Trump administration nears decision on LNG shipping by train

少しコストをかけてもいいから輸送最優先ということですかね。

米国州政府がどうやら天然ガスの輸送について、今まで許可をしてこなかったLNG化しての鉄道輸送を許可するという報道が出てきている。
現在米国シェールガスは天然ガスの輸出がパイプライン不足の問題で輸送ができず、これにより米国内において強烈な天然ガス価格安を招いてしまっている。
米国内の天然ガス価格については下記のようなヘンリーハブ価格を見れば一目瞭然だろう。

<ヘンリーハブガス価格>
タイトルなし


原油価格は緩やかだがその価格平均値をあげてきているにもかかわらず、米国内天然ガスはたった2.1ドル/BBUとこれじゃあシェールガス業者は採算保てませんなという感想しか出てこない。

そこでこれだけ天然ガス自体が安いなら、多少コストをかけても輸送してアジアに輸出できるようにすれば採算とれるんじゃないかという動きが米国で見え始めており、これがLNG化して鉄道に積んで輸送するという発想に至った背景だろう。
それにどうにか生産した天然ガスをどうにかこうにかして売らないと、デフォルトしてしまうというシェールガス生産業者もわんさかいるわけで、そういった苦境にあるシェールガス業者の食いつきそうな話である。

個人的には少しこの動きには注目しており、全く今まで考えてこなかった相場材料が出てくる可能性を感じている。
この文章だけ読むと
・米国の鉄道輸送需要の増加、それに伴う鉄道エンジンの需要増加
・LNGタンク需要の増加
・米国内天然ガス価格の一定程度の割安是正

こういった新しい投資テーマ的なのも生まれてくるのではないかと少し感じている。
ただし、留意点としてはじゃあいつ許可が正式におりて、いつ積み出し可能になり始めるのかということ、そもそもLNGタンクは昨今の景気減速や中東の緊張感の高まりで全体需要が弱含みしていること、エンジン自体が世界的には貿易不振や中国の不動産販売が従来よりゆるやかであることから、投資テーマ自体の示現性やファンダメンタルズが弱い。
一番可能性があるとすれば米国内天然ガス価格の割安是正かなとも思えるが、結局は本当に許可がおりるのか、それがいつになるのかということ次第だと思われる。
あとはやむを得ず的な対策ということもあり、シェールガス業者の利益体質が上記施策がすぐ実行できたからといって改善するかどうかというのもすぐには判断しづらいところだ。
本当にシェールガス業者の利益体質が改善してくるならば、CCC格付けにいる利回り10%超のシェールガス企業の社債にさえ投資チャンスがあるということになるかもしれない。
利益体質改善が見えるならば、こうしたシェールガス業者がどこかに身売りするという米国お得意のM&A手法だって駆使しやすいわけで。