報告忘れていたので、いまさらながら。

以前にナスダックについては一部売りを行っていたが、その後について売って得られた資金の一部を使いサイバーセキュリティETFを購入した。


元々投資テーマの一つとして考えていたのだが、2019年後半はナスダック指数ばかり見ていたということもあり、ずっと見送っていたが相場自体が徐々に煮詰まってきていて次の投資テーマを考えなきゃいけないなあと思ったところで、そういえば考えていたなということで改めて再検討し、今回決めた次第だ。

元々投資テーマとして考えていた理由としてはクラウドビジネスが伸長していく中で、よりITセキュリティーの重要性は高まるだろうという至極単純な思考をしている。
中国のIT成長による脅威増加も理由の一つに加えてもいいかもしれない。
ただし、IT大手自体(マイクロソフトやグーグル)が一部はセキュリティを提供するということもあり、だったらマイクロソフトやグーグル買えばええやんという流れだったが、すでにこれら銘柄が相当程度高くなってきてそろそろ違う銘柄にも資金が配分されていくのではないかというすけべ的観点を持っている。

ただ正直にいうと個別銘柄での良し悪しは正直そこまで知見があるわけでもなく、しかもこういったサブスク系銘柄はPERでも割安割高を見分けることが不可能であるため、もうここはバクっとETFでポジションを作ってしまおうという方向で決めた。
この考え方については以前記事で書いた通りである。

特に個人的な買いの決め手となったのは12月終り頃から断続的に大きい買いが入ってきており、ようやくポジションを真剣に構築し始めてくる人が出始めたなと感じ、ここで試し買いをしてみようと思った。
まだ買われ始めてから日が浅く、上昇幅もまだナスダックに出遅れているということもとりあえず打診買いしてみようと思った理由の一つだ。
なお、サイバーセキュリティETFにはHACK USとCIBR USと二つETFがあるが、CIBRの方はシスコシステムが6%も入っており、銘柄分散が足りないと判断しHACK USの方を購入することにした。
銘柄保有状況については各ETFの運用報告書などを見れば開示があり、分散度合いがわかるのでそちらで確認してほしい。

<HACK US(サイバーセキュリティETF)のチャート>
タイトルなし


<足元のポートフォリオ>
タイトルなし