村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

2017年07月

7/31の記事一覧

ついに「みんなのクレジット」投資案件について金が返ってこないフラグが立つ

リコーはリストラでコスト削減効果が出始めたが・・・


中国景気の復活が世界各企業の業績を押し上げ


トルコがカタール断交の仲裁ができるわけない


いよいよベネズエラは国内が内戦状態のような雰囲気


ようやくエジプト経済に回復の兆し


FRBのバランスシート縮小は2兆ドルまで行われる


医薬業界バッシングは続く


キーエンスは本当にすごいわ


富士通でさえ黒字になるITブーム


コンビニから雑誌コーナーが消える日


欧州銀行はクレジット的に安定局面


石油メジャー系の勢いが復活しつつある




 

ついに「みんなのクレジット」投資案件について金が返ってこないフラグが立つ

無題

無題
無題

前に金融庁から「それ詐欺だから」と行政処分をくらったみんなのクレジット。
7/28日付償還分の案件の償還金が払い込まれなかったようだ。
これはもう実質的にデフォルトでしょう。
ここまで耐えて支払いしてたけど、元々ポンジースキームだったので、新しいカモがいなければ成り立たない案件であった。
しかし金融庁から直々に叩かれて新規の客がつかず、ひたすら既存客からの金の引っこ抜きが生じたことから、自転車操業は完全にパンク。

各案件の担保もどうやら15%ぐらい程度しか確保できていないようだし、他の属性の債権者や、元代表の白石氏が資産隠しなんてした日には回収はほぼ絶望的と見て間違いないだろう。
しかも担保に草間やよいの絵画が混じってたりと、これ案件さえ私物化してたんだろうなと容易に想像できる。

というかてめえの詐欺でこうなったのに、よくまあ一部投資家が回収請求したせいでこうなったといけしゃあしゃあと書くなと感心させられる。
まあ責任を投資家に転嫁している時点で反省の色もないことは明白だ。

以前ブログで書いていたことがいよいよ現実になろうとしている。

そもそもこういった詐欺に合うのは、素人のくせに欲の皮つっぱって上場していない投資案件に携わるからだ。
普通の人は上場している株に投資しましょう。

<過去参考記事>

みんなのクレジットの詐欺問題および回収率の目安


リコーはリストラでコスト削減効果が出始めたが・・・


リコー、人員削減奏功も復活道半ば 4~6月期純利益が2.3倍


割安是正だけど、複合機ビジネス自体が斜陽なので息切れは早そうだし、グロース株と比べると劣後する可能性が高いと思う。
結局リストラして止血しましたというところの評価が現在はなされているが、じゃあそのあとどうするのかという展望はこの業界には今のところ見えない。

<リコーのチャート>
ダウンロード (8)





中国景気の復活が世界各企業の業績を押し上げ


中国復調、好決算の波 インフラ需要後押し 

高級ブランド急回復 オメガやグッチ、消費マインド改善

石炭値上がり、インドネシア供給減や中国の北朝鮮制裁が影響


どちらも中国景気の回復の恩恵が大きいね。
もはや米国よりも中国の景気回復による業績押し上げの方が大きいかもしれない。
その証拠に香港株はぐいぐい今上がっている。

トルコがカタール断交の仲裁ができるわけない


トルコ大統領、「断交」仲裁は不発 
空回りする大国意識 


トルコが仲裁なんてできるわけないだろ・・・
そもそもサウジアラビアは
「カタールはムスリム同胞団を支援しててけしからん」
と切れられたのに、ムスリム同胞団が今トップやっているトルコが話し相手になるわけないだろ・・・

まあそこらへんの複雑なイスラム教の派閥は下記の書籍で各自学んでほしい


記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信