投資適格だけ見てると相場は平穏に見えるけど、アジアのハイイールド社債見るとかなり荒れてるんじゃないかと疑いたくなる。
特にひどい状況にあるのがインドネシアで、発行しているうちの25から30%ぐらいが利回り10%を超えるクズ社債となっている。

以下駄目な銘柄を挙げてみようと思う。

1、Duniatex
これは最近で一番ひどい例で、今年の3月にドル建て社債を起債した縫製会社だが、なんと7月になって利払いができなくなり実質デフォルトとなった。
上場企業じゃないことをいいことに会社情報に関してほとんど非開示で数字がわからなかったことから投資家の反応は遅れ、たった一日で社債単価がオーバーパーから35に叩き落されることになった。

2、不動産銘柄(リッポーカラワチ、カワサンインダストリジャバベカ、アグングポドモロ) 
インドネシアの不動産市況はかなり悪く、ここ数年フラットという状況だ。
そしてレバレッジが高く、また保有している土地に偏りがあったり、特徴のない不動産会社はいきなり不動産が売れなくなって資金繰りが詰まるという事例が多発している。
リッポーカラワチはもともとはピカピカの不動産デベロッパーだったが、ビジネスモデルが株式調達によるライトアセット戦略に依存していたことから、株式の軟調化に伴って戦略を実行できず、在庫がバカスカ溜まったことによって死ぬ一歩手前まで追いつめられている。
ジャバベカは工業用団地分譲と発電IPP事業を行っているが、工業用団地が周辺にもタケノコのように出来てしまい価格のたたき合い競争になった上に、IPPでは配電先のPLNから質が低いと受け取り拒否されてゼロ出力になるなどわけのわからない問題が発生。
アグングポドモロは去年一昨年あたりからさっぱり不動産が売れておらず、いずれも会社も資金繰りに汲々としている。

3、石炭会社(ジオエナジー、ゴールデンエナジー、ABMインベスタマ) 
インドネシアの石炭会社は結構ドル建て社債を発行しているが、昨今の石炭価格下落で小規模・雑オペレーションの会社はかなりクレジットが危なくなっている。
ジオエナジーはアニュアルレポートにジムロジャーズをのっけるといった普通のIRでは到底思いつかないような芸当で投資家をずっこけさせているが、案の定オペレーションが雑なので石炭産出がうまくいかなくなって赤字になっている。
ゴールデンエナジーも会社規模が小さく、こちらも利益が急減しており投資家から不安視されている。
ABMインベスタマは保有鉱山が小さいうえに、掘削オペレーションも運搬事業もいずれもシェアが小さく中途半端な位置にあることから赤字に陥るんではないかと観測されている。 

4、ガジャトゥンガル 
インドネシアのタイヤメーカーだが、万年資金繰りに苦しんでいるトラブルメーカー。
事業がかなり運転資金がいるビジネスな上に、親会社との不透明な資金のやりとりでさらに資金繰りが逼迫している。
リーマンショックから数えると三度目ぐらいの債務リストラになるかもしれない。 

5、サウィットスンバーマス 今ESGで話題のパームプランテーション銘柄。パーム油事態が環境に良くないという理由から欧州では使用について厳しい目線が向けられている。
欧州以外ではインドと中国の伸びが成長率の大半を担っているが、いずれも従来の年率伸び率5%から1-2%へ減少しており、需要が想定を下回る中、パーム油価格がリーマンショック来安値レベルに接近しつつある。
そういったことからサウィットスンバーマスも利払い能力が減少しつつある。 

6、ソエチ 
インドネシアの海運会社だが、ビジネスモデルがすでに破綻している。
10年以上の中古原油タンカーを買って、プルタミナに原油を運ぶというビジネスモデルなのだが、それプルタミナが料金値下げ要請したり、プルタミナ自体が船買ったらどうすんの?
としょっぱなから破綻しているビジネスモデル・案の定炎上している。

このようにインドネシアのハイイールド社債だけを見ると、なんかこれやばいことが起きているんじゃないかと思いたくなる炎上っぷりだ。
特に2017-2018年に起債している銘柄ほど雑なファイナンスをしたということもあり、ほぼ全滅に近いという状態になっている