FTでは1996年には年間上場数が700件あったのが2017年はたった100件しかなかったことを指摘しており、昨今年金ファンドによる未公開株の囲い込みがひどいことを記事にしている。
年金ファンドは昨今の金余りのせいか非常に大きな勢力になっており、特に今までは透明性確保のために債券や上場株といったものがポートフォリオの中心だったが、それでは目標リターンを出せなくなってきたことから未公開株投資、いわゆるプライベートエクイティファンド的な投資を拡大させるようになってきた。
これは自分達でそういった投資の仕方をするのと、PEファンドに委託する二つの方法が混在している。
個人的にはこの行為が上場直後が株価最高値になってしまう、いわゆる上場ゴール株を増加させる原因になっていると考える。

それはなぜなのか?
少なくとも20年とかいう超ロングタームで資金ファイナンスができる年金ファンドは自分の資金繰りが苦しいとかいう理由で未公開株を売るという行為はしない。
年金ファンドが未公開株を売却する時というのは「目標となるリターンを確保できた時」あるいは「この会社のバリュエーションはもう最高値にある」という状況だろう。
昨今の目標リターンを出すのに苦労している状況を考えれば年金ファンドが未公開株を上場させて資金回収する時というのはもうこの会社のバリュエーションは伸びないと大口投資家側が想定していることが主な理由になるだろう。
年金ファンドではないがソフトバンクのビジョンファンドはまさにこの典型例で、バリュエーションが伸びる間は決して株を売らないが、もうバリュエーションが伸びないと思えばしれっと上場させてバリュエーション的には超絶割高株を投資家に押し付けるという本来の上場意義である「幅広く投資家を募ることによって事業を拡大させる資金を得る」とは全く違う使い方をしてしまっている。
だからウーバーもリフトもスラックも全部上場後すぐに公開直後価格から2割も3割も下がるといったクソみたいなパフォーマンスを叩きだすことになっている。
しかしこのことがもう市場に周知されていることによって少なくともビジョンファンドが上場させる案件についてはかなり警戒感が強く、そのためウィーワークはIPOさせてイグジットすることに失敗した。

話は戻すが、事業会社は事業会社で公開して色んな人にいちゃもんつけられるよりは未公開株のまま少数の投資家と対話したほうが楽だし手間もかからないと考える人が多く、こうした背景もPEファンド主体に未公開株が囲われている原因になっている。

というわけで従前よりもやはりIPOの質は明らかに悪くなっており、上場した直後に株を購入することは養分以外のなにものでもなく、公募で株が当たらない限りはセカンダリーで株を買うのは上場して何回か決算を確認してからで十分だと思われる。
少なくとも上場した直後に決算すべらせるような企業については経営者が交代するまでは決して触るべきではないと思う。