村越誠の投資資本主義

グローバルな情報をもとに投資資産を積んでいく慎重派投資家

ブラックスワンになるかもしれないトルコリラ危機

トルコ・リラ、対ドルで過去最安値に下落-国営銀行の介入も奏功せず

まだ認識している人が少ないが、本当に大丈夫なのだろうか。

足下で急速にトルコがきな臭くなっている。
まずトルコの代表株価指数であるイスタンブール指数が現地通貨ベースで死ぬほど下がっている。

<イスタンブール100指数のチャート>
タイトルなし


そして一番重要なファクターである為替も同様に死ぬほど下がっている。
<USDTRYのチャート>
タイトルなし

特に貿易関係でより重要な対ユーロはもっとひどい状況になっている。

<EURTRYのチャート>
タイトルなし

それからトルコリラファンディングがひどいことになっているという話もちらほら。

<参考ツイート>



トルコについてはここまでなぜひどい状況になっているかは下記過去記事を見てもらいたい。

<過去参考記事>

トルコ大炎上でアルゼンチンコースが見え始める


ただ上記事情に加えて、コロナウイルス不況のせいで新興国投資なんてやっている場合ではないと皆がドンびいてしまったことから、そもそもお隣のシリアで無駄な軍事費垂れ流し、無理くり低金利政策進めて経常収支ぶっこわして、さらに独裁で外貨両替しようとしたら逮捕されるような国に誰が投資なんてしたいかよという話になってしまっている。
既に外貨準備もスワップ除くとほぼゼロに近いレベルで使い切ってしまっているのではないかという疑惑もある。

トルコがぶっ飛んだ場合はアルゼンチンのようなしょぼい新興国が飛ぶのとは事情が大きく異なってくる。
トルコに対しては多くの欧州の銀行が参入しており、ローンなどを提供している。
銀行によっては地元資本参入している欧州銀行もあるぐらいである。
つまりトルコがぶっ飛ぶと、次に欧州の銀行が炎上するだろう。
一番トルコに深入りしてしまっている欧州銀行だと、例えばスペインのBBVA銀行とかがある。

<スペインのBBVAの株価チャート>
タイトルなし


そして相場が下がる時というのはリスク資産を投げざるを得ない人達が出た時であることも、以前にブログで記載した。

<過去参考記事>

売らなきゃいけない人がいるときに相場は壊れる


欧州銀行が炎上すれば、欧州銀行からリスク資産の投げが生じるだろう。
トルコが炎上すると、他にやばい新興国はないかという粗探しも始まりかねない。
ドルやユーロ流動性に問題が生じる可能性も否定できない。

これが認識された時は文句なく株ショートが一番ワークするだろう。
特に流動性が低い、弱いセクター、重厚長大系、トルコにエクスポージャーを持つところのショートが一番ワークする。
米債は流動性懸念があるが、それでも本当に流動性が生じる前まではリスクオフの過程で金利は下がるだろう。
問題は貴金属で、トルコは外貨準備高尽きた場合は手持ちゴールド売りが発生するので、短期的にここまで大きく投資需要だけで上昇してきた貴金属に少し大きめなアンワインドが出る可能性があることは頭の片隅においておきたい。

ただ、あくまで既にB格まで格付けが落ちた新興国の話なので、緊急利上げ+EUとIMFによる資金援助が入る目処が立てば相場ががたついても 最終的にはリスク資産の良い押し目となるだろう。

ちなみに新興国経済ってどういうとこ見ればええねんという人は下記過去記事を参考にしてもらいたい。
<過去参考記事>
新興国経済を見る上で重要な「国際収支の天井」という概念

<キャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

コロナウイルス感染第二波と再ロックダウン懸念の拡大

あってしかるべき懸念。

ここにきてコロナウイルス感染再拡大に伴い、再ロックダウンに踏み切る都市が増加し始めている。
具体的にニュースと一緒にどれだけの都市が再ロックダウンになっているかを確認したい。

<参考ニュース>
豪東部2州で州境封鎖 スペインでも再ロックダウン拡大

まずばオーストラリア東部2州で、特にビクトリア州での感染者再拡大が厳しく、再ロックダウンとともにオーストラリア中銀は国債債購入に踏み切る措置を取った。
スペインも夏シーズン旅行客が入るとともに一部地域で感染者数が急増しており、一部地域で再ロックダウンとなった。
オーストラリアはまだしも、スペインは陸路で旅行客が入ってきたりするので、オーストラリアよりも状況は厳しいと言わざるを得ないだろう。

<参考ニュース>
フィリピン株価指数が3.8%下落、マニラでロックダウン再開

フィリピンも相当厳しい。
ここもと新規感染者が1000ぐらいから4000にジャンプアップしており、医療機関が耐えきれなくなったということもあり主要都市まるごとロックダウンだ。
フィリピンは一人当たりGDPが非常に低い国で、かなり日銭ぐらしみたいな人が多いところというのもあり、このロックダウンに伴う失業でフィリピン全体の治安は悪化傾向のようだ。
フィリピンで高齢日本人女性が強盗殺害されたニュースでも賃貸主の記事があり、やはり治安は悪化傾向のようだ。

<参考ブログ>
昨日当社賃貸住宅で殺害された日本女性の詳細

ベトナムも早期にコロナウイルス拡大を防いだものの、観光業規制を緩めたところでやはり再感染拡大を招いてしまい、これも一部都市がロックダウン措置となっている。

<参考ニュース>
ベトナムでコロナ感染再拡大 観光地の集団感染が飛び火

香港も再ロックダウンはしていないものの、学校休校させたりなど対策に追われるレベルで第三波を受けている。

<参考ニュース>
コロナ急拡大に見舞われる香港、ロックダウンは困難-経済格差大きく

米国・ブラジル・インドはまだ第一波の最中だが、その他地域の状況を見る限り第一波をしのげて経済再活動に向けて色々緩和するとやはり感染者は出てしまうということで結局再ロックダウンor規制強化を強いられるという現象が明らかになってきた。
特に観光客を呼び寄せると知らぬ間に感染源が拡大してしまうことはもはや明白で、国際的観光業再開は残念ながら今年中はないというレベルを見た方が良いだろう。

第一波をしのいで第二波を受けた場合には、無差別ロックダウンにはならずとも、学習効果を得たよりピンポイント爆撃的なロックダウンや規制が発動することはまず間違いないだろう。
規制強化が発動しなくても、感染が拡大すればスウェーデンの例のように自然と感染に対して自衛を皆が取ろうとするために経済活動が落ち始めることも既に明白である。

ワクチンは年末ぐらいには何かしら目処っぽいものが立ちそうな雰囲気はあるものの、それよりも前に世界各地で第二波がくることが確実になりつつある。

コロナ暴落した時は感染者が米国で爆発的に増えたところでいきなり発生したということもあり、現在の相場はこの第二波についてはほとんど織り込んでいないはずなので、いつ何が起こってもいいように注意深く相場で戦ってほしい。

<キャンペーン>
LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

Defiコインの後追いをする貴金属価格

いや、まだ半信半疑なんだけど。

昨日シルバー買うかどうか悩んでいたのはツイッター見ていた方はご存じだと思う。


なぜこの時点でシルバー買いに悩んでいたのか。
自分もこれはツイッターのどこかで見た情報だし、何の確証もないし、詳細知らないし、与太話にしか見えない。
それは仮想通貨市場にヒントがある。
現在仮想通貨市場ではDefiコインなるものが価格先導をしているようである。
なぜかはわからないが、ビットコインなど老舗仮想通貨が後追いする傾向にあるようだ。

しかしここで現在の仮想通貨の原動力はなんだろうかと考えると、最終的には市場にどれだけドルが余っているかということに帰結する。
しかし、これは貴金属市場でもほぼ同様のことが言える。
特に投資需要が全体の割合に大きく占めているゴールド・シルバーはその傾向が強い。
つまり現在の市場環境では貴金属価格もDefiコインレートの後追いをするのではないかということである。
特に投機的な取引が行われやすいシルバーは反応しやすいと思われる。

なので、ここ数日はLINKコインなるDefiコインの代表銘柄の価格をずっと追っていた。
7/26までは底割れそうな雰囲気だったので、一旦ドル余りも終わりかなと思っていたが、その後するすると価格が戻り、前回高値を抜いてきたことから、仮想通貨の先端市場ではドルが余っていると認識されているように感じた。

<LINKコインのチャート>
タイトルなし


ちょうどそれが昨日8/4の昼頃の状況で、そこから米国時間でシルバーに投資するかどうかをうんうん悩んでいた。
シルバー自体の価格は正直いうと短期的に高く、本当は22-23ドルあたりを待ちたいと思っていた。
あとはドル高懸念というのもあり、これも米国時間寄りぐらいまではシルバー価格も前日比マイナスぐらいをうろうろしていて、自信が持てなかった。
しかし寄りからしばらくたったところぐらいで、LINKコインと同時にシルバー価格も反応を始めたので、もう一回ミスってもいいから試してみようとえいや買いをしたら数分後から貴金属市場が反応しはじめて、あれよあれよと上がっていく結果に。


<SLVエントリーポイント>
タイトルなし


ということで本当にこの傾向がどれだけの期間続くのかわからないが、貴金属価格はDefiコインの価格動向を見ていれば後追いで投資行動を起こせるボーナスステージになっているように思われる。

ちなみにDefiコインってなんですか?って思う人がいるかもしれない。
知らないよ(棒)
あとこの戦略が一体どれだけの期間有効なのかも正直よくわからない。

LINE FX 新規FX口座開設&1取引で現金5000円がプレゼント

少数生き残り銘柄に全ベットするロビンフッダー

さすがにこれはついていけない。

平日はロビンフッダーの保有口数増減動向をロビントラックから入手して、自作コードを使ってデータ集計をしている。

<過去参考記事>
ロビントラックが集計しているロビンフッダー株式保有数をPythonでスクレイピングして複数銘柄集計する方法

足下でS&P500構成銘柄でこれを集計すると、再びロビンフッダーが気炎をあげながら買い向かっている様子が見える。

<S&P500構成銘柄のロビンフッダー保有口数増減動向>
タイトルなし

青い線が日次で赤い線が5日平均である。
直近になってまたロビンフッダーがぶわーっとS&P500構成銘柄に突撃し始めているのがよくわかると思う。
しかし、これは3月のようにどの銘柄においても満遍なく買いを入れていた状況とか、6月のようにかなり銘柄絞られていたが一応ナスダック銘柄全般に資金を投入してた時と比べて、さらに様相の違う雰囲気となっている。

直近S&P500構成銘柄のロビンフッダー保有口数増加は10万口であるが、これの内訳はどうなっているか見てみよう。

<8/3のS&P500構成銘柄のロビンフッダー保有口数増減動向>
タイトルなし

これは非常に偏っていると言わざるを得ない。
好決算だったらアップルとTikTok米国部門の買収ニュースが出ているマイクロソフトで10万口のほとんどがせつめいできる状態で、後は同じFAANGに入るアマゾン・ネットフリックス・グーグルに加えて、バフェットイナゴでバンカメ、半導体でエヌビディアとAMDの買いが連打されているが、これを全部足すとおおよそ10万口で、8銘柄で増加分全てが説明できる。
その他銘柄は正直いって誤差の範囲で、株価を動かすエンジンにはなり得ないレベルの口数増加しか見られていない。

<昨日の米株市場>
タイトルなし

昨日のこのGAFA+Mでも株価騰落率に差が出ているのは、ロビンフッダーが殺到したかしていないかの差だろうと思われる。

しかしこのアップルとマイクロソフトのロビンフッダー買いはどれだけすごかったかは下記グラフを見れば一目瞭然である。

<アップルのロビンフッダー保有口数増減動向>
タイトルなし

<マイクロソフト>
タイトルなし

決算が若干滑り気味なグーグルや、もうその前の段階でかなり買いが膨らんでいたアマゾンはここまでは熱狂していないものの、このアップルとマイクロソフトの買いはフロア熱狂といっても差し支えないレベルかと思う。
このように指数全体の値動きだけで見ると相場全体が堅調のように見えるが、実際は足元相場を牽引している銘柄はごく少数であるので、個別銘柄で勝負する際にはより銘柄選択はテーマ性のあるものに絞られていくものと思われる。
昨日のNYダウも上昇236ptのうち、マイクロソフトとアップルだけで152pt占めていることからもわかると思う。
なので、材料が出なさそうなジリ下げ個別銘柄には固執せずすぱっと切るといった思い切りが必要になるものと思われる。

とくとくガスAPプランでアマゾンプライム永年無料+ギフト券4500円

日経ダブルインバースに参戦

いよいよ単純株指数ショート参戦。

ここまで極力株ショートではなく米債ロングや貴金属ロングなどでリスクオフヘッジを行ってきた。
理由としては下記過去記事のように相場が鉄火場になると、もう下落しそうなニュースフローはいくらでも出ているのに金融緩和・財政刺激策などのニュースフローでかき消されて思わぬ上昇が生じるからである。
実際に映画マネーショートなどを見てもわかると思うが、経済崩壊に賭けた投資家達も実際に利益が実現するまではじりじりと焼かれて損失を拡大させて、顧客から突き上げを食らうなどじれったい状態が続くというのが歴史の常だからだ。

<過去参考記事>

単純な株ショート以外の代替投資を検討中


しかしここもとの相場の雰囲気を見て日をまたいで日経ダブルインバースに参戦を始めた。



ひとつは現在の相場が以前のブログ記事にした通り、ドル安に全面的に依存しているということにある。

<過去参考記事>

足元の重要ポイントはドル安


ドル安円安であればまだましな動きである。
しかしドル独歩安に変化してきて、ドル安局面では円高になりがちになってきていることから、リスクオンが起こっても日経平均は上がりづらい構造に変化しつつあるのではないかと考えている。
特に米債金利が戻らないままのドル高というのは総じて投資家の資金回収の動きを示す傾向が強い。
また、リスクオフになってドル高になると勘違いした投資家が日本株を買い上げてくるが、実際はその後の欧州時間以降でリスクオフに傾くはずなので絶好のショートエントリー機会になると考えた。

ただ気を付けたいのは相場が大きく下がったところでエントリーしないようにしたいというところだ。
日銀買いやリスクオフドル高で一時的に日経平均を持ち上げられると想定外のダメージを負う可能性もあるので、少なくとも一目均衡表30分足ぐらいで基準線や転換線より大きく下にいるような位置のところで新規ショートを作るのは避けたいと思う。
基本スタンスは戻り売りを試していくという形でダブルインバースの積み上げを試みたいと思う。
これを心がけていけば初回ダブルインバース参入のタイミングがミスだったとしても傷が浅いうちに撤退することが可能だと思う。

一方で米株指数ショートはまだVIXコールが動意づいていないし、まだドル高が甘い水準でしか動いていないということもあり、引き続きショートするとすればS&P500ではなく、エネルギー株というのを念頭に置きながら戦略を組み立てたいと思う。

お小遣いを稼ぐ手段がいっぱい!【ECナビ】
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール

村越誠

投資に関して気づいたことのメモをしていく。 ご連絡の取りたい方は、makoto.muragoe★gmail.comまで(★を@に変換してください)
ツイッターで更新情報配信