バンコク銀、インドネシア銀を買収 2900億円で

タイの経済が成熟しきっていることの証左である。

数ヵ月前からインドネシアのプルマタ銀行について争奪戦が起こっていた。
この銀行はスタンダードチャータード銀行とインドネシア財閥最大手のアストラがそれぞれ45%ずつ株式を保有し、取締役も送って支配していた銀行だったのだが、あらゆる新興国に展開しているスタンダードチャータード銀行が新興国の景気低迷および金融規制強化によって収益性の伸びが見えにくいところや小さいボリュームしか占めない地域については売っていくというオペレーションが行われ、その一環でこの銀行はいらんということで売却俎上に挙がったということだ。
その流れでアストラも保有株を売却するということで、合計90%のプルマタ銀行の売却先を募集していた。

そこで当初手を挙げてたのが三井住友フィナンシャルグループとシンガポール勢のDBS、OCBCであった。
ところが買収金額がそこそこ吊り上がったということでDBSとOCBCは買収を断念。
この2社については元々一定程度のインドネシア営業もできていることから、無理してインドネシアエクスポージャーを取ることもないだろうという判断になったのだろう。

このまま三井住友FGが株を買うので決まるかと思いきや、いきなり横からタイの大手銀行であるバンコク銀行が手を挙げてきて、三井住友の提案から2割さらに上乗せて買収することが決定した。
その金額は上記のニュースでも書いてある通り2900億円である。
しかし、一方でこれはタイの銀行が国内の状況が苦しいということも露呈させている。
タイは昨今の米中貿易戦争の煽りを食らって輸出が伸びず、加えて大量の経常黒字によるタイバーツ高で国内融資が企業融資中心に伸びない状況になってきている。
くわえて利ザヤについてもタイ中銀が利下げしていることから圧縮傾向。
手数料ビジネスもちょっと伸びが見られていない。
また、タイ中銀が現在タイバーツ高対応に苦慮しており、なんとかして海外投資を促進して少しでもタイバーツ高状況を緩和したいという考えもあり、各銀行に対しても圧力をかけているのはなんとなくだが想像できる。

上記のようにアジアの中でも銀行買収合戦にタイの銀行が加わったというのは、タイの経済自体の伸びしろのなさを露呈している以外の何物でもないように思える。
中間所得の罠に陥っているようにも見えるし、新しい産業セクターの成長が見込みづらいということもあり、タイ株を自由に投資できるとしてもあまりやる気は起きないなあと思う。
またバンコク銀行については本当にこんなクソ高いバリュエーションでインドネシアの銀行なんて買って経営管理ができるのだろうか、そもそもタイの銀行って国外のオペレーションマネジメントなんてやったことないだろという大きな疑問があり、株式投資家もこれを疑い株価が買収の噂が出てきた時点で5%も下がる状態となっている。

一方でタイバーツ高というのは大量の経常黒字・貧弱な海外投資体制の間は続く可能性が高いので、タイバーツ高狙いの投資というのは引き続きワークしそうな気がする。