が真っ赤
・隣国のシリア情勢の緊張で地政学リスクが最高に高い
・エルドアン大統領の暴走独裁
・無駄に利下げを連発してトルコリラ保有の魅力を下げている

そしていよいよトルコにいる外資系金融がトルコリラFXの取引を当局から停止を命じられたこともあり、日本でも複数のFX会社がトルコリラは新規で玉を建てられなくなりましたと発表しており、完全にキャピタルフライト制限になり、今まで自由に触れていたトルコリラはもうお亡くなりになってしまった。

次にトルコでは何が起こるだろうか?
既に外国人投資家はもうほとんどトルコリラから脱走はしたものと思われる。
そうなると次に起こるのはやはり自国民アタックだろう。
自国民アタックとは自国民が手元に持っている自国通貨に価値がないと悟り、集団で外貨両替コーナーや金宝飾店に駆け込みが発生して無限に売りが生じる事態である。
もうこうなると金融当局が講じれる対策なんていうのはゲバ棒振り回して殺到する人達を暴力で鎮圧するしかなくなる。
結局新興国はこうした外貨帳尻が合わなくなるリスクと常に隣りあわせなのである。

<過去参考記事>
新興国経済を見る上で重要な「国際収支の天井」という概念

今までこのブログでは幾度となくトルコ資産については警鐘を鳴らしてきたが、こういう形で劇的な終焉を迎えるというのは残念でしょうがない。

<過去参考記事>

どさくさに紛れてトルコ周辺で地政学リスクが大爆発

 

トルコリラ安の種がまかれはじめる


トルコリラは米国経済制裁懸念とシリア紛争懸念で再び正念場


トルコのイスタンブール市長選結果のまとめと今後の動向予想


ついにトルコのエルドアン大統領が経済政策で暴走し始めた


【ヒロセ通商】1000通貨からできるFX