ブラックロック決算資料

四半期恒例行事レビュー。

さてさっそくだがブラックロックの決算資料に乗っている投資家動向を確認したい。

<ブラックロック決算資料>
タイトルなし


まず個人の動向だが、じわじわと資金の積み上げは行われているが、まだ勢いは一番強かった2018年1Qの半分程度であり、まだ個人投資家は乗り気になっていないことがうかがえる。
しかもどうやら買い主体はアクティブフィクスドインカム商品ということで、決して株に資金を投じているようには思えない。
法人投資家もやはり金利が低すぎる・株価が高すぎるということもあるのかもしれないが、必ずしも売ってはいないもののアクティブファンドを少し積んではいるが2019年2Qのような大胆さはあまりうかがえていない。
これも株ではなくフィクスドインカム商品やマルチアセット中心ということで、マルチアセットの流入金額が気になるところだが開示がなく、正確なところはわからない。

しかし、やはり注目すべきなのはETFの方だろう。
2018年4Qはがーっと相場が金利上昇と米中貿易摩擦で下がっていったことから、無限ナンピン覚悟で買い向かっている人やプログラム的に逆張りしていくプレーヤーなどがこぞって買ったということでなんとなく納得のいく動きとなっていた。
一方で2019年4Qはこの2018年4Qに匹敵するレベルの資金が流入しており、もはや先ほどの個人・法人投資家のファンド購入レベルとは違うレベルで資金が流入している。
(ただし4Qはキャピタルゲインの再投資も入っているのでQ-on-Qの比較はそこまで重要でない)

そうなるとこのETF資金流入についてもう少し掘り下げていく必要性があるように思われる。
テレカンファレンスを聞くとETF動向について、特に強調されているのがフィクスドインカムETFへの資金流入と感じる。
最近この流れはとくに感じていて機関投資家がフィクスドインカムETFの便利さに気づいて多用していると感じる。
理由としては債券はものによると最低投資単位が株式と比べ物にならないぐらい大きいことからそもそも大きい金額でないと細かいアセットアロケーションを行うことが難しいのだが、ETFを通じてやればもっと機動的に売買できるし、場合によってはオプションや空売りも可能だ。

そしてブラックロックのウェブキャストを聞く限り、フィクスドインカム・イリクイディティ資産・マルチアセットに資金が投じられているといわれており、純粋な株式流入についてはあまり語らなかった。
ということはバブル度合いを測る上で足元で重要なのはこのフィクスドインカムと流動性の低い資産(CLOとかだろう)の状況を観察することがますます重要な性格を帯び始めているということだろう。
 
ちなみに過去決算状況は下記のとおりである。

ブラックロックの決算から見る投資家動向(2019年3Q編)


ブラックロックの決算から見る投資家動向(2019年2Q編)


ブラックロックの決算から考える1Qの相場動向の要因


ブラックロックの決算から見る相場のヒント(2018年4Q)