香港、デモ激化で教育機関を休校へ 大学構内で衝突も

武力を持たない反政府行動は通常成就しないが。

香港でデモがより過激化しており、
ここでは途中経過では何が起こるのか予想が難しいが、最終的な帰結がどこに向かうのか考察しておきたい。
普通はこのレベルだと武力鎮圧されるのが一般的だ。
理由としてはデモ側に政府をひっくり返すほどの武力がないからだ。
政府をひっくり返すにはどうしてもそれを上回る武力が必要だ。

反政府側が武力を得るにはいくつか選択肢があるが
1、軍あるいは警察組織が政府を見限り裏切る
2、反政府側自体が自力で政府側を上回る武力組織を保有する
3、反政府組織を支援する外国から武力を調達する
大体はこの3つのうちのいずれかになる。

上記いずれももたない場合にはいくら国民が不満を持っていようが通常は政府をひっくり返して革命を成功させることはできない。
その一番の例はベネズエラだ。
ベネズエラはあれだけ政府の失政によって国民が食うのにさえ困る状況に陥っているにも関わらず、政府と完全に癒着してしまっている軍が寝返らなかったことからマドゥロ政権は未だ存続している。
一方でボリビアの場合は政府の軍へのグリップが非常に弱かったことから、あっさり軍に裏切られてモラレス大統領はメキシコへと亡命していった。

さて香港に話を戻そう。
香港のデモ隊が仮に香港政府をひっくり返せるとすれば選択肢1しか取れないことは明白だろう。
選択肢2はそもそも香港にいる金持ち達がそんなやる気はないので政府側を上回る武力組織を保有するのは無理だ。
選択肢3はイコール米国が支援してひっくり返すことになるが、それはリアルで中国と戦争を行うことを意味してしまうので、米国政府でさえ取れない選択肢だ。
となれば香港政府傘下の警察組織が政府を裏切るように裏工作をするしか、現実的に香港政府をひっくり返して民主化達成を行う方法はない。

しかし現在のリーダーのいないデモ隊側にはそういった大人な工作ができる人がおらず、ただ破壊行為を繰り返しているという状況になってしまっている。
現状香港の警察組織が裏切るようなそぶりは一ミリも見ることができない。
そうであれば暴動が臨界点に達した時に起こることは大規模な警察組織による暴力鎮圧であり、多数の負傷者と死者を出した挙句、デモ隊の要求事項は達成できずに終わるだろう。
また武力鎮圧後は障害がなくなることから中国による20数年後を見据えた統合政策がより一層強まっていく。

それが果たして現在デモ活動を行っている若者達が望んだ結末なのだろうか。
誰も幸せになれない結末を迎えるとしか個人的には思えなくなっている。
反政府的行動が自分が正しいと思う信義に基づいたものだとしても、その願いを成就するには冷静に現実的かつ狡猾な手法を取れるリーダーしかできない。
逆にさっそうと米国に渡って援助を求めたジョシュアウォンなどの行動はただただ香港警察の神経を逆なでしたにすぎないように思える。
また一般香港市民も決して政府支持ではないものの、デモ隊のせいで飯を食えない状態にあり、デモ隊に対しても不満を募らせ、衝突が増加していく可能性もある。

あとは投資家としては最終的な結末は見えるとして、その間に起こる過程とリスク資産動向について考えておく必要性はあるだろう。
それかもう開き直って暴落したら買い増すぐらいの不貞寝投資決め込むかのどちらかだ。