アップルの第4四半期決算、ウェアラブルやサービスが好調



ハードウェアセクターにはいるのかコンシューマーステイプルセクターに入るのか。

アップルの株価については足元ではEPS成長よりも、アップルという企業自体がハードウェア製造セクターに入るのかコンシューマーステイプルセクターに入るのかという議論が熱くなっている。
スマホ市場自体が既に成熟化しており、スマホ販売自体は伸びにくくなっているということから、アップルの直近のビジネス戦略は以下にiPhoneの売上高を上げるかではなく、iPhoneを軸にして付随品の販売・サブスクリプション的なサービスの売上を上げていくかの方に軸足を置きつつある。
それは既にアップルペイやクレジットカード、アップルTV、アップルウォッチ、エアポッドなどに注力していることからもそれは読み取れる。

今回の決算ではiPhoneの売上は停滞していたが、これら付随品・サービスの売上が上がってきているということが評価されて株価が上昇している。
なぜEPSが停滞しているのに株価が上昇しているかというと理由は下記のようになる。

今までアップルはiPhoneを製造・販売するハードウェア企業だと市場は認識しており、そのセクターのPERは15倍ぐらいが適正ということもあり、そのぐらいの評価が妥当だと市場は認識している。
しかし、iPhoneの販売台数のボラティリティよりも読みやすく、かつ安定的なフリーCFを多く生むであろう付随品やサービスの売上比率が高まってくると、実はアップルはハードウェアセクターではなく、コンシューマーステイプルセクターに属するのではないかと市場の認識が変化してくる。
コンシューマーステイプルならPERは25倍でもいいと考える人が多いので、そうなるとEPSは変化せずとも、ビジネスの中身の変化でPERが上昇し、株価は上昇するということになる。
まさにアップルはこのビジネス構成を変化させることができるかどうかの瀬戸際におり、だからこそ市場も本当にうまくいくのかどうかよくわかっておらず、PERは20倍というどっちつかずな位置にいる。
(まあリスクがない状態だったら既にPERは25倍になっているわけで)

なので今後のアップルの株価評価はiPhoneがどれだけ売上伸ばせるかではなく、iPhoneは販売状況を維持させながらいかに付随サービス事業を拡大させていくかの方が重要視されてきているということになる。
付随サービスの事業展開を失敗した場合にはPERは15倍になるので株価は平気で2割ぐらい下がるだろうが、逆にサービス事業の拡大が順調に進めばPER25倍へ株価評価は変わってくるだろう。
またアップルはこの過渡期での株価変動を大量の自社株買いで打ち返すというやり方をしているというのもアップルの株価動向においては言及しておきたいと思う。