“欧州最強”ドイツ銀行、苦肉のリストラ 破綻すれば「リーマン・ショック」以上 ...

(上記記事は煽り例なのでクリックする必要性はありません)
最近真剣に「ドイツ銀行が潰れる!」と言っている人がいるが、おそらく投資に携わっていない人はニュースとかで流れている「潰れる」という意味を大抵勘違いしている。

普通の人がイメージしているのはリーマンショックの時のリーマンブラザーズのようないきなり会社が清算になって事業が停止するというイメージを持っていると思われる。
確かに一般的な事業会社が潰れるというときは、よくドラマなどである借金が払えなくなり銀行に資産を差し押さえられ、従業員は即全員解雇で閉店ガラガラというイメージで合っている。

しかし銀行についてはリーマンショック以降色々変わっているのだ。
リーマンショック以降、世界各国は無秩序に金融機関が破綻することは世界経済に大きな悪影響を与えることを認識しており、ではどうやったら金融機関が無秩序に破綻することを避けられるのかという制度を作ってきている。

それが足元でいうバーゼル3というものだ。
バーゼル3では銀行業務がどんなことがあっても継続できるように親会社がホールディングス経由の体制を取るか、あるいは法的に銀行が発行する債券について預金などの優先債務に劣後するように仕組み設計されている。
そして各国金融当局は銀行が業務ができないほどドン詰まる前に銀行の破産宣言、いわゆる「お前はもう死んでいる」と宣言をすることができる。
この宣言を受けるとベイルインと呼ばれ、債券を保有する人達の債券価値を金融当局の任意の下、価値を減損させていくことができる。
それによって実質的には銀行の債務を免除していくことによって銀行の自己資本を維持し、少なくとも銀行が通常の業務を継続できるように手当できるように制度化されつつある。

さて、今回「ドイツ銀行が潰れる」というのはこれに当てはめると「ドイツ銀行がリーマンブラザーズのように清算される」という意味ではなく、「ドイツ銀行がベイルインされる」懸念があるという意味合いが正しい。
だから実務的にはドイツ銀行が発行する社債価値が減損されるだけで、ドイツ銀行がいきなり業務停止になるというわけではない。
そもそもドイツ銀行は収益性がひどくて問題になってはいるが、資本については十分な金額を積んでいるため、今すぐ普通社債がベイルインされる可能性はほぼゼロだ。
だからドイツ銀行が潰れると騒いでいる人は基本的に実務をやったことがない素人ということになる。

ただし、一つ注意してほしいことは、一方で発行している債券の中にはこうした金融当局が「お前は死んでいる」と宣言する前に一定程度状況が悪化してきたら利払いを停止したり元本を削ったりできるCoco債というタイプの社債がある。
現在市場関係者が注目しているのはこのCoco債であり、これの利払いを停止するという可能性はそこそこ視野に入っている。
なぜなら株の配当を出している間はこのCoco債の利払いを停止することはできないが、株式の配当を停止すると言っていることから現実的にCoco債の利払いを停止できる状態にある。
投資家はこのドイツ銀行のCoco債の利払いが停止されるかどうかを注目している。