村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

エネルギーセクターに弱気な記事が連発


コロナウイルス最大の被害者セクター。

ここまで自信を持って米国エネルギーセクターショートをしてきたが、いよいよ何か絶叫的なことが起きそうな予感がしている。
上記ツイートの通り、フィッチが中長期エネルギー価格を下方修正し、BPもオイル需要ピークについて言及し、大手石油トレーディングTrafiguraも直近価格は実力以上、OPEC月報でも需要見通し下方修正といいことがない。
普通はこういうニュースが連発されるときは相場が急変動していて、実はこういうのが出ると底打ちっていうパターンが多いのだが、今回は再度天然ガス価格が弱含みになり始めているのを見るとそうはなっていないことがうかがえる。
OPECプラスの減産も緩和されてきていることからワクチン開発・量産が完了して航空需要の開発や移動の活発化がないことにはエネルギー価格のアップサイドは基本的にないという認識でいいのではないだろうか?

一般的にはエネルギーセクターの波は大きく10年ごとに変わると言われている。
海運とかもそういう風に言われていたりするが10年天国が続いたあとに10年地獄が続くと言われるほどサイクルが長い。
エネルギーバブルの崩壊は2014年から起きたが、かれこれ6年たった今でもこの状態で、かつコロナウイルスによる消費減退もあればあと最低でも4年苦しい状況が続く可能性は十分高いだろう。
さらにエネルギーセクターはグローバルに見ると新陳代謝が非常に働きづらい業界でもある。
米国エネルギー企業の場合は駄目なところからバンバン潰れてくれるが、グローバルに見ると国家の威信がかかった企業やそもそも財政の大きな部分を担う国営企業が非常に多い。
そのため低いエネルギー価格が続いたところで、はいそうですかと潰れてくれるのは米国オンリーであり、その他の多くの国では国家の威信をかけて銀行与信を与えて存続を続けようと努力する。
最近だと米国以外でまともにぶっつぶれたエネルギー会社大手なんてベネズエラのPDVSA(通称ペドベサ)ぐらいではないだろうか。
そういった点もエネルギーセクターがすぐに循環してくれることを期待するのが難しいということもあり、個人的には原油価格は再度大幅下落(WTIで25ドルあたり)はテールリスクとして十分考慮の範囲に入るだろうと考えている。

そういった意味で保有しているロング玉をヘッジするには米国石油セクターショートというのが無難な選択肢であることを相当程度期待している。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

あらためて米国オプション市場動向から見える相場需給環境

休日にオプション市場動向を再度見ての考察。

前回のブログに続き、CBOEオプション市場データを見ながらの相場需給環境についての考察を練り直している。
まず以下のグラフデータを頭に入れながら続きの文章を読んでもらいたい。

<指数プット・コールオプション日次取引動向>
タイトルなし

<ETFプット・コールオプション日次取引動向>
タイトルなし

<VIXプット・コールオプション日次取引動向>
タイトルなし



まずは9/2~9/8の急変動ではオプション市場は通常のリスクオフの展開をきちんと示してくれた。
いわゆるインデックス・ETF・VIXのプットオプションもコールオプションも出来高が急増するという買いも売りも活発になるという展開となったことは前回ブログ記事でも報告したと思う。
そこまでリスク資産価格が高すぎない位置であれば、これでも下落相場は終わる可能性が十分にあったものだと思う。

しかし先週木曜日から金曜日にかけてのオプション市場動向は個別株コールオプションこそ多少買われたが、圧倒的に増えたのは指数・ETF・SPX先物プットオプションを購入してのヘッジとなった。
ちなみに指数やETFでのプットオプション購入の増加はOCCの出来高活発銘柄のページを見ても確認が可能だ。

https://www.optionseducation.org/toolsoptionquotes/today-s-most-active-options

<ETFオプション取引動向>
タイトルなし


SPY・QQQ・IWMと米国株を代表する指数のプットオプションが明らかな勢いで買われている。
もう一つ不可思議なのは一方でXLF(金融セクターETF)が買われていることで、これはやはりなんどもこのブログでは言及している通り、長期金利の上昇を見越しているのではないかと勘繰りたくなる動きだ。
QQQの出来高だけ見るとすごく相場底入れ感みたいな出来高が出来ているが、ナスダック主要銘柄の個別銘柄で出来高を見てみると実は半導体銘柄以外はそこまで大きな出来高は出来ていないように思える。
出来高データは自作Pythonで自動集計させました。

<過去参考記事>
【コピペでOK】Pythonコードで出来高が増加している銘柄を見つける方法

半導体はとにかくベータがでかいということもあるので、相場急変時は真っ先に投げておこうという動きは見えているのだろう。
しかし、これがまだFAANG+Mにまで波及しているようにはまだ出来高を見ていると見えない。

このことから徐々にとりあえずは目先の不安定な動きをしそうだが、どの個別銘柄から死ぬかわからないのでベータが全セクターの中で最も高い半導体銘柄売りと指数全体にヘッジをかけるという大網投下方式のヘッジを投資家はかけはじめているのがうかがえるだろう。
一方でまだのんきに猛烈上昇がありそうだと思って特定個別銘柄をコールオプションや現物を持っている人はまだポジションを維持していることもオプション市場を見ていればはっきりする。

つまり木曜日・金曜日の下げは一部極ハイベータネームの利益確定とナスダックやQQQプットオプション買いをカバーするための業者の信用売り・先物売りがメインだったといえるだろう。
このことがオプション市場の動向とQQQのみ出来高が増加している背景だと思われる。
コール買い意欲の減退に伴う絶対的な買い手不足・一部投資家の利益確定売りとプットオプションカバーだけでこのだるい相場になっている。
ここからだらだら相場が続いたところでなにかもう一つ売り材料が出てきて強制投げに追い込まれる人が出てくればかなり相場の雰囲気はクライマックスに向かっていくと思われる。
ただそれまではまだ谷あり山ありな予感がするので、ショートを積んでいく際にはそれなりに慎重な態度が求められると思われる。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

来週のFOMCが天王山

【日本株週間展望】不安定、米FOMCを見極め-自民党総裁選も

おかわり過剰流動性なんてあるわけない。

次回FOMCが16日深夜にあるわけだが、ここは個人的には相場的に最も危ない地点だと考えている。
全ては過剰流動性がキーワードになる。
ここまで相場が上がってきた原因を今一度思い出してほしい。
もちろんワクチン期待や将来の景気回復というのも一定程度あるだろうが、もっとも重要なのは各国中央銀行によるQEによる新規資金供給なのである。
これが成長期待もあいまってナスダックにバカスカ資金が入って相場をありえないレベルにまで押し上げていった。

特にこのブログでは何回も言及している通り、ありえないレベルでコールオプションを積むというリスク管理なんてはなから考えていないような取引が横行している。

<過去参考記事>

オプション市場を見るとみんな人間やめてるって感想しか出ない相場

先週から今週にかけてはこのコールオプションを調子こいて買っていた人達が全員ぶっこいて上の値段で大量に取り残されている。
これらの人達が救われるにはそれなりにでかい資金供給が必要になるだろう。
しかし、それが次回FOMCではたしてでてくるのだろうか?

個人的には十中八九ECBの時と同様な逆噴射が発生するものと考えている。

<過去参考記事>

ECBの金融政策決定会合は普通に逆噴射


新規失業者保険申請数も一応はそこそこの水準で低下し始め、住宅はモーゲージ金利の低下でバンバン売れていて、リスク資産価格は最高値にある。
このような中で貴重な追加金融緩和玉をFRBが出してくれる、あるいは出すことを匂わせることさえしてくれないものと考える。
これが発覚した時点で超長期金利上昇に加えて相場は不安定化が増して行くものと考えている。
市場では中長期的な金融緩和フレームとかなんとか言っているけど、重要なのは目の前の新規大量国債発行をカバーするための資金手当てである。
これがない限り相場の不安定化を避けるのは難しいと思われる。

一応自分は45%程度キャッシュを保持した上に、中長期ロング玉の1/3程度をカバーできるようにERY(石油セクターインバース)・ZSL(シルバーインバース)・日経ダブルインバースを持って防御力を固めている。
日経ダブルインバースが不本意なレベルで踏まれているが、本命ERYが育ってきており、今のところはそこそこ順調といったところだろうか。

<過去参考記事>

米国石油セクターショートを追加


ERYはまだ積める余地があると考えているので、引き続きリスクオフ目線中心での立ち回りを継続したいと思う。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

ロシアがこっそり原油を実質増産し始めているのかもしれない


あー、これ織り込んでいるのかも。

原油価格がユーロドル口先介入以降リバウンドらしいリバウンドもなくだらだらと下落しているのが気がかりであった。
以前のブログで自分が把握している材料はどれもこれも既知のものばかりで、新規性がないにもかかわらず他のコモディティに劣後した動きをしているのは何か自分の知らないものを織り込みに行っているのではないかというのは過去に記事にしていた。
その答えの一つが上記ツイート内容かもしれないと見ていて思った。
(love_investmentさんいつも情報提供ありがとうございます。)

上記ツイート内容が意味することは、OPECプラスは各国できる範囲でぬけがけ増産をしかけているのかもしれないということだ。

まずこのコンデンセートってなんなんだという話である。
コンデンセートとは天然ガスの掘削・生産において地下では気体として貯蔵されるが、地上では液体となって生産され、原油の代替物ともなるものである。
実は米国シェールガス勢もシェールガスだけでは十分な採算が取れず、このコンデンセートを販売することによって採算を成り立たせたりしている。
(今はどちらも採算があまり成り立っていないが)

そしてこのコンデンセートの生産については協調減産合意の枠外なのである。
なので、減産で枠を決められている国にとってコンデンセートをこっそり増産して外貨を獲得するインセンティブというのは非常に高い
過去にも2018年6月の日経新聞の報道でOPECプラスが協調減産する中でみんながこっそりコンデンセートを増産していたという話が報じられている。

<参考ニュース>
原油協調減産の裏で急増する天然ガス副産物

ちなみにこの報道後に原油がどのような動きをしたかというと、この付近を高値にして3ヵ月程度ちゃぶついた後に中国の国営大手シノペックの子会社であるユニペックが高値で大量に仕込んでしまった買い玉をぶん投げせざるを得なくなり、高値から余裕の4割安をやらかしている。

<2018年末あたりのWTI原油価格のチャート>
タイトルなし


コンデンセート自体はあくまで天然ガス生産における副産物というのもあり、増産できる幅というのは限度がある。
しかし現在のように需要面が2018年の下げ仮定の時より厳しい状況にある中、少しでもすけべ増産しようという動きはやはり2018年末の時のような動きを再現してしまうのではないかと懸念してしまう。
ロシアがこれをいの一番にやらかしているのかもしれないが、おそらく全員同じことを考えているので表立って批判できないような気がする。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

ECBの金融政策決定会合は普通に逆噴射

ECB、政策変更見送り ラガルド総裁「ユーロ高の影響注視」

中央銀行は金持ち投資家のために金融政策をやっているのではない。

昨日はECBの金融政策決定会合だったが、現状維持な上に先行きについても大したヒントが出てこなかった、というよりタカ派なコメントまで出そうという動きをしたという報道があったのに最初の相場リアクションはリスクオンに傾いた意味が全くわからなかった。

このブログでは何回も書いているが、景気低迷する中で相場が上昇するには中央銀行が投資家の「ショウミーマネー」の要望を満たす必要性がある。
しかしリスク資産価格がありえないレベルで高すぎる位置にある一方で米国債大量発行ブラックホールが控えている中で、この投資家の「ショウミーマネー」要望ハードルは非常に高いものになっている。
しかし、一方で中央銀行は決して投資家のために存在しているわけではなく、これだけリスク資産価格が高い位置にある中で投資家の要望を満たすような追加おかわりQEをやってくれると今段階で想像するのはさすがに欲が深すぎる。

案の定ECBの政策決定会合では現状維持ということで、特段QE的な何かをすぐに追加してくれるとかそういうのは一切匂わせることはなかった。
一方でこの発表直後の投資家の勇み足は全く意味不明であった。
この発表直後ユーロドルが高値になるのはECBがユーロ安誘導に動かなかったということで理解できる。
しかし、なぜかその後に米株先物上昇・貴金属価格上昇・仮想通貨上昇というまるでECBが何か金融緩和を追加してくれたのではないかみたいな動きをした。
単純にユーロドルの動きに釣られてみんな騙された感じのような動きになった。
一方で米債はECBから追加マネー供給が見込めないことを見越して一気に超長期金利上昇に動いた。
この時点でどちらかが株側と債券側のどっちかが間違っているような雰囲気はあったが、結局このECB政策決定会合でわかったことは「ECBから投資家が期待するようなおかわりは現段階では期待できない」以上の何物でもなく、結局米株の最初の動きを全否定する形で米株下落に転じていった。

そして一番怖いのは来週水曜日のFOMCである。
このままだと十中八九新味のある話は出てこないだろう。
一方でクソ高いリスク資産価格を買い込んでいる投資家は「なんでもっと金を出さないんだ」と文句をたれて売ってくるだろう。
これが巻き起こるとコールオプションすっ高値で買った人のペインが加速し、全体的な売り加速も視野に入ってくる。
そういった意味でいよいよ真剣にポートフォリオの防御力をどう高めておくかが非常に重要な局面に差し迫りつつあることは間違いない。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信