村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

2017年11月

日用品でも値上げできるもの、値上げできないものに差が出始める

IMG_20171129_125203

スーパー、値上げに温度差 食品・日用品の半数どまり 


油、ティッシュ、トイレットペーパー、ツナ缶は値上げできていない。
鰹節、のり、バター、チーズ、小麦粉は値上げできている。
これだけでも日用品株には差がつくものが出てくるだろう。 

従来のドラッグ店ビジネスの限界を意味するマツキヨの保険販売

マツキヨHDが保険販売 第一生命と業務提携 


ドラッグ店ももはや従来の小売りだけではこれ以上業績を伸ばせないということを意味しているのかもしれない。
こういうよくわからない提携をするときは、ドラッグ株全体に疑いのまなざしを向けた方がよさそう。 

<マツモトキヨシのチャート>
ダウンロード
 

困難な大統領選挙となりそうなメキシコ

Mexican election will provide voters with stark contrast

メキシコはなんとかトランプ大統領の過激な攻勢をかわしてきているが、次の困難として大統領選挙が迫りつつある。
候補者は現在の財務大臣(選挙の準備のため辞任)の中道系と極左候補となっている。
極左が勝てば、投資家の失望を招き、一気にメキシコ資産が売られる可能性がある。
また現在の中道のペニャニエト大統領の人気が全然ないということを考慮すると、かなり危険な大統領選挙となりそうだ。
 

リライアンスコミュニケーションズの社債を大量保有する中国投資家

RCom’s biggest creditor files insolvency petition

デフォルトしたインドのリライアンスコミュニケーションズの社債保有者の中に、中国開発銀行などの中国投資家プレーヤーがかなりいるらしい。
どうやら昨今のハイイールド社債のスプレッドの極小化はどう考えても中国投資家も原因のひとつと考えて間違いないと思う。 

11/28の記事一覧

HYGのチャートは二番底形成へ


欧州債頼みの国内機関投資家運用


中東は石化施設への投資拡大を検討


中国でクレジットスコアがまもなく完成しそう


楽天ががん治療に参入って経営が混乱しすぎでは


東欧のインフラプロジェクトに金をつける中国


ドイツSPDのシュルツ氏はEUに寛大な姿勢を見せそう。


電池の急速充電に黒鉛に注目が集まるか


米国での裁判が始まったレザザラブ氏はトルコのエルドアン大統領との関係を白状するのか?

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信