Investor aversion to riskiest US corporate debt nudges yields higher

最近一番気になる動きはこれだ。

ハイイールド社債がどかどか売られる中、相対的にしっかりしているのが投資適格社債市場だ。
しかしじわじわとハイイールド社債と投資適格社債のスプレッド格差が拡大しているが、なぜ投資家はこれを無視している状況なのか?
これは現在の社債市場の投資家動向が大きく関係している。

一般的にはハイイールド社債市場というのは銀行が自己勘定部門で保有するという枠は極めて限られている。ハイイールド社債市場はいわゆるもっとリスクが取れる個人・ヘッジファンドなどが中心であり、年金や銀行の自己勘定部門は一部持っているとしても枠はそこまで大きくない。
そういったハイイールド債市場ではじわじわと売りが広がっており、対国債のスプレッドは米ドル建てハイイールド債市場の格付けBBレンジにおいて4月頭200bps程度が足元で274bps、B格レンジでは昨年9月に300bpsだったものが462bpsと拡大している。
明らかにリスクセンチメントに敏感なマネーは足元のファンダメンタルズの不透明さから一旦リスク資産から距離を置いておこうと引いている感触が得られる。

一方で投資適格社債はBBB格でさえせいぜい136bpsが162bpsに拡大している程度で、米国債金利低下で単価自体は下がっていないので悲壮感はあまり産まれていない。
これは現在の投資適格社債市場のメインプレーヤーが銀行の自己勘定部門であることと大きく関係している。国債金利の低下に伴って銀行は運用先に大きく困っており、償還された国債を順にどこか別の利回りのある資産に配分していく必要性がある。
そこで主戦場となっているのは投資適格社債となっているのだ。
だから国債が償還された分だけ投資適格社債市場に継続的に資金が流入しているため、ハイイールド社債市場と比べてリスクオフの度合いが緩やかに見えるということである。

しかしこの銀行の自己勘定部門マネーというのは非常にやっかいなマネーだ。
市場が荒れて一定程度の閾値をまたいで価格が下落すると、上層部から強制売却を命じられるタイプのマネーだ。
しかしそれが起こるまでは逆に買えと命じられるタイプのマネーでもある。
つまり普通の人から見たときなんで売られないのかと不思議に思うような市場環境でもなかなか買いが途絶えない一方で、下落が起こるときは全員が同じ行動を行うので今後はえ、そこからさらに売るの!?というところまで銀行自己勘定部門の売りのせいで崩れる。

今足元のハイイールド社債市場はその無理くり投資している銀行自己勘定部門とは関係性が薄いので、こちらの方がより市場のリスク実勢を判断している市場だと思われるが、このハイイールド社債市場と投資適格社債市場のスプレッド格差がどのレベルに達したら、あれ?投資適格社債市場のバリュエーションおかしくね?と思われるかがキーポイントになりそうな気がする。