メルカリ株がストップ安、見えない「メルペイ」の針路

<メルカリの株価チャート>
タイトルなし


ブログタイトルだけ見ると当たり前のように見えるけど、投資だと気づかなくて死ぬパターンが散見される。

実はメルカリとバイドゥの株価下落は本質は全く一緒だ。

<過去参考記事>

苦しいバイドゥの競争環境とその背景


どちらも飽くなき事業拡大のため・加えて競争に勝つためにキャッシュカウ事業で稼いだ金を、さらにレバレッジを聞かせて投資を行っている。
当の本人達もITビジネスの移り変わりが速いことを知っているし、今のキャッシュカウ事業で金が稼げている間になんとか新しい事業領域を作りたいと思っている。
メルカリなら米国事業とメルペイだし、バイドゥなら動画ビジネス・AI・自動運転だ。

しかしこうした新規ビジネスが中々目を出さず、ただいたずらに資金を垂れ流している。
そこに新規参入者が一気に本丸事業を侵食しはじめ、キャッシュカウ事業が稼げなくなる事態が発生してきている。
メルカリならPaypayと楽天が殴り込んで客と出品者の取り合いを繰り広げている。
バイドゥも検索ビジネスにおいてアリババが殴り込みをかけていることに加えて、Tiktokにも広告ビジネスを取られ始めている。

投資家はこうした落ち目の企業に対してはどのように株価バリュエーションを行うのか?
一番の肝は出血を止めるためにどれぐらい損失を出す必要性があるかということだ。
例えば元々のキャッシュカウ事業の頑強さが強ければ、多少大きめの損失を出しながらの撤退でも投資家はその株価の適正なバリュエーションはこれぐらいだろうという算段をつけやすいので、株価は1/10とかひどいことにはならない。

しかし以下の2点の場合には株価は平気で1/10とかの水準になることには注意したい。
・本丸のキャッシュカウ事業が他社に食われ始めているか急速に縮小している
・元のキャッシュカウ事業に対して投資があまりにも大きすぎる(これはライザップが当てはまる)
なぜなら投資家が本当に企業として立て直しができるのかどうか全く自信が持てず、どこがバリュエーションの底なのか計測することもできないし、下手するとデフォルトという憂き目にあう可能性でさえ否定できない。
事業からの撤退においては手を広げすぎてバランスシートにのっかっているクソみたいな資産の減損が必要になる。
その減損に耐えるために必要なのが、元々のキャッシュカウ事業の利益であり、これがないと減損のたびに大幅に資産が痛み、最終的には誰が見ても立て直し不能レベルのBSの状況になる。

ここで同様にラインとも比べてみたいところだが、状況的にはラインの方がいくらか状況がましだ。
ラインはキャッシュカウ事業のところで侵食されているのが今のところは見えないので、変に手を広げている超絶センスないFintech分野から撤退しても、おそらく企業体を維持できる。
そう思っている投資家も多く、今のところラインは上場来横ばい程度の株価を維持できている。

一方でメルカリはどうだろうか?
未だ米国事業は収益化できる目処はほとんど立っていない。
メルペイも赤字を垂れ流しているだけで、こちらも〇〇payみたいなのが乱立する中で数年以内に黒字化するのも目処が立たない。
そんな中本丸事業がやられ始めている。
どこかのタイミングで無駄に高い社員給料についてメスを入れざるをえなくなる。
メルカリは業界では非常に先端技術の取り込みが速く、技術的には超一流と言われている。
しかし、問題はネット西成とも呼ばれる非常に小さい市場かつ参入障壁がほとんどないに等しい領域でその技術が効果をだせていないことにある。
個人的にはそれだけ技術力があるならEコマース開発下請けみたいなビジネスやればとりあえず潰れることはないんじゃないかなと思う。
しかし、それでは現在の超高給で雇っている社員のモチベーションを維持するのは難しいし、優秀な社員から人が辞めていく可能性が高い。
そうなったらもう企業体として体を成していない状態に陥り、あっという間に根本から崩壊しかねない。
そうした危険を察知している投資家が適正なバリュエーションを計算できないことから株価がいつまでたっても底打ちしないのだ。

そもそも最近の勘違いIT企業がちゃんとビジネスモデル考えずにあらゆる方面に手を出して、お前それほんとに黒字化させるストーリー作れてんのかよというものが増えており、こうした兵站が伸び切って足元もろとも燃え尽きるタイプの企業の増加が懸念される。