IBM、最終1%減益 汎用機の伸び鈍化
今世界的に市場が伸びているAI事業で減収ってどうなってんのさ・・・
そしてメインフレームビジネスはコストばかりかかって、世界的にはどんどんクラウドの安価なシステムに移行しているということが白日の下に晒されてますね。
加えて、IBMのいわゆる派遣屋的ビジネスも、自社IT要員増加させている企業もあり、徐々にお払い箱的な扱いになっているんじゃないかなと感じる。
長期間のチャートを見ると、2012年まではまだメインフレームがメインだったけど、それ以降はクラウドの時代になりましたねというのを如実に語っていると思われる。

<IBMのチャート>
無題