村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

SPYDが減配になったところで本質は何も変わらない


上記ツイートにあるような減配でSPYDが大きく下がるということは基本的にはない。

ツイッターでは高配当株信者というのはそれなりに多く、米国の高配当ETFであるSPYDに投資している人はそれなりに多くいるような感じがしている。
そのSPYDが次回配当を減配するということを発表したということで、それ見たことかとか慌てている人が散見される。
各自持っている知識は千差万別で、上記ツイートにあるような間違った認識をしている人もいるので、少し解説しておきたいと思う。

個別株の場合減配というのは直接的に配当重視ファンドの売り浴びせや、無配だと投資できない投資家の売りを誘うことから減配発表直後に悪材料が出尽くしていないと大きく下がるというのはいわゆる自明の理である。

<過去参考記事>

高配当株投資に必要な分析スキル


しかしETFの配当というのは個別株の配当とは全く性格が異なるものである。
ETFというもの自体がいわゆる原資産を保有することによ原資産と連動したパフォーマンスが出るように設計されている。
ETFというのはあくまで原資産である構成銘柄のリターンによってリターンが決まるようになっている。
(一時的に流動性などの問題で乖離することはあるが)
ETFから出す配当金というのはこのプールされているファンドのお金を削って投資家に払い出しをしているだけなのである。
なので、あくまでSPYDの配当は会計上出せるか出せないかという話なだけであり、分配金がいくらになっても基本的には税金と再投資要素以外のトータルリターンは何も変わらない。
ETFの純資産(NAV)100のうち2を分配しようが3を分配しようが、トータルは100で変わらないので、言ってみれば朝三暮四の世界である。
分配金がいくらになろうが「配当前NAV=配当後NAV+配当金」という計算式以外何も意味を持たないものである。
普段ネットで高齢者が買う毎月分配の投資信託について理解していないと馬鹿にしているくせに、SPYDの減配で慌てるならば金融リテラシーはほとんど高齢者と変わらないレベルだと思った方が良い。
だからSPYDについて減配になったところで別に将来のパフォーマンスについて何か新しい示唆をしているわけではない。
そんなので慌てるぐらいなら、最初からSPYDなんて投資しなければいいと思う。

SPYDのETFについてきちんと論じるならば、原資産である構成銘柄をきちんと把握し、それらにはたして投資する価値があるのかどうかを考えて論じなければいけない。 
まあそれコミコミで考えて自分は原資産の構成銘柄の減配リスクが高い銘柄が多いことからSPYDは基本的には現時点では投資するにあたらないと思っている。
減配リスクが非常に高い金融・エネルギー・公益・マテリアルセクター銘柄でポートフォリオの50%占めている時点で、いわゆるコロナ被害が比較的大きいセクター中心に構成されていることは明白で、まだワクチン完成もしていないのに何が面白くてそんなの触る必要性があるのかと思っている。
(今SPYD触るぐらいなら普通にREITでいいと思う。)
ちなみにきちんと構成銘柄とか確認したいなら下記運用元のデータ開示を見ながら確認してほしい。

<参考HP>

SPYD: SPDR® Portfolio S&P 500® High Dividend ETF

センチメントは戻っているように見えるが、全然戻らない相場

ETF押し目買いの投資家に痛手か、ナスダック下げ幅拡大

独自計算しているブルベア指数はここ数日戻り基調で推移しているが・・・


独自作成しているブルベア指数を毎営業日作成しているが、気づいたらブルベア指数は69.5と非常にブルというレベルにまで戻ってきている。
ブルベア指数を見る限りは市場センチメントはなんか改善しているように見えることは確かだろう。

しかし一方で相場はブルベア指数通りには戻ってこない。
ナスダックは未だだらだらと下落が続いている。
テスラだけ相当例外レベルで耐えているが、個別銘柄でもGAFAMの株価はだらだらと下落している。
集計しているデータの中ではVIXコールが落ち着いてきていることやヘッジ向けローンが増加していることが大きく指数の回復を牽引している。
CBOEスキュー指数の若干の上昇や、かなり大きく落ち込んだVIX先物ポジション増加も寄与している。
一方で中国本土株の信用買いは全然回復していない。
またこれはブルベア指数のデータ集計には入れていないが、指数オプション動向においてプットオプション買いは継続しているがコールオプションの取引は低調な状態が続いている。

以上を考慮すると現在の市場の状況は
・投げ売りはやはりまだ出ていない
・一方で淡々とヘッジをかけているプレーヤーは増えている
・一部ETFで向かい買いをしている人は出てきているように見えるが絶対数が足りない

なので上で捕まっている人はまだ我慢しているように見えて、相場が下がるにつれどの時点で我慢できなくなるかがポイントとなるだろう。
個別銘柄で見ていくとGAFAM銘柄を見ると、アマゾン・フェイスブックは多少投げっぽい出来高ができているようだが、残りの銘柄については未だ投げている人がおらず、だらだらと下がっているという論評ができそうだ。
特に普通に少し前はバリュー株って認識されていたアップルがグロースみたいな扱われ方してオプション買いも合わさって爆発的に株価が高くなって相当こじれたことや、広告がメタメタになりつつあるのに適当にGAFAMのくくりでてきとー買っとけとこじれた買われ方したグーグルはここで底打ちしたと判断できるような雰囲気が全く醸成できていない。

以上を考えてまだまだお手付き厳禁相場が続くものと見込む。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン
 

中途半端になってきた米国経済指標

なにもかも中途半端になってきた。

昨日発表された米国経済指標は非常に表現に困る内容となった。

まず一つ目は毎週発表の新規失業者保険申請件数と継続給付件数である。

<参考ニュース>
新規失業保険申請、再び減少に転じる-祝日が影響の可能性も

新規失業者は引き続き減少傾向で推移しており、失業保険継続給付している人数も市場予想並みに減少していることからFOMC声明にも合った通りFRBが予想するよりも雇用の改善は進んでいると言えよう。
季節調整で不利なファクターが働きやすい中で相当程度健闘していると言えよう。

一方で昨日最大の失望を誘ったのが住宅関連である。
新規住宅販売も建設許可件数も市場予想を下回る結果となり、前月までは一部コロナ都市封鎖分のペントアップデマンドが押し上げてましたよねというのが明らかになり始めてきており、モーゲージ金利の低下が効きにくくなりはじめている。

<参考ニュース>
米住宅着工、8月は5.1%減 4カ月ぶりマイナス

しかし思い出してほしいのはFRBが現在マンデートとしているのはインフレ率と雇用である。
マンデートの中に住宅販売は入っていないのである。
だからもし住宅関連指標が軟調になったとしても雇用改善がFRBが納得いくスピードであるならば追加QEは見込みづらい。
一般的に雇用よりも住宅指標の方が先行するのでFRBが出動してくれるまでにはタイムラグが存在することになる。
なのでこの住宅販売の軟調さから見える先行き景気期待剥落とFRBの追加QEの間にエアポケットが存在し、雇用改善速度の減速と米国債大量発行による下がりにくい金利状況というのが並行して存在することになる。

これは過剰流動性に依存してしまったリスク資産にとっては非常に困る展開となる。
先行き期待もないし、それを補ってくれるだけの追加QEもなく、相場をふかしてくれるエンジンの燃料が切れたも同然である。
この時に必要なことは先行き期待に見合うレベルにまで相場が調整するか、下にアンダーシュートしてしまいFRBが慌てて追加QEをしてくれるレベルに下がるかまでのどちらかを待つ必要性がある。
住宅指標で多少ファンダメンタルズが変わっただけであるが、そもそも相場自体が強欲になりすぎということもあるのでガチホ覚悟を決める銘柄、利益確定して逃げる銘柄、ショート振る銘柄など色々防御策をいよいよ行使しておくべき段階だろう。
少なくとも今この水準で全力ロングエイヤーするような水準にはなく、新規でやるとしたら何かしらをエイヤーショートする段階だと思う。

ちなみに個人的な米国経済指標の見方については下記を参考にしてほしい。

<過去参考記事>
投資の役に立つ統計から米国経済の状況を読み解く方法

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン
 

今回FOMCでも「ショウミーマネー」は出てこず

NYダウ36ドル高 FOMC声明好感、一時360ドル高も失速

昨日注目のFOMC声明と記者会見があったので自分なりの考えをまとめたいと思う。
ちなみに記者会見の全容は下記で見れるのできちんと全部見たい方は見てほしい。
(全部英語だけど、基本易しい英語で説明されている)

https://www.youtube.com/watch?v=6thA5ikaL74

ドットプロットからは2023年までは政策金利は上げないということを実質明言しているに等しくなった。
そういった意味で3-5年付近までの米国債金利は基本的に安定的推移することが望めるだろう。
ただ、ここはすでに投資家は十分に織り込んでいることだし、もしこれだけで相場や経済が上がるならもうゼロ金利続けている日銀だって苦労しないわけである。
問題は何回もこのブログで言及している通り、目の前で米国政府や企業が大量にドル建て債を発行しようとする中でFRBの買い入れがどれぐらい穴埋めしてくれるかという「ショウミーマネー」の金額である。

しかし、やはりここはほぼゼロ回答であった。
現状の国債・MBS買い入れは引き続き確約したものの、さらなる追加については「フレキシブルに対応」というレベルの言及にとどまった。
つまりはQEおかわりなしである。

そういった意味ではパウエル議長は何回も金融政策は経済をサポートするためのものと言及しており、別に相場をサポートするためのものではないのである。
なので相場の動きが経済を邪魔しない限りにおいては、やはりこれ以上のサポート追加策はないと認識することが妥当だと思う。
相場の下げ自体には一定程度のフロアが実質設けらているものの、記者会見中何度も金利は上げないというハト派的な発言はしたが、じゃあさらに相場を引き上げるような追加資金供給してくれるのかといえばノーと言う決して相場に完全フレンドリーのハト派ではないだろう。

特に一番キーとなるであろう投資適格債の国債上乗せ金利は現時点で1.35%付近とほぼ過去30年ぐらいの期間の中央値である。
どんなに相場が過熱したとしてもこの国債上乗せ金利が1%を切るということはよほど好景気でないとないことを考えると、わざわざFRBがそのラインにまでファイナンスコストを低下させるようにまだ温存している金融政策を使うとはとてもじゃないが想像しにくい。

<過去参考記事>

米ドル建て投資適格社債は2%の壁に守られている


そういったことを考慮すると上がりすぎたナスダックが普通に調整することはごく自然なことだろう。
20%一気に下がればかなり話は変わってくるかもしれないが、例えあと10%下がったとしてもそれでもコロナウイルス暴落前より高い位置に株価は位置しているので、FRB的には何も問題がない。
一旦過剰流動性で変にバブッた資産については適正範囲での調整が出てくる確率はかなり高いだろう。

<過去参考記事>

ECBの金融政策決定会合は普通に逆噴射


<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

相場のカギとなるワクチン開発状況のおさらい

門外漢ですが雰囲気だけちょっとまとめておこうかと。

多分状況追っている人とかはもっと深く状況を知っていると思うが、自分なりにここまでのワクチン開発報道について色々まとめておいて、年末あたりの取り組みについても少し考えていきたいと思っている。

国内経済はともかく、海外との交流による経済回復はどうしてもワクチンが必要になるよねという段階に来ている。
特に航空業界・ツアーリズム・ホテルはこのワクチン目処が立たないことにはどうにもこうにもといったところなので、今現在コロナウイルスワクチンってどうなっているんでしたっけというのをまとめておこうかと思う。

トランプ氏「コロナワクチン、4週間以内にも準備できる可能性」

トランプ政権は選挙もあるということでどうにかして選挙前に製薬会社にワクチンを完成させてほしいということで、FDAに無茶な審査スケジュール組ませたりとかしている。
製薬会社もこの無茶審査に対してはやめろという発言が目立っている。

製薬会社、コロナワクチン審査請求で方針公表-FDAへの圧力に対抗

あまりにも急ぐと副作用などの安全面担保ができなく、場合によっては後で大規模訴訟に発展したりとか自社の評判が下がるという可能性があるので、どうしても安全面を担保できるスケジュールでちゃんとFDAは審査をやってほしいというのが製薬会社の本音だろう。
このことを考えると11月選挙前にワクチンが完成する可能性はかなり低く、完成しても安全性が担保されないことから実際にワクチン接種する人はかなり少ないことが見込まれる。

ただ一方で、もう少し時間をかければワクチン実用化算段はそこそこできているような感触もある。

ファイザーのコロナワクチン、米国で年内実用化の公算大-CEO

色々報道を見ていると、年末から来年の頭にかけてはワクチンはできるんじゃないですかねという報道が度々目にするようになってきている。
基本的には米国がワクチン開発ではサンプル数や資金面で一番進んでいることは間違いないだろう。

一方で中国ではいわゆる人間の値段が安いということもあり、半ば人体実験的な手法によってワクチン開発にこぎつけようとしている。
人体実験可能ならもしかするとワクチンについてももしかすると一歩抜きんでられるかという可能性も否定はできない。
(ロシアは怪しすぎてコメントする気にもならない)

世界に先駆け接種へ ロシア・中国の新型コロナワクチンへの懸念

ただし、問題は量産化の目処ってどうなんですかねというところだ。
先進国は製薬会社と既にワクチンが出来上がった時の枠の確保に動いている。
一方で新興国はそこまでまだ手が回っておらず、おそらくワクチンの実際の流通は先進国よりかなり遅れることは間違いないだろう。
そうなると経済回復の段階も先進国>新興国となることはほぼ間違いないだろうと踏んでいる。

<10/3までのキャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

LINE証券 新規口座開設で現金1,000円と3株分の購入代金がもらえる、最大で約2,100円もらえるお得なキャンペーン

記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信