村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

2018年05月

2018/5/31の記事一覧

サービス部門成長でアップルに対する過度な悲観は不要


年初来安値銘柄が久々の大規模な数に


熱い新興国の利上げの夏


強さ際立つナスダックを買い増し


とりあえずイタリアに対する過度な悲観は薄れたが

サービス部門成長でアップルに対する過度な悲観は不要

米アップル、弱気覆すサービス部門 脱・端末依存急ぐ
今までは端末売りがメインの収益源だったけど、サービスが育つならまだアップルにも上昇余地はあるでしょう。
まあ、他のIT銘柄と比べて伸びる速度が速いかどうかは知らんですけど・・・

年初来安値銘柄が久々の大規模な数に

IMG_20180531_161806

こういうのが出ると、ぼちぼち底入れじゃないですかねと期待感が出てくる。
ここからなら、買い増ししてもいいんでないでしょうか。 

熱い新興国の利上げの夏

インドネシア中銀が追加利上げ 通貨防衛、5月で2度目
通貨防衛的利上げなので株価は下がります。
ドベ新興国が通貨防衛のために利上げにせまられるパターンが多すぎるので、新興国も選別しないとどうにもこうにもならない。
今のところ無傷なのは中国・韓国・台湾・タイぐらいで、残りの新興国は大なり小なり利上げに完全に追い込まれている。
だからエマージング全体投資も今年はあまり報われないかも。

強さ際立つナスダックを買い増し

この一週間はじっと相場を眺めながら考えてたけど、とにかくナスダックの強さが際立った。

<NDXのチャート>
無題

他の主要株価指数は大小の差はあれ、イタリア騒動で下落する中、ナスダックはほとんど下がらなかった。
まだわからないが、仮にイタリア問題が落ち着けば、真っ先に高値を目指すのはなにかと考えれば、もうナスダックだろうと確信した。

3~4月はFBやスマホ減速懸念などでナスダックも他の株価と同様結構下がったが、今回は本当に他の株価指数の下落を全くものともしなかったことに驚いた。
というわけでまず本日少し足してみたが、ボーナスで投資可能金額が増えるので、明日ももう少し積み増そうと思う。

<足元のポートフォリオ>
無題

ちなみに足元の株価の強さは
ナスダック>JREIT>日中米>欧州、新興国>ブラジル、ベトナム
となっている。
 
記事検索
Amazonギフト券6000円がもらえるFX口座キャンペーンやってます。 FX口座開設キャンペーンのお知らせ



アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信