村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

2017年02月

イケダハヤトのビットコイン売買から見る投資素人がやってしまう失敗例

イケダハヤトのビットコイン売買から、素人個人投資家がやってしまう失敗が
ほとんど全て詰まっていたので振り返りたいと思う。

まず相場がスカイロケットのように高くなった後半戦でいきなりなんの目論見もなく、
参入。
無題
(〇で囲ったのがイケハヤが買ったところ)

そしてご存じのとおりその24時間後に相場が20%にわたる暴落をした。

そして損切りラインとか全く決めてないので、損切りすることもナンピンすることもできず、
なぜか中長期投資とか言い訳して塩づけになった。

20%下がったが、そこからようやく徐々に相場が回復していった。


そして高値になると20%下がっていたのに、そこで買い玉を増やさず、
下がったら買おうとか意味不明なことを言い出す
(ついちょっと前に20%下がってた時に買い増さなかったのはなぜですか?)
つまり実際に相場が下がると怖くて買い増せないのです。


そして、ようやく自分の買値に戻ってきたところで、また下がるのを見るのが怖くて、
売ってしまうという失敗。
通常自分の持っている値段まで戻ってくれば下値で取り残された人が相当いるはずで
逆にさらに高くなる可能性が高いのに、早々と利益確定してしまう。
つまり、全く取ってるリスクとリターンが合っていないのだ。


無題
(青い〇で囲ったところがイケハヤが売ったところ)

そして相場が動くのが怖くなり、偽確定利回り商品に走るという
日本の素人老人個人投資家がはまる罠にどはまりしている。
こういう人がEB債とかに騙される人だね。


そして酸っぱいぶどう理論で、相場の売買自体を否定し始める。
確定利回り商品だって、本当は裏で価値が変動しているので、
それが理解できていない時点で投資に向いていない。


あとビットコインが売ったところから暴落とか言っているけど、
多分見てるチャート自体が間違っていて、引き続き高値を更新していることに変わりはない。
自分の願望が実現してるように妄想してしまっているのだろう。
残念ながら金融商品ではプロがいっぱいいるので、このようなごまかしは通用しない。
結局イケダハヤトは素人個人投資家が犯す失敗例を全て踏襲しているのだ。
①高くなっている資産に損切りラインを決めずに安易に買い参入
②下がる過程で損切りもできず、中長期目線と言いながら買い増しも怖くてしなかった
③偶然自分の買い値段に近づき、少しリターンプラスが出たら、利益確定
(-20%のリスクを取ったのに、3~4%上がっただけで利益確定している)
④相場は怖いとかいって、よくわからないリスクを抱えている偽利回り確定商品に逃げる

このような金融に対する知識が皆無に近い人が薦める金融商品を買うなんて、
とてもじゃないが正気の沙汰ではないと思う。

金本位制は経済の実質と矛盾<「紙の約束」を読んで>

IMG_20170225_173247

フランスのジョンローは富とはフランスの領土と企業が生み出す品物であり、
金と銀の裏付けを貨幣が持つことは重要でないことを考えた。
フランスの領土は金よりも価値が高いと認識した。

この認識から金本位制は欠陥を持っていることが
浸透していった。

紙の約束―マネー、債務、新世界秩序
フィリップ・コガン
日本経済新聞出版社
2012-11-23

 

ドル円110円は利上げ2回を前提とした為替相場

IMG_20170226_191900

ドル円が110円ぐらいの時の記事。
この時は年2回利上げをイメージされていたということは
年3回ならドル円110円以上をキープできるということだろう。 

利上げサイクルと各資産の変動イメージ

IMG_20170226_194251

これは結構良いイメージ図だと思う。
これを頭に叩き込むことは非常に有用なアイデアだ。
2016年の米国株式の下落は利上げ懸念による下落と考えると、
まだ景気回復による業績相場は入口段階だと思う。

金本位制では恐慌時の預金引き出しに対応できない

IMG_20170226_212755

金本位制では国が外国から金を裏付けにして預金を募っているのと同義になるため、
集めた金に対してレバレッジをかけて運用を行っていた。

しかし恐慌などの突然の引き金で金の引出を大量に要求されたら、
立ちいかなくなった。
根本的な金本位制の欠陥である。
 

紙の約束―マネー、債務、新世界秩序
フィリップ・コガン
日本経済新聞出版社
2012-11-23

 
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信