ソフトバンクG、WeWorkに50億ドルの緊急支援を計画
WeWorkの資金調達でバンカーと投資家奔走、来月にも資金枯渇か

自分達の保身を考えて調達先を複数模索している時点で、かなり余裕がある。

ウィーワークが11月には手元資金が枯渇するだのなんだので、資金繰り懸念が噂されているが、今ウィーワークが模索している資金調達状況を見るとすごく余裕があるように見える。

現在ウィーワークは二つの資金調達方法が見えており、一つはソフトバンクによるおかわり5000億円資本注入。
この手法は最も安易かつソフトバンク側も出す気でいるため、この手法を取るのはすごくイージーなのだが、噂によるとこれをやるとウィーワーク経営陣が保有する株に対して大幅な希薄化が生じるスキーム(あるいはDIPファイナンス?詳細は不明)になっているとかいう噂もあり、ソフトバンクからの出資の受け入れはウィーワーク経営陣の資産価値を限りなくゼロに叩き落す結果になる可能性が高いんだそうな。

一方で現在JPモルガンと模索している資金調達案はエクイティでの調達ではなく、新しく社債を発行してファイナンスしましょうという案だ。
ただし、ご存知の通りウィーワークの手元現金自体は非常に薄い上に営業CFがマイナスであるため、普通の調達は難しく、PIK債という債券の利払いを債券で行うという資金繰りギリギリの会社や債務再編案でよく出てくる手法を取ろうという案も出ている。
ただし、このJPモルガンの案は経営陣の株希薄化は起こらないが、PIK債の利回りが実質15%になるという話もあり、こちらは資金繰りは瞬間風速的には改善するが、債券の償還前に財務状況の整理が間に合うかどうかわからないのと、まだ最終需要がどれだけ集まるかが交渉中のため不明。

個人的にはこのニュースを見て、ウィーワーク側は最悪ソフトバンクがケツ持ちしてくれることは確信しているっぽいが、一方で自分の持ち株の価値が大幅に下落するのは嫌だという駄々をこねてソフトバンクからの資本注入以外の資金調達方法はないかと模索しているなと感じる。
つまりウィーワークはぎりぎりの資金調達を模索しているわけではなく、それなりに余裕を持った資金繰り模索状況だなと思う。

本当に切羽詰まっている会社はJDIのように、資金調達させてもらえる先が限られてしまい、選択肢がほとんどないという状況が常だ。
でもウィーワークについては、どうやらソフトバンクの孫氏がお熱のようで、すごい肩の入れ様をしていることから、いきなり資金調達ラインが切られるという危機感はないと思われる。
それにソフトバンク側もウィーワークを死なせてしまい、ビジョンファンドにダメージを与えてしまうのは本望ではないし、デフォルトさせてはいけない事情もある(そこらへんは過去記事参考)
というわけでウィーワークについては最終的にはどこかしらから資金を引っ張ってきて、存続する可能性は非常に高く、特にウィーワークのせいでマーケットが崩れるとかそういうことは今は考える必要性はないものと思う。