クルド人組織、シリア政府が支援で合意 トルコの進攻で

シリアの混乱がいつまで終わらないのを端的に表している

以前に記述した米国がクルド人勢力を見捨てたことについて、まだ時間的猶予があるかと思っていたがもうほとんど米軍は撤収したということらしく、状況が非常に流動的になっている。

<過去参考記事>

トルコリラは米国経済制裁懸念とシリア紛争懸念で再び正念場


そして独立国を打ち立てようとしているクルド人勢力をなんとかして封じ込めたいと考えているトルコがクルド人勢力に向かって軍事侵攻したところまではフォローしてきた。
しかしここでなんとクルド人勢力がアサド政権(現シリア政府)と協力するという報道が出てきて度肝を抜かれるようなニュースが出てきた。
情勢よく知らない人にはなんで昨日まで戦争してたやつらが協力することになっているんだとわけわからないことになっているだろうが、少し調べていればまあ選択肢としてはありうるけどという感想が出てくる案件だ。
こういうことが起こるのはこのシリアでの戦争というのは各人が全く違う動機で戦争に参加しているからである。では各人の動機を記載してみよう。

シリア政府・・・アサド政権の存続・維持(生き残り)。イランとロシアの支援を受けている。
クルド勢力・・・生存権の確保。自治区を作りたい(生き残り)。米軍の支援を受けていたが見捨てられる。
シリア政府に協力しているイラン・・・同じシーア派であるシリア政府存続の支援して、シーア派勢力の確保(宗教的理由)
シリア政府に協力しているロシア・・・中東圏での影響力確保および地理的に近いのでイスラム過激派の封じ込めを行いたい(治安的な理由)
IS(イスラム国)・・・自治権の確保(生き残り)。サウジアラビアやトルコなどの沿岸諸国の支援を受けている。
ISを支援しているサウジアラビア・・・スンニ派勢力の拡大およびシーア派勢力の弱体化(宗教的理由)
トルコ・・・エルドアン大統領一派は金儲けのためにISを支援。および独立懸念のあるクルド人勢力の殲滅をしたいが、今までは米軍が支援していたため、NATOの一員であるトルコは攻撃できず。
米国・・・イランがバックについているシリア政府の殲滅、イラクの脅威になっているISの殲滅。目標達成のためにクルド人勢力を支援してきたが、ここにきて見捨てる決断をする。

上記のように全員利害がばらばらであり、はっきりと対立しているのはシーア派とスンニ派勢力だけで、あとの敵対関係は実は結構ふにゃふにゃであり、生き残りのために戦ってたり自国のセキュリティ確保のために首を突っ込んでいるだけだったりする。

そしてここにきて米国がクルド人勢力を見捨てたことによって地政学のパワーバランスががらりと変化した。
トルコ政府は遠慮なく米軍の後ろ盾がなくなったクルド人勢力を叩くことができるようになった。
しかし、戦闘地域はシリアであり、これはシリア政府が自国領土だと考えている地域への攻撃でもある。
そこで昨日まで敵同士だったクルド人勢力とシリア政府が手を組むことにしたということだ。
シリア政府も状況はギリギリなので、トルコ軍と正面からぶつかるのは危険だと考え、クルド人勢力をデコイにしようと考えているのだろう。
もちろんこれでクルド人勢力がトルコ軍に勝てば今度は後ろからシリア政府軍がクルド人勢力に圧力をかけてくるだろう。
このように構造的に各人の軍事力が均衡する中、敵対関係がころころ変わっていつまでもどの勢力も消滅しないことから終わる雰囲気が見いだせない状態になっている。
もちろんシリア政府の参入によってトルコリラをはじめトルコ資産には下落圧力が加わるだろう。

果たして今生きている人達が寿命が尽きるまでに終わるかどうかさえよくわからない。