ブレグジットは山場を迎えた? 英議会で4日起きた5大事

ごり押しポピュリズム政治ができるのは米国ぐらいしかないのではなかろうか。

米国は今でも世界一わがままが言えて、そしてパワーのある国だ。
だからトランプが無茶苦茶なことを言って脅しをかけても、他国はその言動を真剣に聞き、どう対処しなければ頭を抱えながら交渉する必要性に迫られる。
米国は内政はともかくとして、外交については言っていることが無茶苦茶なポピュリズムでも他国よりずっと実現ハードルが低いので、国内にて外交の失敗を咎められることは他国よりずっと少ない。

しかし英国は違う。
あくまで先進国のうちの一ヵ国に過ぎず外交において自国都合のわがままはそうすんなり通らない。
今回のBrexit騒ぎはまさにそれに直面した一番のケースだろう。
新しく首相になったボリスジョンソンはいわゆるBrexitのスピアヘッドだが、何分主張が極端なため、まずそのわがままがそのまま外交成果につながらない。
EUにとっては首相がボリスジョンソンになろうが英国のわがままに付き合う気などさらさらなく、ボリスジョンソンのわがままは簡単につっぱねられる状態になっている。
そしてそこから妥協点を見出そうとしないジョンソン首相に対して呆れた与党議員でさえ造反を見せたことにより、野党+造反与党議員で離脱法案延期の可決もしてしまったし、総選挙提案も支持を得ることができず、ジョンソン首相の議会を閉会させて動きを封じ込める作戦は失敗に終わり、首相生命は既に縮み始めている。

野党と造反与党議員はこのままではEUとの交渉はまとまらず、強硬離脱になることは避けられないと思っている。
もうこのドタバタが2016年から3年続いている。
外国人投資家からしたらこのちゅうぶらりん状態はたまったものではない。
強硬離脱になるならなるで決着がついているのであれば、それに従い投資計画を立てることができるが、なるのかならないのかわからない状態が何年も続いてしまうというのでは重要な決断をすることは難しい。
加えてもしジョンソン首相が短期でその政治生命を終え、総選挙になった場合には現在の野党が勝つ可能性が高い。
野党率いるコービン党首はガチガチの労働者寄りの政治家ということもあり、企業に対して不利益となる行動を連発させる可能性すらある。

そうなった時、英国にエクスポージャーを持ちたいなどと思う投資家や企業はどれぐらい残ってくれるだろうか?
このままぐだぐだが続くのは英国にとっては非常によくないことだけは確かで、英国Brexit強硬派の政治家は自分達のわがままがすんなり外交では通らないことをちゃんと考えたうえで、考え方をあらためてほしい。